アイドルグループ 乃木坂46 |進路新聞バックナンバー

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

進路新聞バックナンバー

華やかな舞台に続く3人の進路

乃木坂46

国民的アイドルグループ「AKB48」の公式ライバルグループとして、2011 年に誕生した「乃木坂46」。さまざまな夢を持った少女たちが集まり、歌とダンスでパフォーマンスを披露し、多くの若者たちが魅了されています。華やかなステージで活躍する彼女たちですが、一人ひとりが自分の将来と向き合い、芸能の世界に飛び込んできました。 今回は、1期生として活躍する西野七瀬さん、松村沙友理さん、市來玲奈さんのそれぞれの進路ストーリーをお届けします。

「乃木坂46」はオ―ディションでメンバ―を募集していましたね。

西野その当時は高校2年生で、看護師を目指して勉強していました。もともと引っ込み思案なところがあって、自分がアイドルに向いているとは思っていなかったんですけど、母親が「乃木坂46」のオーディションを勧めてくれたんです。「1期生になるなんて面白そう」。そんな気持ちで応募したのが始まりでした。

松村私も「なぁちゃん」と同じで、看護師を目指して浪人生活を送っていたんです。親の方針で「安定した仕事に就いたほうがいい」って。でも、実はずっと「本当にやりたいことは何なんだろう」と思っていました。そんな中、出合ったのが「乃木坂46」。これまで誰かに決められていた「進路」が180 度変わり、新しい世界が開けていきました。

市來私は中学生時代から競技ダンスに打ち込んでいて、深夜まで練習をするという毎日を送っていました。その一方で、ダンスだけではない「芸能」の世界を夢見る気持ちがあったんです。そこで、自分の力がどこまで通用するのか試してみたいと思い、応募を決意しました。

西野さんと市來さんは、高校時代にデビューを果たしました。学業との両立はいかがでしたか?

市來本当に大変でした。デビュー当時は高校1年生でしたが、成績を厳しく評価する高校に通っていたため、放課後になって東京でのレッスンに向かう新幹線の中で、勉強に取り組んだこともあります。

西野私も新幹線で東京までレッスンに通っていたので、その大変さはよく分かるんです。それでも大学への進学を果たした「れなりん」は本当にすごいと思います。

自分の進路について悩み、向き合う瞬間はありましたか?

松村いまの活動を始めるまでは「本当にこのまま、芸能の道に進んでいいのかな」と悩むこともありました。それでも決意したのは、「乃木坂46」に運命的なものを感じていたからでしょうね。

西野デビュー一年目の九月の舞台公演「16人のプリンシパル」は、ファンのみなさんの投票でメンバーの役割が変わるので、臨機応変に演じ分けるのが本当に大変でした。自分を表現するのが苦手で、うまくできなくて。でも、それを乗り越えたからこそ、いまの自分がいるのだという気がします。

市來「仕事」と「進学」の完全な両立が難しく、学業を優先することもありました。そのたびに、不安になって親に泣きながら相談したこともあります。それでも、メンバーやファンのみなさんがいたから続けることができました。

これからの目標を聞かせてください。

西野まだ先のことは分からないというのが正直なところです。だからこそ、目の前のお仕事に全力で打ち込み、いろいろな分野に挑戦してみたいと思います。

松村いまを頑張りながら、その先に「やりたいこと」を見つけられたらいいなと思います。海外でのお仕事にも挑戦してみたいです。

市來4月から大学生になりました。だからこそ、学ぶことは疎かにしたくない。アナウンサーや女優にも憧れていますので、夢に向かって成長を続けます。

進路選択に悩む高校生にメッセージをお願いします

松村学校の先生や多くの人の話を聞くことが大事です。とりあえずやってみるという気楽な気持ちで。

市來 自分のやりたいことをまず考えること。悩んだら親の意見を参考にするのも良いと思います。

西野二度と戻らない高校生活を大切に過ごして欲しいですね。私たちも成長の途中。みなさんと一緒に頑張れたら嬉しいです。

INFORMATION

8thシングル「気づいたら片想い」

CDリリース情報
8thシングル「気づいたら片想い」
「乃木坂46」の8 枚目のCDシングルは、ちょっと切ないバラード!
4月2日より好評発売中!!

乃木坂46
乃木坂46(のぎざか・フォーティシックス)
2011年結成。秋元康氏プロデュースのもと、「AKB48」の公式ライバルとして2012年「ぐるぐるカーテン」でメジャーデビュー。1期生・2期生・研修生からなる複数名で活動を展開。グループ名の「乃木坂」は、最終オーディション会場「ソニー・ミュージックエンタテインメント乃木坂ビル」に由来。「46」は、秋元氏の「AKB48より人数が少なくても負けない」という意気込みにより命名された。