大学・短大・専門学校の情報を掲載!中学・高校生、大学編入、社会人、日本語留学生のための進路情報サイト

大阪府 私立専門学校
大阪芸術大学附属大阪美術専門学校

TEL
0120-06-2239(入学センター)
E-mail
nyushi@bisen.ac.jp
URL
https://www.bisen.ac.jp
school

先生・先輩

先生からのメッセージ

まず自分の得意技を見つけ、その力をひとや社会に活かす道を見つけましょう

  • 長尾 仁美先生
  • グラフィックデザインコース

制作のもとになる「企画力」、それを広げる「創造力」、カタチにする「スキル」。このデザインの3本柱を教えることで、一人ひとりが自分の得意分野に気づき、のばせるよう指導しています。「好き」という想いはものづくりの基本ですが、グラフィックデザインでは伝える相手のことを想う気持ちも大切です。ものづくりが好きで、人を楽しませるのが好きなら、どなたでも歓迎。あなたの「好き」や「得意」を世の中に活かす技、教えます。

(掲載年度:2019年度)

枠にとらわれない発想と造形力で無二のものを生む人へ

  • 中野 クニヒコ先生
  • フィギュアコース

少し前までフィギュアの世界は粘土等を用いて造形する、アナログな作業が主流でした。現在はZbrushという3Dソフトを用いた造形が主流となっています。3Dソフトを扱える様になるのはもちろんですが、基本としてアナログで造形する技術とコツを身につけることが大切となります。
次に発想力です。コンピュータならある程度、完成度の高い作品ができます。そこで個性をどれだけ表現できるかということが大切になってきます。
このコースでは、アイデアスケッチから様々な素材や表現力を学び立体化できる力を身につけていきます。
3Dデータ化出来れば動画の世界へも...。
様々なスキルを学べ、フィギュアの枠を超えた活動の場へと夢が広がることでしょう。

(掲載年度:2021年度)

既成の絵や技にとらわれない、自分だけの「ものさし」を持とう

  • 井口 幹康先生
  • アニメコース

「アニメ=絵を描く」と思われがちですが、絵の他にも音響や制作管理など、作品を構成する大切な要素はいろいろ。ビセンでは、それらをひと通りグループワークで体験しながら、協力性や思考力など将来に必要な力を養います。技術や表現が無限に生まれるこの世界では、正解はありません。だからこそ既存の絵柄や技より、自分だけの考え方や発想の元になる「ものさし」を身につけることが大切。絵が描けなくても活躍の場はたくさんあるので、ぜひ挑みにきてください。

(掲載年度:2019年度)