あいち福祉医療専門学校の就職に強い学校特集

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

就職に強い学校特集
school

愛知県 私立専門学校

あいち福祉医療専門学校

パンフレットをもらう

あいち福祉医療専門学校 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
052-678-8101  
E-mail
fukushi-iryo@denpa.jp  
URL
http://fukushi-iryo.denpa.jp/  
あいち福祉医療専門学校の特長
学生寮あり
最寄駅徒歩5分内
海外姉妹提携校
バリアフリー対応
卒業後就職支援
独自給付・免除奨学金
独自貸与奨学金
クラス担任制
セメスター制
学外単独説明会
都会にある
周辺飲食店充実

あいち福祉医療専門学校の紹介

学校イメージ

2002年4月「あいち福祉専門学校」として、名古屋の副都心・金山に開校。JR・名鉄・地下鉄が乗り入れる金山駅南口から徒歩1分という通学に便利なキャンパスで、介護福祉学科・精神保健福祉学科を設置し、こころ豊かな福祉社会を実現するための教育を行っています。2005年4月、開かれた福祉・医療の時代に対応できる人材を育成すべく理学療法学科・作業療法学科を開設、それに伴い「あいち福祉医療専門学校」に校名変更。校名に込められる“愛と知性を兼ね備えた人材”の育成を通じて、それぞれのwell-being追求に取り組んでいます。

「求人件数が5,000件を超えました!(平成26年度実績)」

平成26年度も前年を上回る勢いで求人をいただいております。就活に費やす時間を最小限に抑えられるからこそ、国家試験対策や日々の学校生活にも余裕を持って取り組むことができると言えるでしょう。

「一人ひとりを適材適所へ。きめ細かな就職支援体制で、福祉・医療分野へ抜群の就職実績」

病院、クリニック、リハビリテーションセンター、老人保健施設、特別養護老人ホーム、障害者支援施設など、学生一人ひとりに適材適所の職場を斡旋できるよう、「就職ガイダンス」「個別面談」「履歴書作成指導」「模擬面接指導」など万全の指導体制で臨んでいます。もちろん希望に沿ったUターン就職も可能です。

「就活のスケジュールがぎっしり!10人に1人の割合で国公立系機関に内定!!」

超高齢社会への突入や長引く景気の低迷により、医療福祉業界からの求人が多いのは言わば当然と言えるでしょう。きめ細かいサポートによる業界からの信頼と、63年の歴史を誇る電波学園の人脈で、本校は大規模福祉施設や大病院への就職実績が実に豊富です。平成26年度は、16人が国公立系医療福祉機関への内定を決めました。

▲あいち福祉医療専門学校の特集ページトップへ

キャリアセンターより一言

「平成26年度は、16名が国公立系医療福祉機関への内定を勝ち取りました!」

国公立系医療機関の内定先を紹介します。(過去3年実績)…愛知県職員、国立病院機構東海北陸ブロック、国立病院機構中国四国ブロック、常滑市民病院、津島市民病院、中津川市民病院、春日井市民病院、半田市立半田病院、名古屋市職員、四日市市職員、愛知県済生会リハビリテーション病院、厚生労働省所管全国社会保険協会連合会中京社会保険病院附属老人保健施設あゆちの郷など。…医療福祉のプロフェッショナルとして、即戦力の知識と技術を身に付けているからこそ認められた実績です。

▲あいち福祉医療専門学校の特集ページトップへ

先輩の声

「下平さんが担当で良かった!」と退院時に患者様から言われ、感動で泣きそうでした。

下平あゆみさん 理学療法学科2012年3月卒業 長野県駒ケ根市 伊南行政組合 昭和伊南総合病院勤務 リハビリテーション技術科 理学療法士 
長野県伊那西高校出身。中学生の時に祖母が膝を悪くして入院。歩くことに対しての不安が強く暗い表情をしていたが、リハビリにより回復して笑顔が戻ったことが理学療法士を志したきっかけ。

脳出血や脳梗塞による手足の麻痺や、事故や転倒による手足の骨折に対してのリハビリを行っています。関節の動きや筋力強化から、起きる・座る・立つ・歩くといった日常生活で必要な基本動作まで、患者様が再び自分で行えるように援助するのが役割です。患者様が日常生活に戻るための手助けをする、とても素敵な職業です。勉強は大変だけど、同じ目標を持つ仲間と一緒に頑張ることができ、充実した学生時代でした。

その人の人生にいろんな角度から接することができる、それが作業療法士の魅力です。

山田拓郎さん 作業療法学科2010年3月卒業 静岡県富士宮市 医療法人社団富士恵仁会 フジヤマ病院勤務 リハビリテーション科 作業療法士 
静岡大学工学部電気電子工学科出身。自動車部品関連の企業に6年間勤めたが、現代社会における医療福祉の必要性に目覚めたことで、29歳から作業療法士を目指し本校へ入学。

地元を離れて大学での専攻を生かした分野の仕事をしていましたが、もともと医療分野にも興味があったこと、そして超高齢社会に突入した現代社会における医療の必要性を強く感じ始めたことから、思い切って作業療法士を目指しました。地域貢献の意味も込めて地元の病院を希望したのですが、患者さんの人生に触れ、地域の歴史に触れ、富士山を望む環境での毎日はとても充実しています。患者さんの笑顔が心の糧になっていますよ!

▲あいち福祉医療専門学校の特集ページトップへ

あいち福祉医療専門学校に興味を持ったらパンフレットをもらおう
あいち福祉医療専門学校のパンフをもらう