小論文指導の第一人者・堰免善夫先生の教育・文化随想 「12月」(師走)(年の瀬) 筆者:堰免 善夫

小論文指導の第一人者・堰免善夫先生の教育・文化随想

「12月」(師走)(年の瀬) 筆者:堰免 善夫
2017年12月1日(金)

 12月を表す言葉は、まことに情緒じょうちょありおもむき深い。冬木立ふゆこだち、北風、初雪、初氷、除夜の鐘、年忘れ、歳末、年の暮れ など。
 12月の風物詩ふうぶつしは、ゆず湯、歳の市、歳暮、忘年会、クリスマス、年越しそば、等々。これまた風情豊ふぜいゆたかである。
 また、12月の草花は、カトレア、シクラメン、ポインセチア、木瓜ぼけ寒椿かんつばき。いずれも清澄のなかに色鮮やかである。

 立冬りっとうからほぼ1ヶ月、凍える北風が吹き、冬将軍が到来し、冬本番を迎える。南天なんてん山梔子くちなしの実が色づき始め、山では熊が冬眠に入る。これがひと昔前までの12月であった。
 だが、暖冬の今ではどうであろう。昔とはかなり異なり、季語の多くは死語になってしまっている。しかしながら、12月は1月と共に、他の月とは違う「特別な月」の雰囲気ふんいきが、今になお漂っている。

 ずっと昔の『暮らしの歳時記』では、12月7日頃は「大雪たいせつ」と言っていた。
 世界中の言語の中で「日本語」ほど表現が豊かな言語はない。「雪」を表す言葉は、粉雪こなゆき小米雪こごめゆき)、綿雪わたゆき牡丹雪ぼたんゆき灰雪はいゆき、べた雪、細雪ささめゆき、どか雪、淡雪あわゆきなど様々ある。
 「細雪」「淡雪」等はなんとも言えず風趣ふうしゅ漂う呼び方である。

 12月8日は「事納ことおさめ(事八日ことようか)」と言って「一年間の農作業」の仕事納めの日である。「農家の仕事始め」は2月8日なので、始めも納めも8日であることから「事八日」というのである。
 この事八日は、何事もつつしんだほうがよいとされているので「針供養はりくよう」の日でもある。針仕事(裁縫)を休み、古い針や折れた針を、やわらかい豆腐やこんにゃくなどに刺して休ませ、神社に奉納したり、川に流したりする。そして事納めの日には「御事汁おことじる」という、大根、人参、里芋、ゴボウ、こんにゃく、豆腐など具がたっぷり入った味噌汁を作って食べる風習がある。

 12月13日は「すす払い」の日である。「すすはき」「すすとり」とも呼ばれる大掃除の日のことである。1年間にたまった家のほこりを払い、きれいにして新年を迎えようとの意により始まった行事である。
 すす払いには、枝葉のついた長い「すす竹」や竹竿の先に藁束わらたばを結びつけた「すす梵天ぼんてん」などが使われた。
 掃除に関しての昔の人の智恵は素晴らしい。米をといだ後のとぎ汁に、ぞうきんをひたして固く絞り、それで床や柱をけば、とぎ汁に含まれた油分の効果で油汚れも落ち、床も柱もピカピカになる。
 時代が下がった現代においては、新聞紙は最高の掃除アイテムである。水につけた新聞紙はインクの成分が汚れを落とすので、窓拭き、鏡拭きには最適である。乾いた新聞紙は、湿気をよく吸収し、防臭効果もあるので、タンスや下駄箱などに敷いておく。それになんと言っても新聞紙は惜しみなく使える利点がある。
 最近では、古くなった女性のパンスト「はたき」は実に有効である。不用の、穿けなくなったパンストを細かく切り、棒にくくりつけて作った「はたき」は、静電気を帯び、軽くはたくだけで埃を取ってくれる。天井や照明器具のかさなどは、さっとなでるように掃除するだけでよい。


 12月上旬から20日頃までが、歳暮品贈答の期間である。歳暮はもともと、正月に帰ってくる先祖の霊へのお供え物を本家に送った習わしから来たものである。「歳暮品」には「熨斗紙のしがみ」をつける。水引は紅白蝶結こうはくちょうむすびで、表書きを「御歳暮」として送り主の名をフルネームで書くのが正式である。

 12月22日頃が「冬至とうじ」である。北半球で、正午の太陽高度が1年で最も低くなる「冬至」は、一番夜が長く、昼が短い日である。この冬至の日は「一陽来復いちようらいふく」とも呼ばれている。『悪いことが続いても、この日を境に、これからは幸福がめぐってくる』という意味である。この日を境に一日毎にだんだんと陽が長くなる「冬至」は、これからは幸運が上昇する象徴と言える。
 冬至に食べるものとしては「南瓜かばちゃ」「冬至粥とうじがゆ小豆粥あずきがゆ)」がある。南瓜や小豆は、ビタミンが豊富で、風邪の予防、冷えの解消に効果的な食材である。
 幸運を呼ぶため「運」がつくようにと、名前に「ン」がつく食べ物。「レンコン」「ニンジン」「ダイコン」「ギンナン」「キンカン」「カンテン」「ウドン」などは「冬至の七種ななくさ」と言われている。
 また、冬至には「柚子湯ゆずゆ」に入る習わしがある。冬至と湯治、柚子ゆず融通ゆうずう(どんな環境にも対応できる)の語呂合ごろあわせもあり、柚子を浮かべた風呂に入ると風邪をひかないとされた。柚子にはリラックスできる精神的効能、ビタミンC、クエン酸による美肌効果もある。

 12月24・25日はクリスマス・イヴ、クリスマスである。
 クリスマスに欠かせぬサンタクロースのモデルは、4世紀の現トルコの司教ニコラウスであるとされる。裕福な家に生まれたニコラウスは、貧しい人たちに金品を分け与え、多くの人々を救ったと言われ、「子どもの守護聖人」とされている。
 オランダでは、特にニコラウスが敬愛され、「シンタクラース〈Sinterklaas〉(セントニコラウス〈Saint Nicholas〉のオランダ語表記)」という呼び名で慕われていた。17世紀になり、アメリカに移民したオランダ人が、この風習を持ち込んだことにより、「サンタクロース」が世界的に広まったと言われている。

 そして12月31日、大晦日おおみそかとなる。月の最後の日を「晦日みそか」と言い、大晦日は1年最後の日である。
 大晦日の夜、寺では「除夜の鐘」をつく。旧年を取り除く日ということで大晦日のことを「除日じょじつ」とも言い、除日の夜で「除夜」、除夜につくので「除夜の鐘」という。
 除夜の鐘は108回つく。108という数の意味は、まず1年を表す数。旧暦(陰暦)の12ヶ月、24節気(陰暦の季節区分、立春から大寒までの24気)、72候(24節気から気象や自然の変化を3つに細分したもの)を合計すると【12+24+72=108】となる。
 次に、これが主たる理由とされる「煩悩の数」(108煩悩)である。人間には感覚や意識を生じさせる、目、耳、鼻、舌、身、意の6つの器官(6根)がある。このそれぞれが「好」「平」「悪」の3つの感覚差を生じさせるため、【6×3=18】の煩悩が起こる。その煩悩には「浄」と「染」の2法があり、そのさらにまた、それぞれが「過去」「現在」「未来」に働くので、【18×3×2=108】の煩悩となる。

 「年越しそば」の習慣は、江戸時代に始まり広まった。「蕎麦そば」は本来は植物の名で、食しているのは「そば切り」である。蕎麦粉をこね、ゆでて食べる「そばがき」から発展し、こねた蕎麦粉を薄くのばし、包丁で細く切ることからついた名前を略して「そば」と呼んでいる。多くの栄養素が含まれるそばは、まさに「長寿食」である。

 年越しにそばを食べる理由として下記のようなものがよく挙げられる。

(1)細く長く延ばすそばは「延命長寿」。
(2)風雨に強い植物、蕎麦は倒れてもすぐに立ち上がる。
(3)そばを箸で引っ張り上げて食べることから「運気上昇」。
(4)切りやすいそばは古き悪災の縁切り。
(5)金細工職人は作業時に散った金粉を、蕎麦粉を練ったものにくっつけて集めたことから、そばは金集めの縁起物。


 12月は1年の締めくくり、新年の準備、金銭や心の清算などで、気ぜわしく多忙のため「師まで走らせる」ことから「師走しわす」と言われるのは周知のことであろう。年の「瀬」の如く、時の流れは「はやせ」で早い。そうして人は皆、今年もまた1年と、年を取り老いてゆく。ゆえにこそ、次の新たな1年間は、まことに貴重な、かけがえのない時間である。
 70歳を越えようとしている私は今、残りの寿命を数えながら、真剣に自己凝視を続けている。

著者プロフィール

堰免 善夫 (せぎめん・よしお)
長野県生まれ。中央ゼミナール(東京・高円寺)で国語科講師として活躍。小論文、現代文を担当し約40年間勤務。中央ゼミナール監事・役員・小論文主任講師の他、大学新聞社就職コンサル塾副塾長、東京国際学園特別顧問を兼任。
近年は全国の高等学校での高校生、保護者、高校教師対象の講演だけでなく、大学生向けの就職支援の講演会にも登壇している。


◇著書
『古の琴歌(いにしえのことうた)』 (小説作品集) 1987年5月
『知見の旅路』 (思索論文集) 1997年5月
誰にでも書ける 小論文学習の決定版 最も効果的な指導・学習法』 (大学新聞社) 2013年3月
『我が心の久遠・哀愁のヨーロッパ・憂愁の京都』 (紀行随想) 2013年12月

「進路ナビ」では、進路情報研究センターからの各種最新データや講師によるコラムを配信しております。ぜひ日々の進路指導に、ご活用いただけますと幸いです。

記事一覧

>> すべての記事を見る
  • 講演講師ナビ
  • 進路コラム
  • 書いて考えるシリーズのご案内
  • 進路ナビゲーションのご案内
  • 就職懇談会のご案内
  • 進路アドバイザー検定
  • キャンパスアクター