仙台コミュニケーションアート専門学校の先輩・先生の声

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

宮城県 私立専門学校

仙台コミュニケーションアート専門学校

パンフレットをもらう

仙台コミュニケーションアート専門学校 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
0120-482-132(事務局)  
E-mail
info@sendai-com.ac.jp  
URL
http://www.sendai-com.ac.jp  

先輩の声

夢の舞台でステップ!ドリカムのアクターオーディションに合格!

新田 彩香 さん / 音楽コミュニケーション科 バックダンサー専攻
福島県立 福島西高等学校出身


先輩

仙台で行われたDREAMS COME TRUEのスペシャルライブ「POCARI SWEAT 30th SPECIAL LIVE ドリ×ポカリ」と並行して、ドリカムのコンサートやツアーにアクトダンサーとして参加する「アクトダンサーチーム」のオーディションが開催されました。選考課題はその場で振り付けられたダンス。プロを目指す各地から集まった大勢の若者がパフォーマンスを競う中、ダンスワールド バックダンサー専攻の新田彩香さんが見事合格し、10人のメンバーの1人に選ばれました。
オーディションへの初挑戦だったので、合格して嬉しい反面、不安もありました。実際に、振り覚えや急な立ち位置変更、観客へのアピールには非常に苦労しました。その半面、今まで授業でやってきた「HIP-POPの基礎」や「アイストレーション」「表情のつけ方」など、とても役立っていると感じます。
合格後の練習やゲリラライブを通じて「ハプニングにも対応できるのがプロ。エンターテインメント業界は厳しい。」と、実感しましたが「自信を持って自分のダンスをすればいい!」「ダンスはいかにビートに動きをはめられるかが大事!」というスタッフの言葉が印象的でした。
 今後も積極的にオーディションを受けて可能性の幅を広げていきたいです。そしてオールジャンルを踊りこなせるバックダンサーになるのが夢です。

(掲載年度:2011年度)

【エイベックス:内定】夢を手中に!憧れの業界に踏み出します

伊藤 翠 さん / 音楽コミュニケーション科 アーティストマネジメント専攻
宮城県私立 聖ウルスラ英智高校出身

先輩

子供のころから音楽を聴くのが大好きだった私。落ち込んだ時や悩んでいる時などは尚更のこと、大好きなアーティストが奏でる音楽を聴くだけで、不思議と力が湧いてきたものです。そんな生活の中で、いつか音楽関係の仕事に、できればアーティストのマネージャーになりたいと思ったのは自然なことでした。しかし、所詮は憧れであり、夢の世界。追いかけても手にすることができないものという思いが心のどこかにありました。
 そんな考えを変えてくれたのが、SCAでの2年間でした。数多くの現場での実習を経験させてくれる学校。先生方も現場経験豊富な方ばかり。そんな環境の中にあった私は、技術や知識を身に付けるとともに、いつしか夢は叶えるものだと思えるように変化していったのです。
 入学前は、客席やTVの前で勇気や喜びをもらっていた私ですが、夢を現実とした今、これからは私がアーティストやスタッフを手助けし、多くの作品を生み出す仕事をしたいと思っています。私のような夢を叶え笑顔になれる人を作るために…。

(掲載年度:2010年度)

JKC訓練競技会 プロ訓練士を押しのけ上位入賞!

八鍬 めぐみ さん / エコ・コミュニケーション科 ドッグトレーナー専攻
福島県立 福島商業高等学校出身
内定速報 内定先:アニマルファミリー

先輩

JKC訓練競技会 プロ訓練士を押しのけ上位入賞!
準備期間中はやはり大変でした。トレーニングも自分の思うようにいかないと焦る必要はないのに焦ってしまった事もありましたが、当日のお客さんの歓声や「凄い!」の声を聞く度に本当に嬉しくなり、今まで頑張ってきて良かったと思いました。犬は力で押さえていたら、ノーリードになった時にいう事をきいてくれなくなります。気持ちで犬と繋がる事、犬とは気持ちのリードで繋がっていることをSCAで学びました。机上の勉強だけでは身に付かない事が沢山あるので、体で覚える事が大事だと実感できた大会でした。

We are SCA(研究発表)
校内外の授業や普段の世話の中で犬とコミュニケーションを取りながら何度もしつけや訓練を行い、更に企業プロジェクトや大会などを通して強い信頼関係を築いてきました。そして、これまでの集大成としてドッグショーを披露しました。内容は「白雪姫」のストーリーに合わせ、17頭の犬がそれぞれアジリティーや、アクロバティックな芸、ダンス芸などをするというものです。沢山の人前での演技は、犬にとってもいつもと違う環境です。だからこそトレーナーとの信頼感と安心感が必要な状況において、二足歩行や連続ジャンプなどの演技や、ここぞというタイミングでトレーナーの合図に従って吠えさせたり、見せ場のキスシーンも上手にこなしたりと一つ一つ見事にやり遂げ、見に来てくれた人たちの心を掴めたと思います。
犬が好きという気持ち1つで入学してきた当初はなかなか言う事をきいてくれなかった犬たちも次第に指示通りに動いてくれるようになったのは、知識と多方面で得た経験を犬と一緒に少しずつ積み重ねてこれたからだと思います。盛大な拍手でドッグショーを終えた時は、「今までの努力と経験を発揮できたんだ!」と実感し、涙が出るほど感動しました。

(掲載年度:2011年度)

▲ 仙台コミュニケーションアート専門学校の先輩・先生情報トップへ

先生からのメッセージ

貪欲なエンターテイメント世界へ飛び込もう。

大黒摩季 先生 / 音楽コミュニケーション科

先生

『DA・KA・RA』『チョット』『あなただけ見つめてる』『夏が来る』などでミリオンヒットを記録する。『熱くなれ』が第10回日本ゴールデンディスク大賞"Best 5 Artist of THE YEAR" を獲得。海外での活動も広げ、日本を代表する女性ヴォーカリストの一人。

(掲載年度:2016年度)

音楽業界への切符を手にいれましょう。

渡辺敦子 先生 / 音楽コミュニケーション科

先生

プリンセス・プリンセスのリーダー兼ベーシストとして、『M』、『DIAMONDS』『ONE』など、数々の名曲を世に送り出した。現在は音楽プロデューサーとして活動し、本校副校長も務めている。2012年プリンセス・プリンセスを再結成。

(掲載年度:2016年度)

みなさんの夢と情熱。僕の「知識」と「経験」で支えていきたいですね。

畑正憲(ムツゴロウ) 先生 / エコ・コミュニケーション科

先生

【プロフィール】
1935年福岡生まれ。
1958年東京大学理学部卒。
1971年に北海道浜中町に自ら設立した「動物王国」でさまざまな動物とふれあい、「ムツゴロウ青春記」や、「ムツゴロウとゆかいな仲間たち」など数多くの著作の他、「子猫物語」の監督や講演活動などの幅広い活動を通して、動物の生態や動物とともに生きることのすばらしさを多くの人に伝えている。
本校の教育への取り組みに賛同し、2006年より本校名誉教育顧問。

【特別講義内容】
「ムツゴロウ動物王国」をはじめ、長年動物と関わってこられた畑正憲先生。犬や動物についてのこれまでの経験を動物行動学を交えながら行う特別講義は、説得力の深いもの。動物の仕事を目指す人に大切なことは、「すべての基本は愛情」「好奇心」「普通の動物好きで終わらない、プロを目指す」と学生に直接指導いただいている。

(掲載年度:2016年度)

▲ 仙台コミュニケーションアート専門学校の先輩・先生情報トップへ

仙台コミュニケーションアート専門学校に興味を持ったらパンフレットをもらおう
仙台コミュニケーションアート専門学校のパンフをもらう