群馬医療福祉大学の女子が輝く学校特集

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

大学・短大(短期大学)・専門学校への進学情報 | 進路ナビ
school

群馬県 私立大学

群馬医療福祉大学

パンフレットをもらう

群馬医療福祉大学 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
0120-870-294(代)  
E-mail
nyushi@shoken-gakuen.ac.jp  
URL
http://www.shoken-gakuen.ac.jp  
群馬医療福祉大学の特長
学生寮あり
車通学OK
卒業後就職支援
海外研修・留学
バイト紹介制度
学費延納制度
独自給付・免除奨学金
独自貸与奨学金
少人数クラス
クラス担任制
ネット出願
受験費用サポート
学外入試あり

群馬医療福祉大学の紹介

学校イメージ

 群馬医療福祉大学は、多彩な分野と職種が交わり合う、福祉・医療のスペシャリストを育成する総合大学です。社会福祉学部・看護学部・リハビリテーション学部が密接につながり、協力することによって「チームケア・チーム医療」として最大限に機能すべく、最適な教育環境を提供しています。また、より高いレベルの福祉・医療サービスを行うには資格取得が必要となり、福祉・心理・子ども・医療に関係する資格から教員免許状までたくさんの取得資格が可能となります。

毎日の環境美化活動、磨いているのは、実はあなた自身。

「生活の環境を整える」これは福祉・教育・医療の分野で必要不可欠な“技術”です。この技術を学生の頃から意識的に身に付けることが環境美化活動の目的です。また、本学では教職員と協力して学内清掃をする、そんな光景が当たり前。仲間とのコミュニケーションツールとして活用され、学生生活を豊かにする自分磨きの時間にもなっています。

学生一人ひとりに目を配り、卒業まで目を離さない。少人数教育だからこそできるケアがあります。

学生が有意義に大学生活が送れるように支援するため、クラス・アドバイザー制度があります。礼儀挨拶に始まる福祉・医療従事者にふさわしい人間性を磨き、講義、演習及び実習とも合わせて総合的に福祉・医療を捉え、実践できる力を培います。また、講義以外にも私生活・大学生活・就職での悩み事などクラス・アドバイザーが親身になって相談に応じてくれ、充実した大学生活が送れるよう、バックアップしてくれます。少人数教育だからこそできる、きめ細かな指導と信頼できる教職員との出会いが、きっとあなたの未来を導いてくれるでしょう。

ボランティア活動が必修科目

なぜ、ボランティア活動が必修科目なのでしょうか。そこには全教職員の想いが込められています。「貴重な経験をより多く積んで欲しい。そこで感じる人の温もりや喜び、そして悲しさ、理想と現実を自分の体で受け止めて欲しい。」その経験が実は、何よりも人を成長させる要素なのです。

▲群馬医療福祉大学の進学情報トップへ

先輩の声

福祉をベースとしているから、発達段階に応じたきめ細やかな保育・教育が可能

根萩 友菜さん
社会福祉学部 子ども専攻 初等教育コース

 私が今力を入れている勉強は、障害児保育についてです。障がい児数が増加傾向にある今日の保育・教育現場では、障がい児保育に対する援助や支援などより専門的な知識と技術が求められています。初等教育コースでは、保育士・幼稚園教諭一種免許状・小学校教諭一種免許状が取得できるため、保育の知識や技術を持った小学校教諭になることができます。これは指導が難しい低学年に、上手く対応できる強みになると考えています。これらのことを踏まえ、私は障がいの有無にかかわらず、共に学べるよう支援のできる小学校教諭を志しています。

同じ目標へ向かう仲間がいるから、頑張れる

伊藤 慎太郎さん
リハビリテーション学部 作業療法専攻

 私は将来患者様の心に寄り添い、最善のリハビリをサポートできる作業療法士を目指し、日々、勉学に励んでいます。その中でも臨床場面で必要となる人体の構造や疾患について学び、それを踏まえ、リハビリの手段、リスクについて力を入れて勉強しています。講義の内容はとても難しいですが、先生方との距離が近く質問や相談をしやすい事が本学の特徴の一つです。また、勉強は大変ですが、友人との時間も大切にし、共に充実した学生生活を送っています。

▲群馬医療福祉大学の進学情報トップへ

群馬医療福祉大学に興味を持ったらパンフレットをもらおう
群馬医療福祉大学のパンフをもらう