救急医 松本 尚さん |語る!仕事人スペシャルインタビュー

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

語る!仕事人 スペシャルインタビュー

救急医

松本 尚
まつもと ひさし

スピードは当然必要、
加えて冷静さも必要な仕事です

 救急医療用ヘリコプターを使用することで治療開始時間を早め、救命率向上に大きく寄与している「ドクターヘリ」事業。そのフライトドクターのパイオニアとして数々の命を救ってきた、日本医科大学千葉北総病院救命救急センターの松本尚さんに、救急医としての仕事内容などをおうかがいしました。

救急医 松本 尚さん

 日本医科大学千葉北総病院救命救急センター准教授。外傷外科医。金沢大学医学部卒業後、消化器外科を経て、1995年より救急医療に従事。2001年より北総病院勤務。搭乗歴10年以上に及ぶフライトドクターの第一人者。ドクターヘリを扱ったドラマ『コード・ブルー −ドクターヘリ救急救命−』の医療監修も務めている。

ドクターヘリが出動するまで

 ドクターヘリの出動は、消防機関からの要請によって行われます。要請があると、病院のヘリポートからヘリが出動します。救急現場のすぐかたわら、もしくは最も近い臨時ヘリポートに着陸すると、即座に現場やヘリポートまで搬送してきた救急車の中で患者さんの診療を開始します。ドクターヘリを使う場合と、救急車のみで搬送する場合の分け方は、あらかじめ決められています。当院では、病院まで10分以内で到着する範囲であれば救急車のみ、10分以上かかる地域であればドクターヘリを利用。一刻も早く医療を開始する体制を整えています。2001年の導入以降、当院からのヘリ出動件数は6,000件を超えました。

搭乗する医療スタッフは3名ほど

 ドクターヘリに搭乗するスタッフは、パイロット・整備士をのぞくと通常、医師1名、看護師1名、その他、トレーニング中の若手の医師あるいは看護師の計3名です。ただし、ドクターヘリの中はかなり狭く動きにくいので、医療行為はほとんど行えません。基本的には、到着した救急現場もしくは現場近くで合流した救急車の中で、最初の治療を行い、病院搬送後に本格的な治療を行います。ヘリ内では、現場で行った医療行為が正常に機能しているかのチェック、また状況が急変した時の緊急処置を行う形になります。

救急医として求められること

 私たち救急医が一般の医師と一番違うのは、病院に来てから診察を始める患者さんではなく、現場で治療を必要とする患者さんを対象にしているという点です。患者さんからゆっくりと話を聞く時間は無く、現場到着後は、ただちに患者さんの状態を把握し、同時に治療も始めなければなりません。最初の数分間で結果が決まってしまうケースもあるので、処置にはスピードが必要。ただし、慌てた状況判断は失敗につながります。急ぐことは必要ですが、頭の中は冷静でいなければいけない。そこで大切になるのが、切るカードをいくつか持っておくことです。そのケースに対応した方法をいくつか用意しておくことで、慌てず柔軟に動くことができます。

患者さんに必要な“言葉かけ”とは

 私たちが向き合う患者さんは、急に怪我をした状況ですので、原因が何であれ、かなり混乱した状況で搬送されてきます。「さっきまで元気だったのに、なぜ…」という思いがあるわけです。と同時に、「明日の仕事どうしよう」「子どもの迎えをどうしよう」など、日常生活への不安もあります。そのなかで治療をするには、まず患者さんの視点に立って、つらい気持ちやびっくりした気持ちを分かってあげること。「こんな目に合って大変だったよね。でも、心配ないよ」と。一方で、「この怪我は治るのにこれぐらいはかかるから、色々あるかもしれないけれど協力してくださいね。僕らもちゃんと治療をしますから」と現在の状況などについても伝えます。不安を汲んだうえで、患者さんにも、僕らの治療に協力してもらうような環境を作っていくことが、治療を成功させる大きな鍵になります。

「みんな」で患者さんを助ける

 私たち医療スタッフはみんな、自分だけで患者さんを助けられるわけではありません。当院の救命救急センターは全部で19名の医師がいて、それぞれ専門の分野を持っています。さらに、看護師がいて、ドクターヘリで言えばヘリコプターを運航するスタッフが、病院全体で考えれば検査を担当する人、放射線・レントゲン撮影を行う技師の人などもいます。医師は、そうしたいろいろな職種の中心となる存在として、いかにリーダーシップを発揮するかが常に問われています。チーム全体としては、目標に対してみんなが同じ方向を向いて仕事をすることが大切。私たちのチームは全員同じ青い術衣を着ているのですが、これによって仲間としての意識を高めています。医療現場のように“チーム”として働く職場は、やはりお互いのコミュニケーションが必要。それが結果として「いい仕事」にもつながっていくんですよね。

(掲載日:2012-05-01)

医療関係の仕事について調べてみよう

医療関係のほかの仕事人を見る

医師 /三田勝さん
医師 三田勝さん
まずは相手の立場にたって物事を考える
研修医 /まどか さん
研修医 まどか さん
「あの先生に任せたんだから、きっと平気だよね」って安心感を与えられる医師になりたい
薬剤師 /長山りえこさん
薬剤師 長山りえこさん
一生使える資格を取得したいと思って
薬剤師 /T.Kさん
薬剤師 T.Kさん
患者様の命に関わる、責任ある仕事です
薬剤師 /天野徹さん
薬剤師 天野徹さん
健康・薬に興味があったことがきっかけです
看護師 /竹田優子さん
看護師 竹田優子さん
「人が好き」これが大事
看護師 /大塚望未さん
看護師 大塚望未さん
自分の進路を決めるにはたくさん悩んで相談して、実際に経験してみることが大事!
訪問看護師 /柴田三奈子さん
訪問看護師 柴田三奈子さん
病気を看るだけではなく 「生活」を支えるのが役割です
看護師 /鬼頭佳代さん
看護師 鬼頭佳代さん
目の当たりにした現実に一つひとつ向き合っていきたい
保健師 /H.Cさん
保健師 H.Cさん
病気の予防の重要さを感じて・・・
言語聴覚士 /T.Mさん
言語聴覚士 T.Mさん
1歩1歩良い関係を築いていく、地道な仕事
理学療法士 /S.Aさん
理学療法士 S.Aさん
高校時代、陸上競技でのケガがきっかけです
理学療法士 /内苑大樹さん
理学療法士 内苑大樹さん
リハビリのスペシャリスト!
理学療法士 /長岡洋平さん
理学療法士 長岡洋平さん
いろいろな角度から「みる」ことで 症状の原因を探ることが大事
救急医 /松本尚さん
救急医 松本尚さん
スピードは当然必要、 加えて冷静さも必要な仕事です
救急医(フライトドクター) /八木貴典さん
救急医(フライトドクター) 八木貴典さん
瞬間の判断力とチームを引っぱる力が救急医には必要不可欠な能力です

目指す職業が決まったら学校をさがそう!

救急救命士を目指せる大学・短大(短期大学)をさがす

救急救命士を目指せる専門学校をさがす

救急救命士を目指せる専門教育機関をさがす

進路新聞バックナンバー 私の進路ストーリー 仕事につながる資格を調べよう