進路コラム “育てる”ことの大切さ(最終回) 筆者:阿部 三千雄

進路コラム

“育てる”ことの大切さ(最終回) 筆者:阿部 三千雄
阿部 三千雄 2018年8月29日(水)

今年は、季節はずれの大雨や高温で、家庭菜園は大きな被害を受けた。ナス、トマト、キュウリなど、菜園の「常連」は、生育不良や病害虫の被害も重なって、収穫できない状態がつづいていた。

しかし、ここへきて、高温ながらもなんとか回復してきて、あちこちの庭に、キュウリやミニトマトなどが目につくようになった。生命力の強さが、こうした自然環境の厳しさをのり越えたのだ。

しかし、その裏には、これらの野菜類をよく観察して手入れをし、肥料や水なども適切に施して育ててやった人間の力があずかっていることを、忘れてはならない。


さて、「教育」とは文字どおり、教えることと育てることの両方が大切なはずだが、最近の大学の状況を見ていると、教えることはできても“人間を育てる”ことがあまりできていないのではないか、と疑問を持つことも多い。

それは、大学の経営を重要視するあまり、多くの学生を獲得しなければという思いが強すぎて、入学後のフォローがいささか手薄になっているのではないか。


大学(学部)進学率が今年53.3%(浪人含む)になったことは、それだけ、高等教育を受ける人が増えたと喜ぶと同時に、大学は入学した学生を、有用な社会人として世に送り出すために、もっともっと“人間を育てる”ための環境づくりに、全力で取り組んでほしいと願っているのだが・・・


「家庭菜園から大学の現状」というテーマで、7回寄稿させていただいた。野菜も人間も、育て方次第で、その結果は大きく変わる。

これからは可能な限り、高等教育を見守り、そして、若い人たちの助けとなるように生きていきたい。

ご愛読、ありがとうございました。

著者プロフィール

阿部 三千雄 (あべ・みちお)
旺文社、市進予備校を経て、大学新聞社へ。60年以上の長きにわたり、教育全般に携わって来た。現在、「大学新聞社」の企画開発に携わっており、ライセンスアカデミーの大学・短大入試情報室長としても、進路・進学講演を全国各地で実施。豊富なデータと長年の進路指導に基づく講演は大変わかりやすいと好評を得ている。

◇講演依頼
講演のご依頼はこちらから

「進路ナビ」では、進路情報研究センターからの各種最新データや講師によるコラムを配信しております。ぜひ日々の進路指導に、ご活用いただけますと幸いです。
  • 講演講師ナビ
  • 大学新聞定期購読キャンペーン
  • 進路コラム
  • 書いて考えるシリーズのご案内
  • 進路ナビゲーションのご案内
  • 就職懇談会のご案内
  • 進路アドバイザー検定
  • キャンパスアクター