高校生の仕事選びはこちら

自分に合った働き方
楽な仕事ってあるの?自分に合う仕事を探したい人におすすめの職業を紹介

仕事を選ぶ基準は千差万別です。「大変でもやりがいがある仕事をしたい!」という人もいれば、「特にやりたいことがないから、できるだけ楽な仕事をしたい」という人もいます。では「楽な仕事」とは、具体的にどのような仕事があるのでしょうか?ここでは、楽な仕事の特徴や、メリット・デメリット、楽な職業にはどのようなものがあるのかをご紹介いたします。

楽な仕事・楽そうな仕事とは?

仕事を「楽」だと思う基準は人それぞれ。100人が100人「楽」だと思う仕事は、残念ながら存在しません。忙しく動き回る仕事を辛いと感じる人は、1日中同じデスクに座ってできる仕事を楽だと感じるかもしれませんが、1カ所にじっとしているのが苦痛に感じる人は、忙しくても動き回る仕事を楽だと感じるでしょう。まずは自分がストレスに感じることは何なのかを見極めましょう。ちまたで「楽」といわれていることに惑わされず、自分にとって何がいちばん「楽」なのかをしっかりと見極めることで、自分にとって「楽な仕事」を選べるでしょう。

楽な仕事の特徴

ここでは、人が求める楽な仕事の特徴をご紹介します。あなたはどのような仕事を楽だと感じるか探してみましょう。

体を酷使しすぎない仕事

もともと体力が弱く疲れやすい体質の人にとって、忙しく動き回る仕事や肉体労働の仕事は厳しく感じられるかもしれません。工事現場の作業や引っ越し作業などの肉体労働は、身体を酷使するので、怪我をしたり体調を崩す可能性も考えられます。一方でデスクワークは、社内でイスに座って働けるので、体力的には楽な仕事といえるでしょう。

精神的なストレスを抱えない仕事

精神的に負担の少ない仕事も「楽な仕事」といえます。ノルマが少なく、人間関係で面倒事がなく気兼ねしない会社であれば、精神的なストレスを感じることなく仕事ができます。また、自分の行動を制限されることにストレスを感じる場合は、業務開始・終了時間を自分で決められるフレックスタイム制、自分のデスクが決まっていないフリーアドレスオフィスを導入している会社を選ぶのもひとつの手段です。

残業が少なく、休暇が取りやすい仕事

労働条件が良い仕事も、「楽な仕事」と言えます。残業は、会社の繁忙期や仕事の納期、本人の能力、役職に左右される部分があるものの、急な体調不良や冠婚葬祭、子どもの体調不良などの完全プライベートな用事であっても休みを取りやすい環境は、精神的ストレスを感じにくい仕事では外せない条件です。

変化が少ないルーティンワーク

精神的なストレスは、刺激や環境の変化によるものです。一度覚えてしまえば誰でも効率よく進められるルーティンワークなら、急に別の仕事をお願いされることもなく、時間に追われることもなく仕事ができるという利点があります。ルーティンワークは、特に環境の変化が苦手な人にとっては「楽な仕事」だと感じられるでしょう。

楽な仕事に就くメリット・デメリット

メリット

精神的な負担がなく仕事ができる

心と身体には強力な相互作用があり、精神面は健康にも影響を及ぼすといわれています。心が落ち込んでいると、肉体的にもさまざまな体調不良に見舞われる可能性があります。自分にとって精神的に楽な仕事に就くことで、毎日を健康に、かつ楽しく過ごせるでしょう。

肉体的な疲れが溜まりにくい

「楽な仕事」は身体を動かすことが少ないデスクワークがほとんどなので、肉体的な疲れが貯まりにくいのもメリットのひとつ。肉体的な疲れが貯まりにくいと病気やケガをする可能性も低く、医療費がかからなくてすみます。

プライベートの時間を充実させられる

残業が少なく、休みが取りやすい仕事であれば、プライベートの時間がより充実します。自分の好きに使える自由な時間を増やせるため、より充実した時間を過ごせるでしょう。

デメリット

変化が少なく、退屈・つまらないと感じてしまう

「楽な仕事」はルーティンワークがほとんどです。ストレスは変化や刺激によって生じるので、精神的ストレスの少ない仕事の多くは、毎日同じ作業を繰り返すか、マニュアル通りに仕事を進めるだけで問題ない仕事が大半です。プライベートはともかく、仕事を「楽しい」と感じることは少ないのではないでしょうか。

誰でもできる仕事なのでスキルが身につかない可能性がある

「楽な仕事」は、裏を返せば「誰にでもできる仕事」でもあるということです。誰でもできる仕事を続けても、スキルアップにはつながりません。スキルとは、訓練によって培われる能力のことであって、誰でもできる楽な仕事を続けて得られるものではないからです。

いずれ仕事がなくなる可能性がある

楽で誰でもできる仕事は、いずれ会社からなくなる可能性が高い仕事でもあります。パソコンが会社に1台あるかないかという昭和の時代では、事務職に就くのは今よりもずっと簡単でした。文書作成や計算に手間がかかるため、たくさんの事務員が必要だったのです。非効率だったからこそ、能力に関係なく誰にでも仕事がありました。逆に言えば、技術の進歩によって効率化が進むほど、スキルのいらない仕事は減っているということです。今までやってきた「楽な仕事」が、ある日突然なくなる可能性があることは考慮しておいた方が良いでしょう。

自分にとって楽でやってみたいと感じる仕事を探してみよう!

警備員

施設・ビルや工事現場、イベント会場などを巡回して異常がないかを確認したり、駐車場で車を誘導したりする仕事です。立ち仕事なので多少の体力が必要ですが、勤務時間は短いことが多いです。警備員は男性のイメージですが、女性警備員の需要もあります。

工場勤務

仕分け、ライン作業など一人で黙々と対応する単純作業が多い仕事です。一通りの手順を覚えてしまえば、あとはその通り作業を行い、ミスをしないことに集中できるので、コツコツと仕事をするのが好きな人にとっては楽な仕事となるでしょう。

事務職

「楽な仕事」と聞いて真っ先にイメージされやすい事務職は、デスクワークでルーティンワークという性質上、肉体的ストレスの小さい仕事です。就職先の業種によっては、専門的な知識が必要な分野もあるので一概には言えませんが、知識さえ身につけてしまえば働くのに苦労はしない職種といえます。先輩や同僚と一緒に働く場合は人間関係に気を遣いますが、それを許容できるなら楽に働けるでしょう。

マンション管理人

管理人の仕事は、主に清掃、巡回点検、居住者対応です。管理室で来訪者を待つ業務が基本になるため、肉体的ストレスはほとんど感じないでしょう。居住者対応には、対人のコミュニケーション能力が必要となるでしょう。

受付

来客の対応、来訪者の情報管理、あるいは電話・メール対応などを行う仕事です。人と接する仕事で、会社の窓口として立ち振る舞う必要があります。基本的に座って業務を行うため肉体的なストレスは少ないでしょう。残業も少なく会社の受付時間に則した業務になります。

コールセンター

自分から電話をかけるアウトバウンド、かかってきた電話対応をするインバウンドがあります。座って対応するため肉体的なストレスはほとんどありません。また、業務時間が厳密に決まっているので、残業もほとんどない仕事です。他人との会話に精神的ストレスを感じにくい人であれば、「楽な仕事」だと感じられるでしょう。

図書館・美術館などのスタッフ

施設の管理や監視、蔵書や資料の収集・保管、各種サービスの提供を行う仕事です。業務は多岐にわたりますが、残業はなく土日祝日には休みが多い点で楽な仕事といえます。特に正規雇用の司書・学芸員は安定した給料と待遇を得られますが、求人倍率が高く就職は狭き門でしょう。

ビル清掃員

定期的にビルの清掃を行う仕事です。掃除をするため体力が必要ですが、他人とはほとんど喋らずに黙々と作業をするという点で、集中して仕事をすることが苦ではない人にとっては楽な仕事といえるでしょう。清掃の時間は短く、数時間で終了するケースも多いので、プライベートの時間もしっかりとることができるでしょう。

ストレスが少ないルーティンワークの仕事を選ぶということは、刺激がない日々を淡々と送る選択をするということです。「楽」であることに囚われすぎると、いくら肉体的・精神的に楽な仕事に就いても、「何の意味があるだろう」「このままでいいだろうか」という無力感にさいなまれるかもしれません。

「楽」を選ぶか、「スキルアップ」や「何事にもチャレンジできる環境」を選ぶかは、仕事に対する考え方なので、働く目的や自分が何を一番重視するかは人それぞれですが、その選択が自分の生活や将来にプラスになるように見極めましょう!

自分にとって「楽な仕事」やその先の進路を探す際には、こちらの「職業から進路や進学先を考えよう!!」のページをご活用ください。