大学・短大・専門学校の情報を掲載!中学・高校生、大学編入、社会人、日本語留学生のための進路情報サイト

愛知県 私立専門学校
東京法律公務員専門学校名古屋校

school

警察官・消防官・自衛官コース

やる気とがんばりで自らの道が切り拓ける警察官・消防官・自衛官

学部・学科・コース情報

地域住民の安全と社会秩序維持のために警察官・消防官・自衛官は不可欠です。強い正義感と精神力が必要で、やりがいの大きさは格別です。本コースでは合格に必要な教養全般の学習をゼミ学習によってきめ細やかに行い、同時にマシントレーニングをカリキュラムに導入し体力強化を実践。また、応急手当の技能を身につける救命講習も実施しています。公務員として職場に入った後、最大限に能力を発揮できるように、パソコン演習、ビジネスマナーの習得などにも力を入れています。

別学・共学
共学
昼/夜/通信
年限
1年

卒業後の進路

警視庁警察官Ⅰ・Ⅲ類

各道府県警察官

東京消防庁消防官Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ類

各市町村消防官

自衛隊一般曹候補生

自衛官候補生

国家公務員一般職

国家公務員専門職
・皇宮護衛官
・刑務官
・入国警備官 など

地方公務員初級

目指せる資格・検定

  • 警察官
  • 消防官(消防吏員)
  • 刑務官
  • 自衛官
  • 教養知識検定
  • 漢字能力検定
  • 救命技能
  • 文章読解・作成能力検定

注目のカリキュラム

法律関係

将来、公務員として活躍するために必須の憲法を中心に学びます。基本的人権の概略と、国会・内閣・裁判所の各統治機関相互の関わりと役割について学びます。

学費

2022年度予定

入学金

200,000円

卒業までの総学費

1,200,000円

学費について

※出願時に選考料(推薦入学15,000円、自己推薦入学15,000円、一般入学20,000円)が必要となります。
※演習費の中に教材費は含まれていますが、辞典、参考書、問題集、検定料等は含まれていません。
※ 一度払い込んだ学費について、2022年3月31日㈭までに入学辞退を申し出て、学費返還の請求をした場合に限り、入学金を除く授業料、演習費、維持費の全額を返還いたします(学費免除適用者が学費納入後に入学を辞退した場合は、一般の入学と同じ様に、免除の権利はなくなりますので入学金相当額(200,000円)を差し引いた学費が返還されます)。

※「卒業までの総学費」とは、入学金、授業料、施設費など、入学してから卒業するために必要なすべての経費をいいます。