進路コラム 憧れの先生 筆者:羽根田 ひとみ

進路コラム

憧れの先生 筆者:羽根田 ひとみ
羽根田 ひとみ 2018年5月9日(水)

息子が野球部でお世話になった先生に、転勤先の高校で再会した。
「みんな元気にしているか」など、一通り話してから、先生が続けた。
「車で走っていたら、1日に4人もの教え子たちに会った」
(今年卒業した野球部の教え子たち)
確率を上げたのには訳がある。
彼らは先生の車を発見し、追いかけてきたのだ。
車のナンバーまで覚えていた。

教え子が車を購入するときのエピソードがある。
まず、先生と同じ車種を選ぼうとするのだが、予算が合わず断念。
しかし、せめてナンバーだけでも同じにしたいと考えていたのだ。
現に我が家の息子も、「ナンバーって選べるの?」と聞いてきた。
「新車だったらいいけど、中古車はダメだと思うよ」と、答えると残念がっていた。
そして、「金貯めたら先生と同じ●●●を買おう」と言っていた。

いつも先生を敬称略(呼び捨て)で呼んでいたはずなのに、厳しい先生だと言っていたはずなのに、大好きで仕方ないのがよくわかる。

カッコいい大人になって、憧れの先生に近づきたい!
そんな思いを抱いている教え子たちがいるのだ。

著者プロフィール

羽根田 ひとみ (はねだ・ひとみ)
福島県出身。高校時代、水泳・個人メドレーで福島県記録を樹立し、日本体育大学に進学。ライセンスアカデミー入社当初は茨城県担当を担当。 平成10年6月、故郷・福島に拠点を移し、同県を始めとする東北各県を担当し現在に至る。3人の子どもを育てつつ、さらにPTA活動を通じて家庭・地域教育にも力を注いでいる。

「進路ナビ」では、進路情報研究センターからの各種最新データや講師によるコラムを配信しております。ぜひ日々の進路指導に、ご活用いただけますと幸いです。

記事一覧

>> すべての記事を見る
  • 講演講師ナビ
  • 進路コラム
  • 書いて考えるシリーズのご案内
  • 進路ナビゲーションのご案内
  • 就職懇談会のご案内
  • 進路アドバイザー検定
  • キャンパスアクター