入試関連 平成30年度国公立大学入学者選抜確定志願状況

入試関連

平成30年度国公立大学入学者選抜確定志願状況
2018年2月20日(火)

文科省から、平成30年度の国公立大学入学者選抜確定志願状況が
発表されました。

・国公立全体では、募集人員100,547人、確定志願者数465,708人で、
 確定志願倍率(以下、倍率とする)は4.6倍(前年より0.1ポイント減)

・国立大全体の倍率は4.2倍で前年と変わらないが、
 公立大全体の倍率が6.3倍で前年より0.1ポイント減少した

・倍率が10倍を超えたのは、
 旭川医科大、釧路公立大、奈良県立医科大などで、小規模な大学が多い

・学部系統別だと、「薬・看護」が5.5でもっとも高く、
 「教員養成」が3.9でもっとも低かった

個別大学の倍率等は、
以下のPDFから確認できます。

【原典】http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/30/02/1401481.htm

「進路ナビ」では、進路情報研究センターからの各種最新データや講師によるコラムを配信しております。ぜひ日々の進路指導に、ご活用いただけますと幸いです。

記事一覧

>> すべての記事を見る
  • 講演講師ナビ
  • 進路コラム
  • 書いて考えるシリーズのご案内
  • 進路ナビゲーションのご案内
  • 就職懇談会のご案内
  • 進路アドバイザー検定
  • キャンパスアクター