東京デザイン専門学校の先輩・先生の声

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

東京都 私立専門学校

東京デザイン専門学校

パンフレットをもらう

東京デザイン専門学校 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
0120-339-929(入学相談部)  
E-mail
t-design@tda.ac.jp  
URL
http://www.tda.ac.jp  

先輩の声

どんなデザインも否定せず、個性を伸ばしてくれる先生がいる

森山 さん / グラフィックデザイン科

先輩

高校生まではスポーツばかりで、デザインの道なんて考えていませんでした。そんななか、大好きな雑貨屋さんに通っているうちに「すごい!」「おもしろい!」と思ってもらえるようなパッケージデザインをしたいと思うようになり、入学を決めました。私はビビットな色の組み合わせや、人と動物が融合しているようなちょっと変わったデザインが好きなのですが、先生は決して否定せず自由に作品を制作させてくれます。どんな作品も個性があっていいと言ってもらえるのがうれしいです。課題が多くて大変なときもあります。でも、自分のデザインを先生に毎回講評してもらえる授業が大好きです。

(掲載年度:2017年度)

課題を繰り返すことで着実にイラストの描画力が向上します

西川 さん / イラストレーション科

先輩

子どもの頃からマンガが好きで、独自のキャラクターを考えてはノートに描いていました。いつしか、自分の世界観を発信するクリエイターに憧れるようになり、イラストを勉強しようと決意。デッサンとリアルイラストを中心に、描画技術を基礎から学んでいます。特にイメージを自由に表現できる「発想演習」の授業は、いつもワクワクしながら取り組んでいます。難しい授業もありますが、次の課題に挑戦するときには成長している自分に気づいて驚くことも。クラスには同じ目標を持った仲間が大勢いるので、競い合い、励まし合ううちに絵に対する視野が広がり、創作意欲が湧いてきます。

(掲載年度:2017年度)

同じ夢を語れる仲間は心強くて、一緒に切磋琢磨できる大切な存在です

岩船 さん / マンガ科

先輩

大学を卒業して一度は就職しましたが、マンガ家の夢を諦めきれず入学。ここでは、同じ夢を持った仲間がいるので、作品制作に関する意見交換をできるのはもちろん、好きなマンガの話が思いっきりできて、悩みを相談できることがとっても心強いです。「マンガテクニック」では、マンガを描くのに必要なGペンの使い方などを教えてもらえるので、絵を描く力もグンと上がりました。今までストーリーをつくるのはあまり得意ではなかったのですが、「ストーリー演習基礎」でコツを教えてもらってからは苦手意識も薄くなりました。現在は、授業でつくったストーリーを基に、持ち込み用の作品を制作中です。

(掲載年度:2017年度)

▲ 東京デザイン専門学校の先輩・先生情報トップへ

先生からのメッセージ

切磋琢磨し互いを高め合い、プロへと続く道を共に歩みましょう!

清水儀之 先生

先生

モノを作ることに喜びを感じたら、その次にはそれを発表するステージが待っています。お互いの作品を見せ合い、評価し合い、刺激を受け合い、切磋琢磨し高め合う。その先にはプロへの道が続いています。共に歩みましょう。

(掲載年度:2017年度)

楽しみながら積極的に動けばその先に新しい世界が待っています!

秋山裕美 先生

先生

ディスプレイの世界は範囲が広く、ショーウインドウだけでなく、ショップ、舞台セット、イベントなどがあります。皆さんの興味のあることが見つかるかもしれません。そんなディスプレイデザイン科で勉強してみませんか?

(掲載年度:2017年度)

作ることの楽しさや身につける喜びを忘れずに仲間と共に学んでいきましょう!

古屋泰史 先生

先生

授業では、自分の中にあるアイデアやイメージをさまざまなツールや技術を使い具現化していきます。「描いて、作って、形にする」というものづくりの楽しさや身につける喜びを感じながら、誰もが身につけたいと願うようなアクセサリーを作っていきましょう。

(掲載年度:2017年度)

▲ 東京デザイン専門学校の先輩・先生情報トップへ

東京デザイン専門学校に興味を持ったらパンフレットをもらおう
東京デザイン専門学校のパンフをもらう