進路コラム 旗日(はたび) 筆者:羽根田 ひとみ

進路コラム

旗日(はたび) 筆者:羽根田 ひとみ
羽根田 ひとみ 2019年5月8日(水)

ゴールデンウイーク10連休、
国民の祝日が続いた。
幼いころ祖母から「今日は旗日だから旗上げてこい」と言われ
仏様の引き出しから(仏壇の引き出し)3セットをもって外へ
白黒の棒二本をつなぎ合わせ、
金の玉を先につけ、日の丸の旗を縛り玄関先の旗立てに取り付けるのが
昭和の旗日の朝の風景だった。
(ちなみに日の丸の旗は、赤色でなく紅色だそうだ。
お祝いの意味があるという。
そういえば、紅白歌合戦も赤でなく紅だ)

いまどきでないと思っていたが、
新年号となり、日本中が大盛り上がる。
たくさんの人々が皇居で日の丸の旗を振っている光景。
その中には若い人も大勢いた。
ラインでも令和スタンプ。
平成の思い出を語ったりしている姿に
「時代は変わっても、変わらないのだなあ」と思った。
国民の祝日を一緒に祝える一体感を味わえた気がした。

来年は東京オリンピック、
日の丸の旗を手に日本中が盛り上がるのだろうと思った。

(ライセンスアカデミー 仙台支社 羽根田ひとみ)

著者プロフィール

羽根田 ひとみ (はねだ・ひとみ)
福島県出身。高校時代、水泳・個人メドレーで福島県記録を樹立し、日本体育大学に進学。ライセンスアカデミー入社当初は茨城県担当を担当。 平成10年6月、故郷・福島に拠点を移し、同県を始めとする東北各県を担当し現在に至る。3人の子どもを育てつつ、さらにPTA活動を通じて家庭・地域教育にも力を注いでいる。

「進路ナビ」では、進路情報研究センターからの各種最新データや講師によるコラムを配信しております。ぜひ日々の進路指導に、ご活用いただけますと幸いです。

記事一覧

>> すべての記事を見る
  • 講演講師ナビ
  • 進路コラム
  • 書いて考えるシリーズのご案内
  • 進路ナビゲーションのご案内
  • 就職懇談会のご案内
  • 進路アドバイザー検定
  • キャンパスアクター