「志望理由書」の書き方 - 推薦・AO入試と「志望理由書」

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

「志望理由書」の書き方

志望理由書を上手に書くために必要な基本ルールやテクニックを紹介します

推薦入試と「志望理由書」

公募推薦

「志望理由書」を上手に書くと、他の提出書類の評価をランクアップさせる効果があります。以下のことを意識して書きましょう。

  1. 評定値が高くなくても、気にしないで自由に書く
  2. 推薦書の内容とあまりかけ離れないようにする(先生から推薦書についてお話を聞くこと)
  3. 長所をアピールするときは、できるだけ一つに内容をしぼる
  4. 専願、併願可能校にかかわらず、第2志望校はなく、その大学の学部だけを受験する姿勢を示す
  5. 高校の授業以外で行った諸活動の実績もアピールする
  6. 志望校のカリキュラム、シラバスを把握して、その内容に合わせた書き方をする
入試方式の概要
国公私立大学・短大の大部分の学校で実施している、最も一般的な推薦入試。全国どこの高校からでも応募でき、受験者数が最も多い。
出願条件
私立は「専願」、現役〜2浪まで受験可、評定平均値「3.0〜4.0」ぐらいが一般的基準。
選考方法
「書類審査、面接」または「書類審査、小論文、面接」が多い。書類審査には、「志望理由書」や先生が書く推薦書も含まれる。

指定校推薦

前年度の先輩の合格報告書を見たり、先生から学校についての情報を聞いて、対処しましょう。

入試方式の概要
おもに私立大で実施。推薦枠は1高校1〜2名が普通で、よほど面接で失敗しない限り合格できる入試。
選考方法
推薦書類と面接だけのところが多い。特別に「志望理由書」を課すところは少なく、申込書の中で「志望動機」を書く程度。

特別推薦

得意分野や特別活動の実績を評価する入試ですから、「志望理由書」には、その項目での経験や活動をできるだけポイントをしぼって具体的に書くのが、高い評価を得るコツ。
志望校の学部・学科と自分の経験・活動をどのように結びつけて書くのかも大切です。

入試方式の概要
特別推薦には、さまざまな種類があり、実施校により入試方法も異なる。
種類
自己推薦、スポーツ・文化活動・校外社会活動・課外特別活動・特定教科などに優れている人を対象にする推薦や、有資格者対象、女子学生限定、同窓生子弟、予備校、専門高校科別枠推薦 ほか

自己推薦

自己推薦の場合は、「AO入試の志望理由書」と同じような書き方が求められます。

「なぜ、この大学に入りたいのか」「何を勉強して将来は何をめざすのか」など、思いを強く持って自分をアピールします。
読む人の「心を動かす(感動させる)」よう、明確な表現を用いて自信を持って書きましょう。

AO入試と「志望理由書」

原則的にAO入試とは、学科試験による選抜ではなく、受験生の「将来性」や「可能性」を重視する試験です。
志望する大学や学部・学科は、その「将来性」や「可能性」を判断するために、第一に受験生の「意欲」に注目します。

意欲とは、「どのような目的をもち、どのように学びたいと思っているのか」ということ。それを、さまざまな方法により確かめるのです。

その方法のひとつが「志望理由書」です。
ですから、AO入試における「志望理由書」は、特に合否に関わる重要な役割を演じることになります。

「志望理由書」の攻略ポイント

AO入試の「志望理由書」の攻略ポイントは、以下のことが上手に書けるかどうかです。

  • 勉学意欲、将来志向のアピール
  • アドミッション・ポリシー※1の理解
具体的には・・・
  1. 何を学びたいのか
    学びたい学問については、特に書くポイントをしぼり、情報収集で得た事柄(A教授のゼミへの興味、B専攻で将来こんな卒論を書いてみたい、シラバスのここに興味を覚えた)など、具体的でオリジナリティのある内容を盛り込むと高く評価されます。
  2. 卒業までにどんな自分を実現するか
  3. 大学を卒業後、将来どのような活躍をしたいか
  4. 大学の求めるアドミッション・ポリシーとどんなふうにマッチしているのか
    アドミッション・ポリシーとともに、教育方針、建学精神などの理解は必須です。

上記の4つの内容をアピールするには、もちろんそれらの考えにいたったキッカケや理由がきちんと書かれていなければなりませんが、自分をアピールすることに夢中になって、ひとりよがりの文章にならないように注意しましょう。

客観的な視点を大切にして、なおかつ読む人に興味を覚えさせ、「合格させたい」と思わせるように意欲をストレートに表現しましょう。

※1 アドミッション・ポリシー
入学者受入方針として「将来に明確な目標をもつ人」「本学の伝統や教育を理解する人」「経営のエキスパートをめざす人」のように、AO入試を行う学校や学部・学科が、どのような人物を望むのかを示したもの。
かなり具体的な場合もあれば、抽象的な概念を述べていることもありますが、よく理解したうえで受験を決めましょう。

AO入試の詳しい内容については、コラム「AO入試必勝法」にまとめてあります。

「志望理由書」基本パターン1

ここでは、推薦入試とAO入試の両方に使える「志望理由書」の2つの基本パターンを紹介します。
これらを参考に自分自身の書きたい内容に合わせて、文章の構成を考えてみましょう。

パターン1

希望・意志をはっきりと提示するところから入るパターンです。
以下の① ② ③ の順番を踏まえて考えをまとめると、スムーズでわかりやすい文章になります。

希望・意志を提示する
  • 「将来○○になりたい」「貴学の○○学科で学びたい」と提示
  • その理由、きっかけとなったできごとを説明
  • 希望・意志の具体的なイメージを説明 など
学校・学科の魅力を述べる
  • ① の希望・意志を実現に導く学校・学科の魅力 など
将来の展望にふれる
  • 大学生活でしたいこと、学びたいこと など
  • 大学卒業後の仕事への意欲、ライフスタイル、人生観 など

パターン1の組立例

希望・意志を提示する
私はツアーコンダクターになるために、貴学の観光学科で学びたいと考えています。
ツアーコンダクターをめざしている理由は、人一倍好奇心が強く、身体を動かすことが大好きな私にぴったりの仕事だと思うからです。また、両親が旅行好きで、幼い頃から夏休みや冬休みに日本各地に出かけていたこともあり、いつしか日本だけではなく、海外のさまざまな国に行ってみたい、感動したいと思うようになりました。そして、その感動を大勢の人と分かち合いたいのです。
そのために私は、自分で旅を企画して、すばらしい観光ポイントや宿泊施設を見つけ、参加してくれる多くの人々に旅の喜びを提供できるようなツアーコンダクターになりたいのです。
学校・学科の魅力を述べる
貴学の観光学科を志望したのは、幅広く観光や文化について学べる講義を設けているところに魅力を感じたからです。海外で観光について学べる留学プログラムも充実しています。貴学でなら、きっと私が望むことが学べると確信しています。
将来の展望にふれる
もし貴学に入学することができたなら、私はできるだけたくさんの講義を受けることはもちろんですが、アルバイトやクラブ活動にも積極的に挑戦して、人とふれあうことを学び、将来ツアーコンダクターとなったときに、それらの経験を生かしたいと思います。

「志望理由書」基本パターン2

パターン2

冒頭で、問題提起をするパターンです。
志望する学部・学科に関わる社会的な背景などを踏まえて、自分がどのように考えるのかを前面に押し出し、アピールします。

問題を提起する
  • 「現代社会において○○○は大きな問題だ」 「○○について私は強い関心を持っている」 などの文章で書き出す。
  • 関心を持つにいたった理由、実際の社会状況や問題などについて述べる。
  • 取り上げる問題については、新聞やニュース、インターネットなどを使って、あらゆる情報を集めて、それらを理解した上で文章の構成を考えること
自分の考えを述べる
  • ① の状況に対して、自分がどうすべきであると考えているのかを述べる。
学校・学科で学びたいこと・志望大学の魅力を述べる
  • ① ② に関連して、大学で何を学びたいのかをできるだけ具体的に述べる。その大学の魅力についてふれる。
将来の展望を述べる
  • 大学生活への抱負、取り上げた問題に関わる自分の将来像などを述べる。

パターン2の組立例

問題を提起する
地球温暖化について、私はとても心配しています。
きっかけは、テレビでツバル島のドキュメンタリー番組を見たことでした。ハワイとオーストラリアの間にあるその小さな島は、海抜が1メートルもなく、地球温暖化で南極などの氷が溶けることにより海面が上昇してしまうと、あっと言う間に沈んでしまうということでした。その危機のため、ツバル島の人々は、生まれ育った島を離れ移住しなければならないのです。海に沈むのはその島ばかりではありません。日本でも砂浜の8割がなくなってしまうのではないかと予想されています。
自分の考えを述べる
この番組を見て、私はたいへんショックを受けました。地球温暖化という言葉は以前から知っていましたが、それは自分とはまったく関係のないことだと思っていたのです。けれど、実際にツバル島の人たちが困っている声をテレビを通して聞いたことで、自分のこれまでの無関心ぶりを反省すると同時に、私に何ができるのだろうか、何かの役に立つことはできないのだろうかという気持ちになってきたのです。
学校・学科で学びたいこと・志望大学の魅力を述べる
以来、私はインターネットなどで情報を集めて、自分なりに地球温暖化や環境問題について考えてきました。そして、もっと深い専門的な知識を身につけたいと、大学ではこのことをテーマに学ぼうと決めたのです。
貴学を志望したのは、環境学部の中でそれらの問題についてじっくりと学べるカリキュラムが、整っているからです。環境問題、特に地球温暖化問題を専門として、さまざまな研究を発表していらっしゃるA先生の存在も大きな魅力でした。
将来の展望を述べる
ぜひ、貴学に入学して、A先生から教えを受けるとともに、自らの研究テーマを明確にして、より深く学んでいきたいと考えています。

志望理由書が合格のカギとなる入試から学校を探してみよう

入試情報から学校をさがす

資料請求って必要なの?

学校を検索する

  • 大学を検索さがす
  • 短大を検索さがす
  • 専門教育機関をさがす
オープンキャンパスへいこう!