東海医療工学専門学校の先輩・先生の声

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

愛知県 私立専門学校

東海医療工学専門学校

パンフレットをもらう

東海医療工学専門学校 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
0120-758-551(入学サポートセンター)  
E-mail
info@semui.jp  
URL
http://www.semui.jp/kougaku/  

先輩の声

チームワーク抜群の学校生活。夢を目指して学んだお陰で、希望の就職先に決まりました。

新家 大輝 さん / 2014年3月卒業 豊明市消防本部 勤務 (岐阜県立飛騨高山高校 出身)

先輩

東海医療工学専門学校は緑に囲まれた静かな環境にあり、勉強に集中したい人にはピッタリの場所にあります。学生は全国各地から入学しています。高校新卒者以外に大学卒業者、一般社会人、それに看護師など…多種多様な人間関係が築けます。ちなみに僕は元自衛官です。学校の自慢は救急救命士の実技を訓練するシュミレーション実習です。これはオープンキャンパスで体験できますから、ぜひ多くの方に参加してほしいですね。

(掲載年度:2013年度)

「救える命を救いたい。」常に向上心を持って励んでいます。

中路 峻久 さん / 救急救命科 / 2013年3月卒業 名古屋市守山消防署守西出張所 勤務 (名古屋経済大学市邨高校 出身)

先輩

 私が小学校の時、祖父が脳卒中で倒れた際に、救急隊の方が迅速に対応して助けてくれました。また高校時代、野球の試合中に頭を強く打って意識不明になり、今度は私が救急隊の方に助けてもらいました。これらのことがきっかけで救急救命士のことを知り、専門学校への進学を決めました。
 私が卒業する年に国家試験の内容が大きく変わりました。その結果、合格率が大幅に下がりましたが、ひたすら教科書を繰り返し読んで猛勉強した結果、合格することができました。
 消防官になると、最初に消防学校で初任科教育を受けますが、まずは自分の体力のなさを痛感しました。体力強化のため、ひたすら走っていた記憶しかありません。その後、それなりに体力はつきましたが入職前から10キロ近く体重が減りました。
 消防署に配属された当初は、丸1日勤務することに慣れることが大変でした。また、初めて火災の現場に出動した時は見たことのない大きな炎を目前にし、これまで体験したことのない恐怖感を覚えました。
 現在は消防業務と救急業務を兼務しています。救急救命士の特定行為を行うには、救急業務を定められた期間だけ行う必要があります。高校時代からずっと「救える命は救いたい。」という強い気持ちを持っているので、まだまだ時間がかかりますが、将来的には救急救命士の特定行為ができるようになりたいです。
 これから入学する人には、まずは体力が勝負なので、少しずつでも日々体力増強に努めて下さい。また消防署に勤務すると出動以外の時間が十分あるので、時間を有効に使い自己研さんに励んで下さい。常に向上心を持って頑張って下さい。

(掲載年度:2015年度)

女性らしさを活かして、がんばります。

薮崎 翠 さん / 救急救命科 / 2015年3月卒業 鈴鹿市消防本部 勤務 (静岡県立島田商業高校 出身)

先輩

 4月に消防本部に入職するとすぐに、8ヵ月間に及ぶ消防学校での初任科教育の教育訓練を受けました。受講生106名中、女性は7名だけです。長期間、 集団生活をしながらの訓練は精神面に辛かったです。
 また男性と同様に行う訓練は体力的に厳しいものでした。特にロープ渡過訓練(離れた建物間にロープを張って移動する訓練。)は腕力が弱いと渡る速度が遅くなります。また消防活動訓練では放水するホースを低位置でしっかり保持しますが、水圧が強いので大変です。さらに重厚な防火衣を着用し20kgの空気ボンベを背負っているので、思うように身動きが取れないのも大変でした。それらの訓練を克服するために夜間の自由時間に女性隊員同士でトレーニングに励みました。
 入校して半年後に行う訓練披露会(総合査閲)では、あえて苦手な渡過訓練を選択しましたが、自主トレの成果が実り無事に披露することができました。
 鈴鹿市消防本部は消防、救急、救助といった役割分担ではなく、消防士が全ての役割を交替して行います。私は救急救命科を卒業したので、消火活動や救助活動を学ぶのは初めてですが、全ての業務をしっかりできるよう、バランスのとれた消防士を目指すことが私の目標です。
 在学中の楽しい思い出は1、2年生の交流会で行ったバーベキューです。辛い思い出は国家試験前の模擬試験で成績が伸びずに焦ったことです。しかし当時の勉強は初任科教育での救急科救命課程の講義をスムーズに受講することができました。
 そして何よりも良かったことは、担任が以前、消防学校の教官だったので、服装点検(帽子の被り方、ベルトの位置、ズボンのしわ)や礼式(敬礼、整列、行進)を厳しく指導して頂きました。そのお蔭で初任科教育では大変助かりました。在学中は厳しい指導に文句を言っていましたが、他の受講生が苦労していることを私は普通にできるので、改めて先生に感謝しています。
 これから消防士を目指す方に2つのことをアドバイスします。まずは体力。消防訓練は体力が必要です。普段から少しでも鍛えておくことが大切です。そして仕事に対する意識。やること、覚えることがたくさんあって大変ですが「これでいい。」と思ってしまうと、能力はそこでストップします。もっと上を目指すという意識があれば、伸びしろは無限大です。人は心の持ち方で大きな可能性を秘めています。強い体と心で目指して下さい。

(掲載年度:2015年度)

▲ 東海医療工学専門学校の先輩・先生情報トップへ

東海医療工学専門学校に興味を持ったらパンフレットをもらおう
東海医療工学専門学校のパンフをもらう