大阪情報専門学校の先輩・先生の声

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

大阪府 私立専門学校

大阪情報専門学校

パンフレットをもらう

大阪情報専門学校 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
0120-651-900(入学相談係)  
E-mail
ocs@ocs.ac.jp  
URL
http://www.ocs.ac.jp  

先輩の声

ICT技術によって、人と人をつなぎ、より快適に働ける環境を構築したい

早川 和輝 さん / 大学併修学科 / 株式会社 神戸デジタル・ラボ

先輩

私は、各種システム開発やソリューションサービスを提供している(株)神戸デジタル・ラボで、現在、お客様であるアパレルメーカーのWebシステムを担当し、メールマガジンの配信やURLのリダイレクト(Web転送)設定などを担当しています。お客様との業務上の会話からシステムへの要望や課題をくみ取り、店舗の満足度を向上させるためのアプリケーションを開発しています。
もともとパソコンに興味があり、ICT(情報通信技術)が社会で重要な位置を占めるのを実感し、技術者としてそこに関わっていきたいと思ったのが、この道に進んだ理由です。
大阪情報専門学校に入学した当初は、ITの専門知識や技術は全くない状態でした。基礎から学び、多くのITに関する知識や技術が身に付く中で、Web系システムに関わっていきたいと思うようになりました。現在の仕事はまさに希望通り。開発の中で自分の考えた通りに動いてくれると満足感があります。お客様から感謝の言葉を頂いた時には、大きなやりがいを感じます。
社内には、社員一人ひとりの意見に耳を傾け、さまざまなチャレンジを応援してくれる自由な雰囲気があります。その中で今、やってみたいのは、農業や福祉など、まだまだICTが活用されていない分野で役立つシステムを開発するこt。例えば、農業や介護現場で負担になっている繰り返しの作業などを、少しでも軽減できないか。ICTを利用した新たなあり方を自分の技術で生み出していきたいと考えています。

(掲載年度:2016年度)

IT技術とコミュニケーション力で高く評価されている事を感じます

益池 奏海 さん / パソコン応用学科 / TDIシステムサービス株式会社

先輩

お客様であるスーパーのシステム部で、システム運用のオペレータをしています。各店舗で動いているシステムの問い合わせに対応するのが主な仕事です。スーパーの担当者様から直接感謝の言葉を頂く事もありますが、通常はシステムが支障なく動いていて当然という仕事。いわば縁の下の力持ちです。
大阪情報専門学校に入学するまで、コンピュータについての知識はほとんどありませんでした。高校の進路選択で、IT系を学べば就職するときの強みになるのではないかなと思い、専門学校を探して入学を決めました。学校では、コンピュータ初心者の私でも基礎から分かりやすく教えてもらったので、今の仕事につながったと思います。それでも、サーバールームや大型コンピュータに囲まれた職場は、私にとっては、まだまだ未知の世界。知識が増えていく面白さを感じていますが、顧客先で失敗できないという緊張感にも包まれている毎日です。
就職活動中も、社会人となった今も痛感するのは、ITの技術や知識はもちろん必要ですが、社会で働くためにはコミュニケーション力が大切だということ。仕事では問題点や要望を聞く事で、色々な事を解決していきます。私は初対面でも物怖じせず話せるほうなので、高く評価されている事を感じます。今後も持ち前のコミュニケーション力を発揮して活躍していきたいです。

(掲載年度:2016年度)

学生時代に学んだ知識と技術を武器に社会に貢献できるシステムを作る

井上 登仁 さん / ソフトウェア制作学科 / 岩谷情報システム株式会社

先輩

学生時代には、「基本情報技術者」や「オラクルマスター」などの資格を取得しました。学校で得た知識や技術は、就職活動や就職後も役立ちました。大阪情報専門学校では、先生方が取得のサポートをしてくれるので、学生のうちに多くの資格が取得できると、希望の企業にも就職できると思います。
私が勤務しているのは、岩谷産業株式会社およびグループ企業全体のコンピュータシステムを手掛け、その知識と経験をもとにソリューションサービスを展開している、岩谷情報システム株式会社です。営業、運用、開発がチームを組んで一つのシステムを作り上げる中で、私は運用を担当しています。お客様から業務の流れや現状の課題・要望を聞き、システムに必要な機能を洗い出し「要件定義」をすることが仕事です。要件定義の内容をもとに、開発担当者がシステム構築を行います。お客様にとって最適なシステムを提案し、仕事の効率がアップしたと喜んでもらえた時には、大きなやりがいを感じます。実際仕事をしてみて、言語やプログラミングはシステムを作るための手段でしかなく、お客様の要望をもとに、どんなシステムを作るかを検討することが重要という事に気が付きました。お客様に喜んでもらえるシステムを作るためには、仕事の内容や業務の流れを理解することが必要なので日々学習しています。これからも、常に向上心を持って頑張りたいと思っています。

(掲載年度:2016年度)

▲ 大阪情報専門学校の先輩・先生情報トップへ

先生からのメッセージ

ほとんどの入学生がIT初心者。卒業時にはプロとして通用する力がつきます

澤野井 道宏 先生 / ソフトウェア開発学科

先生

本校に入学してくる95%以上の入学生は高校で少しパソコンをやったレベルです。全くの初心者でも、一緒に学んでいけば企業で活躍できる実力が身に付くカリキュラムになっています。わからないところも出てくると思いますが、そんな時は遠慮せずに聞きに来てください。わかるまで個別にフォローします。やればやるだけ力が付く。そんな思いを持って入学してください。初めての科目ばかりですが分りやすく教えるので皆さんも楽しんで学んで下さい。

(掲載年度:2016年度)

▲ 大阪情報専門学校の先輩・先生情報トップへ

大阪情報専門学校に興味を持ったらパンフレットをもらおう
大阪情報専門学校のパンフをもらう