東京デザイン専門学校の先輩・先生の声

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

東京都 私立専門学校

東京デザイン専門学校

パンフレットをもらう

東京デザイン専門学校 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
0120-339-929(入学相談部)  
E-mail
t-design@tda.ac.jp  
URL
http://www.tda.ac.jp  

先輩の声

1年次にデザインの基礎を学び、2年次では専門性を高めていけるのがいい!

織田 さん / グラフィックデザイン科

先輩

グラフィックデザイン科では、2年生から5つの専攻に分かれ、より専門的にデザインを学びます。私は「編集デザイン専攻」に進むことを決めました。昔から絵を描くことが好きで、自分の絵を活かしたエディトリアルデザイナーになりたいと思っています。絵の基本を学ぶドローイングや、デザインソフトを使って写真をトレースしていくリアルイラストなどの授業を経験し、さらに絵を描くことが好きになりました。また、不得意だと思っていたパッケージデザインの授業が意外にも楽しく、1年生のうちにいろんな可能性に触れ専攻を絞っていけるのが、この学科のいいところだと思います。

(掲載年度:2016年度)

イラストレーターになりたい人にとことん向き合ってくれる先生がいます!

渡川 さん / イラストレーション科

先輩

就職活動をしながらもイラストレーターになる夢を断ち切れず、TDAに入学。とことんイラストを追求したかったのでこの学科を選びました。
1年次は、とにかくいろんなイラストを描きます。なかでも、好きな授業はデッサンとイラストベーシック。デッサンでは、先生に物の見方を教えてもらうだけで、自分の絵が上達するのを実感でき、ほかの授業にも応用可能。イラストベーシックでは、さまざまな画材を使って絵を描くので、画材の特徴を知ることができ、技術の幅が広がります。プロの先生の言葉は厳しいときもありますが、絵に向き合いたい人にきちんと向き合ってくれるので心強いです。

(掲載年度:2016年度)

学生時代からプロの下で学べるので漫画家を目指す人にとっってここは近道!

椿 さん / マンガ科

先輩

中学のときからマンガ科のあるTDAに進学しようと決めていました。念願だった授業は、プロの漫画家の先生に学ぶことができます。なかでも、マンガ制作の授業では、キャラクターやストーリーの設定からコマ割りまで、まさに夢に見ていた漫画家と同じ制作を体験しながら学べます。決められたページ内で物語を展開するのは、とても難しいのですが、その分やりがいも十分!「髪の毛の線を増やしてみたら?」など、プロの目線で指導してくれるので参考になることばかり。学生時代からプロの先生の指導で漫画を描けるので、夢にグンと近づけます。

(掲載年度:2016年度)

▲ 東京デザイン専門学校の先輩・先生情報トップへ

先生からのメッセージ

切磋琢磨し互いを高め合い、プロへと続く道を共に歩みましょう!

清水儀之 先生

先生

モノを作ることに喜びを感じたら、その次にはそれを発表するステージが待っています。お互いの作品を見せ合い、評価し合い、刺激を受け合い、切磋琢磨し高め合う。その先にはプロへの道が続いています。共に歩みましょう。

(掲載年度:2016年度)

楽しみながら積極的に動けばその先に新しい世界が待っています!

浅原葉子 先生

先生

日々楽しいことを考え、何にでも興味深くものごとを捉えましょう。何よりも変化している自分を楽しんでほしいと思います。するとあなたの周囲も・・・。一番ワクワクするのは、自分を取り巻く現実が変わっていることです!

(掲載年度:2016年度)

作ることの楽しさや身につける喜びを忘れずに仲間と共に学んでいきましょう!

古屋泰史 先生

先生

授業では、自分の中にあるアイデアやイメージをさまざまなツールや技術を使い具現化していきます。「描いて、作って、形にする」というものづくりの楽しさや身につける喜びを感じながら、誰もが身につけたいと願うようなアクセサリーを作っていきましょう。

(掲載年度:2016年度)

▲ 東京デザイン専門学校の先輩・先生情報トップへ

東京デザイン専門学校に興味を持ったらパンフレットをもらおう
東京デザイン専門学校のパンフをもらう