東洋美術学校の先輩・先生の声

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

東京都 私立専門学校

東洋美術学校

パンフレットをもらう

東洋美術学校 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
0120-335986(入学相談室直通)  
E-mail
info@to-bi.ac.jp  
URL
http://www.to-bi.ac.jp  

先輩の声

数多くの体験や知識

由利 直倫 さん / インダストリアルデザイン科 インダストリアルデザイナーコース

先輩

デザインに興味があり、立体物が好きな僕は、「自分の想いや考えをカタチにしてみたい」という思いから、東洋美術学校に入学することを決めました。
東洋美術学校には、作業をするにあたっての機材が数多くあり、3Dプリンターなどの最先端な機材も使用することができます。授業では課題が多く、正直辛いです。しかし、それらをこなしてきたことで、確実に力がついています。
デザイナー、職人を本気で目指しているのであれば、東洋美術学校はぴったりな場だと思います。

(掲載年度:2016年度)

デザインの力をつけるなら東洋美術学校へ!

金生 陸門 さん / インダストリアルデザイン科 インダストリアルデザイナーコース / 茨城県立水戸工業高等学校 建築科卒

先輩

この分野に進もうと思った理由は、「デザインとは、自分のアイデアをカタチにできる方法の一つであり、絵を描くことやモノを作ることが好きな自分にとって、インダストリアルデザインという分野がとても魅力的で学びたい」と思ったからです。
東洋美術学校はスケッチなど基礎からしっかりと学ぶことが出来るので、学びたいという思いさえあれば誰でもしっかりと技術や知識を身につけることが出来ます。
また、この学校の良いところは、教えてくださる講師の方々との距離がとても近いことです。役に立つお話やアドバイスなどをたくさん聞くことが出来るのは、この学校の大きな強みの一つだと思います。
1年次に履修した「インダストリアルデザイン」という授業では、商品の企画からプレゼンテーションまでを全て一人で行います。約一か月という決められた期間の中、毎週プレゼンテーションを行い、第一線で活躍しているデザイナーさんからアドバイスをしていただきます。最終週には、プレゼンテーションボードとモックアップを用意し、本格的なプレゼンテーションを行い、講評を受けます。こういった授業は、まるでデザイナーの疑似体験をしているようです。製品を期限内に仕上げる難しさや様々な作業が必要なので大変ではありますが、それを超える喜びや達成感を得ることが出来たので、とても貴重な時間だったと感じています。
将来は、デザインだけでなく、商品の企画にも携われるような仕事がしたいと考え、日々奮励しています。絵を描くことやモノを作ることが好きな方、自分のアイデアや思いを製品としてカタチにしたい方、東洋美術学校で一緒に学びましょう!!!

(掲載年度:2016年度)

▲ 東洋美術学校の先輩・先生情報トップへ

東洋美術学校に興味を持ったらパンフレットをもらおう
東洋美術学校のパンフをもらう