進路コラム 向き合う時間。知らないふりして旅をする 筆者:羽根田 ひとみ

進路コラム

向き合う時間。知らないふりして旅をする 筆者:羽根田 ひとみ
羽根田 ひとみ 2018年9月5日(水)

夏休み、私は三人の子とそれぞれ別々に「二人旅」をした。理由は一人ひとりと向き合う時間を過ごそうと思ったからだ。

長女とはハワイ、次女とは東京見物。長男は彼の仕事の都合で旅はできなかったが、彼の住む町の探索を兼ねて、アパートに泊めてもらった。


最初は、次女と1泊2日で東京見物。浅草、築地、お台場、恵比寿、そして新大久保へ。コース、行きたい店、食べたい物すべて次女の計画に従った。

さらに、ホテルの予約、チェックイン・アウトも次女に任せた。途中、遠回りすることもあったが、彼女の選んだ道をついて行った。おかげでだいぶいい運動になった。

新大久保は弊社の本社がある街で、さすがに知らないふりはできなかったが「休みの日、街がこんなに違うんだ。こんな店があったんだ」と驚くと、「今、流行りなんだよ」と自慢げに話してくれた。


長女とはハワイだ(うち2日間は弊社・留学フェアの業務)。

パスポートの申請、飛行機の予約、ESTAの申請、クレジットカード作成、こちらもすべて長女に頼んだ。いろいろ煩雑な場面があり、時間がかかったがとにかく待った。どの場面でもきちんと成立し、彼女は自信を持ったようだ。

現地では、ハワイ二度目の私だったが、長女の後をついて行動した。英会話している長女は頼もしく、まぶしかった。


長男とは久しぶりに布団を並べて寝た。(詳細は次回)

それぞれの子と二人だけで思い出話やこれからのこと、さらっと親の願いを話すことができた。


向き合う時間を取れたいい夏休みだった。

著者プロフィール

羽根田 ひとみ (はねだ・ひとみ)
福島県出身。高校時代、水泳・個人メドレーで福島県記録を樹立し、日本体育大学に進学。ライセンスアカデミー入社当初は茨城県担当を担当。 平成10年6月、故郷・福島に拠点を移し、同県を始めとする東北各県を担当し現在に至る。3人の子どもを育てつつ、さらにPTA活動を通じて家庭・地域教育にも力を注いでいる。

「進路ナビ」では、進路情報研究センターからの各種最新データや講師によるコラムを配信しております。ぜひ日々の進路指導に、ご活用いただけますと幸いです。

記事一覧

>> すべての記事を見る
  • 講演講師ナビ
  • 進路コラム
  • 書いて考えるシリーズのご案内
  • 進路ナビゲーションのご案内
  • 就職懇談会のご案内
  • 進路アドバイザー検定
  • キャンパスアクター