進路コラム 第24回全国女性消防操法大会 筆者:羽根田 ひとみ

進路コラム

第24回全国女性消防操法大会 筆者:羽根田 ひとみ
羽根田 ひとみ 2019年12月4日(水)

11月13日(水)、
第24回全国女性消防操法大会が横浜市で開催された。
横浜赤レンガ倉庫イベント広場前に、
各都道府県の代表47チームが
速さと正確さを競い合うために集まった。

私は、福島県の代表として出場した。
全国大会出場は昨年の秋に決まり、
それから本格的な練習が始まった。
平日は週1回から2回、18:30から21:00まで。
私は仕事の関係で毎回遅刻であったが、
ダッシュで地元のお寺に行き練習した。
地元の消防署員および消防団員に囲まれ指導を受ける。
休日は、朝6:00から8:00まで中央消防署での朝練。
学生時代の部活動なみの勢いの日々が続いた。
タイムを縮めるために、一人ひとりがそれぞれ努力した。

大会当日は、
町長をはじめ消防団員が大型バスで応援にやって来た。
他の県も同様である。
会場はすごい盛り上がりだ。
競技中の応援は言うまでもないだろう。

競技が終わり控えに戻ると、
チームメンバーは泣き出した。
うまくできなかった悔しさと達成感!
この年になって仲間と抱き合えることが嬉しい。
閉会式のとき、
指揮をした私が優秀選手に選ばれた。
発表時、仲間から歓声があがり、
賞をとってくれたことに「報われた気がする」という言葉が、
私にとって最も感動的だった。

みな20代の若い人達と、
「同じ目標に向かって努力する」ことで、
年齢差をこえて友情が築けた。
そして、この体験を毎日の仕事にも生かせられたらと考えた。

著者プロフィール

羽根田 ひとみ (はねだ・ひとみ)
福島県出身。高校時代、水泳・個人メドレーで福島県記録を樹立し、日本体育大学に進学。ライセンスアカデミー入社当初は茨城県担当を担当。 平成10年6月、故郷・福島に拠点を移し、同県を始めとする東北各県を担当し現在に至る。3人の子どもを育てつつ、さらにPTA活動を通じて家庭・地域教育にも力を注いでいる。

「進路ナビ」では、進路情報研究センターからの各種最新データや講師によるコラムを配信しております。ぜひ日々の進路指導に、ご活用いただけますと幸いです。
  • 講演講師ナビ
  • 大学新聞定期購読キャンペーン
  • 進路コラム
  • 書いて考えるシリーズのご案内
  • 進路ナビゲーションのご案内
  • 就職懇談会のご案内
  • 進路アドバイザー検定
  • キャンパスアクター