阪神自動車航空鉄道専門学校の先輩・先生の声

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

兵庫県 私立専門学校

阪神自動車航空鉄道専門学校

パンフレットをもらう

阪神自動車航空鉄道専門学校 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
06-6488-5221(広報課)  
E-mail
hyogo@hits.ac.jp  
URL
http://www.hits.ac.jp/  

先輩の声

新型GT-Rの開発に参加!日産最高峰の資格「ハイテクマスタ−」に挑戦!

冨士原 弘敏 さん / 自動車整備工学科 / 平成9年卒業 日産プリンス兵庫販売株式会社

先輩

HITに入学した頃は、クルマは好きでも『特にコレ!』という車種は無かったんです。ところが、授業で知識が増えるうちスポーツカーへの興味が増していき、なかでもスカイラインやフェアレディZ、180SXが大好きに・・・。今、これらすべてを扱う日産プリンスに入社できてとても幸せです。いろんなメーカーのクルマに触れて、固有の技術を比較しながら学べるHITに入学して本当によかったと思いますね。私は勉強が苦手なタイプですが、クルマに関することなら夢中になれます。HIT在学中、さらには入社後も着実にスキルアップしていく手応えがあり、兵庫県でも数名しかいないGT-Rの認定TSの資格を取得。2012年には、全国でも私だけが選ばれて新型GT-Rの開発に携わることができました。先日は最高峰の社内資格「ハイテクマスタ−」にチャレンジ。嬉しい知らせが届くことを信じています。

(掲載年度:2016年度)

いろんな資格も経営ノウハウも、在学中にマスタ−!卒業と同時に開業して8年目を迎えています!

西尾 尚子 さん / 二輪整備工学科 / 平成19年卒業 AUTO SHOP INFINITY開業

先輩

卒業と同時に自分の店を開業、現在8年目を迎えています。
何をするのも自由、何をしても自分の責任・・・。厳しい現実にもぶつかりますが、毎日がとても充実していて「自分の店を持って良かった」と実感しています。開業準備は卒業半年前にスタート。経営ノウハウは元バイクショップオーナーの先生が教えてくれました。二輪自動車整備士をはじめ、HITの講座で危険物取扱や中古車査定、損害保険などの資格を取得できたことも開業に弾みをつけましたね。お客様はZEPHYR(ゼファー)やXJR、CBなどネイキッドのオーナーが中心。いろいろなメーカーを扱えるのも、HIT時代に多様な車種を実際に触って学べたからこそ。ライダーズカフェの経営も目指しており、HIT卒業生の中から一緒に夢を追いかけてくれる女性パートナーが登場するのを待ち望んでいます。

(掲載年度:2016年度)

頑張るんじゃない。好きな事だからできるんだ!

西山 大貴 さん / 鉄道システム学科 / 平成24年卒業 山陽電気鉄道株式会社入社

先輩

小さい頃から、鉄道が好き!専門に学びたい!と思ってオープンキャンパスに参加し、HITに入学しました。旅行概論や幅広い興味ある授業の中で、益々鉄道が好きになり、「鉄道関連に就職したい!」と思って山陽電鉄に決めました。今は一つ一つの作業のスキルアップが楽しくて仕方ないです!在学中から、自然体でそのままの自分を心がけています。実は就職面接で、「作業場所は冬は寒いし、夏は暑い。大丈夫ですか?」と聞かれた時、「どちらも嫌いです。でも仕事だからやります。問題ありません!」と答えました。正直すぎると思うんですが、本当に好きな仕事だから寒いとか暑いとか全く関係なく頑張れるんです。今の仕事でも、できる事、できない事をハッキリ言わないと、お客様の命を預かっている仕事なので、いい加減な返事をすると危険を伴います。持っている知識と力以上の事えお言うと絶対にダメ。自分の性格には本当にピッタリな仕事だと思っています。ここにはHITの先輩も多くいるので、先輩達と力を合わせて山陽電鉄を盛り上げていきたいです。自分は乗り鉄で、模型も好きです。鉄道好きな後輩が入ってきて、いろんな事を語り合いたいです!

(掲載年度:2016年度)

▲ 阪神自動車航空鉄道専門学校の先輩・先生情報トップへ

先生からのメッセージ

自動車整備士は今、売り手市場!アナタが選ぶ自動車メーカーは?

辻本 純孝 先生 / 自動車整備工学科

先生

意外に思うかもしれませんが、自動車整備の業界は今、とても人材が不足しています。
大手企業に入ることも十分に可能なことから、大学卒業者や社会人経験者がHITに入学するケースも増えているんですよ。整備士という国家資格を取得できるのも大きな魅力。
そこでHITでは、1年次から国家試験を意識した授業を展開。
毎年高い合格率を誇っています。
またHITでは実習を通して様々な自動車メーカーの実車に触れられ、それぞれの特徴を理解した上で就職先を決定。
もちろん、就職後のサポート体制も万全です。

(掲載年度:2016年度)

整備士が実際に使う技術を現場を再現した授業で習得させる

松下 忠史 先生 / 二輪整備工学科

先生

バイクの専門知識や技術はもちろん、整備の現場で求められるコミュニケーション能力、自分で考えて行動するスキルの向上につながる指導を心掛けています。
整備実習についても安全面の注意をした上で、できるだけ学生自身が主体的に作業を進めるよう促しています。実習内容については、実際の現場で遭遇する作業をリアルに再現。
寝かしてあるバイクを起こしてトラックに積む、タイヤ交換するといった作業はHITならではの学びであり、就職先各社から高く評価されています。

(掲載年度:2016年度)

鉄道業界のプロが教える。だからアナタもプロになれる!

平城 公一郎 先生 / 鉄道システム学科

先生

HITの卒業生には、鉄道のスペシャリストが大勢います。
車掌から鉄道車両整備士、軌道検測・診断技術者など例を挙げればキリがないほど。
鉄道業界には大手企業が多いことも見逃せません。
福利厚生の充実した職場で、安心して仕事に打ち込めます。
講師には元運転士や設備関連の技術者、電気系統から製図のエキスパートまでが揃い、現場で即戦力となれるスキルを養成します。
日本の鉄道技術が海外へ進出する一方、2015年春には北陸新幹線が開通。
鉄道業界のレールは明るい未来へとつながっています。

(掲載年度:2016年度)

▲ 阪神自動車航空鉄道専門学校の先輩・先生情報トップへ

阪神自動車航空鉄道専門学校に興味を持ったらパンフレットをもらおう
阪神自動車航空鉄道専門学校のパンフをもらう