大学・短大・専門学校の情報を掲載!中学・高校生、大学編入、社会人、日本語留学生のための進路情報サイト

千葉県 私立専門学校
国際トラベル・ホテル・ブライダル専門学校

TEL
0120-256-118(入学相談室)
E-mail
ithb@nakamura.ac.jp
URL
http://www.ithb.ac.jp
school

先生・先輩

先輩の声

大手航空会社グランドスタッフに内定!

学校:就職活動で一番大変だったことは?
大川:これまで自分自身について深く考えることが無かったので、
   それを言葉にして自己PRを作成することに苦戦しました。

学校:どんなふうに乗り越えましたか?
大川:周りの友人から見た私の印象と、自分自身で考える自分の
   印象を照らし合わせたり、過去を振り返りながら本当の
   強みを見つけることができました。

学校:学校のサポートでありがたかったことは何ですか?
大川:卒業生と直接話す機会があったことです。面接内容を
   聞いて、どのような準備が必要か考えたり、実際の業務
   内容を教えていただくことができたので、先生と対策を
   講じながら就職活動に挑むことができました。

学校:就活を通して成長したなと感じる部分は?
大川:自己分析で自身の強みを発見しました。普段の生活でも
   その強みを意識して発揮することで自信がつき、以前より
   もっと自分自身を好きになりました。

学校:最後に後輩の皆さんへ一言!
大川:ITHBには同じ目標を持った仲間と、いつも手を差し伸べて
   くださる心強い先生方がいます。充実した最後の学生生活を
   仲間と共に過ごし、本気の夢をITHBで叶えましょう。

(掲載年度:2021年度)

ホテル実習体験ルポ

  • 志塚 真衣さん
  • ホテルコース
  • 千葉県立柏陵高校卒業

私は東京のお台場にあるヒルトン東京お台場様で実習をしました。
エグゼクティブラウンジでお料理の提供を担当しました。
海外からのお客様が多く、英語を使う機会が多かったのですが
ホテル接客英語の授業で習ったフレーズが役に立ちました。

忙しい中でも笑顔で明るい挨拶を心掛け、先輩スタッフに教えて
いただきながら楽しい日々を過ごしました。

(掲載年度:2021年度)

ブライダル科男子の実情

僕の夢は、ウエディングプランナーになり、将来ブライダルを
目指す人達にブライダルの良さを伝えていくことです。

その為に進路を考え、ITHBのオープンキャンパスに参加した時、
チャペルやブライダルサロンなど実際の施設と同じような空間で
勉強できると思い、入学を決めました。

ブライダル科は男子が少ないので、最初はとても不安でしたが、
男女の仲も良く、毎日が楽しく充実しています。

たくさんある行事の中でも、企業実習がとても印象に残っています。
実際のブライダル業界での実習なので学ぶことも多いですが、
今の自分が何をしたいのかなど、将来の方向性を決めるのに
重要なイベントです。

女子のイメージが強いですが、ブライダル科には男性の先生も
いるので、男子も楽しく学べる環境が整っています。

(掲載年度:2021年度)

先生からのメッセージ

世界の元気に旅と人とのふれあいは欠かせない

  • 矢口 博士先生

当校に興味を持ってくださった皆さんは、旅やイベントが好きで、観光、乗り物、宿泊といったサービスやサプライズを通して人を‘‘笑顔``にしたいとおもう方でしょう。COVID-19により、観光、交通、宿泊、イベントの業界は大きな影響を受けました。しかし、旅することや人とふれあうことは多くの人が求めており、心が健康な生活をおくるため、国が元気になるためには欠かせません。今後、国が専門家と一緒になってウイルスとの付き合い方を解明し、新しい旅のメソッドが確立されてきます。陸・海・空の交通機関が血液のように巡ることによって、地域に交流が増え、日本、そして世界がもっと元気になってくることでしょう。2021年に延期されました、東京オリンピック・パラリンピック開催は、「世界に復活・復興の証しを示すもの」として、世界を元気にする大きな弾みになると期待しております。

(掲載年度:2021年度)

日本人らしさと国際感覚を磨いて、世界の舞台へ羽ばたきましょう!

  • 湊 さやか先生

日本には“察し”の文化があり、私たちにはお客様が何を求めているのか言われなくとも理解できる素晴らしい感性を持っています。この日本人らしさと国際感覚、両方を磨いていきます。さらに、多少のことでは音を上げないタフな身体と精神も欠かせません。土砂降りの天気でも、はるか雲の上にはいつも青空が広がっています。一緒に頑張りましょう。

(掲載年度:2020年度)

ホスピタリティ・マインドのある人が求められています

  • Mr.Rhys Wedlock先生

学生一人ひとりができるだけ多く英語を話し、授業の後に「今日は楽しんでたくさん学んだ」と
感じられるように心がけています。
夢を持って学ぶ学生たちを全力でサポートし、学生が夢を達成することが私自身のやりがいです。
この業界ではホスピタリティがあり、明るく外国人とコミュニケーションをとれる人を求めています。

(掲載年度:2020年度)