進路コラム ツイシドウ 筆者:羽根田 ひとみ

進路コラム

ツイシドウ 筆者:羽根田 ひとみ
羽根田 ひとみ 2015年6月3日(水)

福島県にある
松韻学園福島高校進路指導部長菅野忠信先生は
毎年6月の初めに就職した1年目の卒業生徒を訪ねる。
県外就職者の「ツイシドウ(追指導)」だ。

今年も3日間、
神奈川、東京、千葉にある10社の企業訪問をする。
この時期は卒業生が不安をかかえるものだ。
行って、励ましと、企業の人事担当者に挨拶をしてくる。

長年のツイシドウで、たくさんのエピソードがある。
訪問を伝えようと電話をした。
「お世話になっております。○○は元気にしていますか?」
と尋ねたところ、
「ああ、1週間で辞めてしまったよ」
とても残念に思う。
この場合は謝罪の訪問をするそうだ。

感動的なエピソードもある。
3年前、神奈川県相模原市の企業を訪ねた際、
卒業生は辞めたがっていたが先生のおかげで
どうにか頑張ることとなった。
先生が帰る時、
「先生また来年来てくれる?」と卒業生が言った。
先生は「必ず来るから、元気で頑張れ」
と約束をして帰ったそうだ。
毎年訪ねるたび、その子はとても喜んで先生を迎える。

「卒業した生徒は、今どうしているだろうか?」
多くの先生が想っている。
離職率が低くなったとは言えない昨今だが
先生方の想いが伝わることを願っている。

著者プロフィール

羽根田 ひとみ (はねだ・ひとみ)
福島県出身。高校時代、水泳・個人メドレーで福島県記録を樹立し、日本体育大学に進学。ライセンスアカデミー入社当初は茨城県担当を担当。 平成10年6月、故郷・福島に拠点を移し、同県を始めとする東北各県を担当し現在に至る。3人の子どもを育てつつ、さらにPTA活動を通じて家庭・地域教育にも力を注いでいる。

「進路ナビ」では、進路情報研究センターからの各種最新データや講師によるコラムを配信しております。ぜひ日々の進路指導に、ご活用いただけますと幸いです。
  • 講演講師ナビ
  • 大学新聞定期購読キャンペーン
  • 進路コラム
  • 書いて考えるシリーズのご案内
  • 進路ナビゲーションのご案内
  • 就職懇談会のご案内
  • 進路アドバイザー検定
  • キャンパスアクター