彰栄リハビリテーション専門学校の先輩・先生の声

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

東京都 私立専門学校

彰栄リハビリテーション専門学校

パンフレットをもらう

彰栄リハビリテーション専門学校 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
03-5943-0411(事務局)  
E-mail
shoei-reha@msf.biglobe.ne.jp  
URL
http://www.shoei-reha.jp/  

先輩の声

私が彰栄リハビリテーション専門学校を選んだ理由

大友春菜 さん / 作業療法学科夜間部 / 日本体育大学出身

先輩

「夜間部は昼間部より不利なのでは」と思っていた私にとって、彰栄リハビリテーション専門学校は昼間部と夜間部が同じ総学費・総単位数(授業科目)なので、安心して作業療法士を目指せると思ったことと、働いた収入で学費が支払える「学費の月払い制度」を利用できることが、彰栄リハビリテーション専門学校の夜間部を選んだ理由です。
また、「作業療法演習T」の授業内容にも、とても興味を持ちました。私も仕事をしているのでわかりますが、文章を書く力・文章の読解力は、勉強や仕事をやっていくうえで、とても必要なことです。そういうことを、徹底的に指導してもらえるということも決め手となりました。

(掲載年度:2016年度)

社会人から作業療法士を目指そうと思っているみなさんへ

大澤知佳 さん / 作業療法学科昼間部 / 十文字高等学校出身

先輩

彰栄リハビリテーション専門学校は、「Shoeiが選ばれる6つの理由」で説明してあるように、社会人の方が安心して入学でき勉強しやすい環境であることなど、とても社会人に配慮している学校だと思います。だから、私もいろいろと学校を探して調べましたが、彰栄リハビリテーション専門学校に入学を決めました!作業療法士だけを養成しているのも好印象でしたしね!クラスの仲間も社会人入学の方が多いので、いろんな社会人経験がある方々と一緒に作業療法士の勉強をすることができて、とても充実した毎日です♪
私も作業療法士になる夢に向かって頑張っていきますので、ぜひ一緒に彰栄リハビリテーション専門学校で作業療法士になる夢を叶えましょう!

(掲載年度:2016年度)

大学卒から作業療法士を目指そうと思っているみなさんへ

桑原もえみ さん / 作業療法学科昼間部 / 中央大学出身

先輩

私は作業療法士の専門学校を選ぶのに、いろいろと学校を調べた結果、彰栄リハビリテーション専門学校に入学しました。大学卒・短大卒が多いという説明は聞いていましたが、実際入学して本当に多くて安心したし大学で学んだ知識も授業で活かされているので、毎日有意義に過ごしてます♪
また、「Shoeiが選ばれる6つの理由」をオープンキャンパスで聞いたときに、すごく大学卒はいい環境だなと好感を持ったのも、入学を決めた理由です。リハビリ分野の作業療法士は、大学で学んだ知識が活かされる仕事だと思うので、彰栄リハビリテーション専門学校で一緒に作業療法士を目指しましょう!

(掲載年度:2016年度)

▲ 彰栄リハビリテーション専門学校の先輩・先生情報トップへ

先生からのメッセージ

新しい時代を担おうと志す人へ

佐藤智恵子 先生 / 作業療法学科昼間部

先生

 本校は2004年4月に昼間部、2005年に夜間部が誕生し、去る3月に昼間部は12期生・夜間部は10期生を社会に送り出しました。本校の特長の第1はキリスト教の教育理念に基づいた人間教育に力を入れていること、第2は作業療法士養成に特化した昼間部3年制、夜間部4年制の専門学校であることです。これは国家試験受験資格を取得できる最短の道であり、わたしたちは、学生の皆さんに自主的かつ効果的な学習能力を身につけてもらうために、担任を中心としたきめの細かい個人指導を心がけています。
 作業療法は将来性のある学問領域であり、今後ともますます魅力ある医療の職域になると予想されます。作業療法に特化した本校なればこそ、そのよさを味わえると思います。
 各クラスとも高校の新卒者、社会人経験者、大学・短大新卒者など多彩な年齢層の方が入学されていますが、皆さんそれぞれの個性を発揮して、和気あいあいと勉学に励んでいます。作業療法に興味を持ち、作業療法士として新しい時代を担おうと志す人を心から歓迎いたします。

(掲載年度:2016年度)

▲ 彰栄リハビリテーション専門学校の先輩・先生情報トップへ

彰栄リハビリテーション専門学校に興味を持ったらパンフレットをもらおう
彰栄リハビリテーション専門学校のパンフをもらう