東京コミュニケーションアート専門学校の先輩・先生の声

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

東京都 私立専門学校

東京コミュニケーションアート専門学校

パンフレットをもらう

東京コミュニケーションアート専門学校 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
0120-532-303  
E-mail
tcainfo@tca.ac.jp  
URL
http://www.tca.ac.jp  

先輩の声

学校にいるたくさんの動物の飼育方法などたくさん学べて楽しく過ごしています

井上 さん / 動物ワールド(2年制) 動物園・動物飼育専攻 / 新潟県立小千谷高等学校出身

先輩

学校に動物が多く、たくさんの実習に魅力を感じて入学をしました。上京してきて一人暮らしができるか、友達ができるか不安でしたが学校の寮に入って寮長さんや寮母さんが優しくしてくれましたし、学校でも同じ新潟県出身の友達もできたのですぐに解消されました。

学校では飼育当番でたくさんの動物の飼育方法を学ぶことができたり、講師の先生方がユニークで楽しい授業をしてくださったりと学べることが多く楽しく過ごしています。

将来の夢はペットショップで働くことです。実際に自分で動かないと結果はでないと思うので、就職に向けてたくさんの企業に業界研修に行く準備をしています。お客さまに正しい動物の知識を伝えられて、「また来たい!」と思ってもらえるようなスタッフになりたいです。

(掲載年度:2016年度)

実習が多く、実践的なことを学べると思ったから入学を決めました。

関 さん / 海洋ワールド(2年制) ドルフィントレーナー専攻 / 静岡県立焼津中央高等学校出身

先輩

実習が多く、実践的なことを学べると思ったからTCAECOに入学しました。同時に先生方が水族館分野のスペシャリストであること、就職率がとても高いことも魅力でした。

入学前は初めて地元の静岡を離れ、知り合いが誰1人いない状況はやはり不安でした。ですが、TCAECOに来ているのは皆同じ目標を持っている人ばかりなので自然と話が合い、授業について話したり雑談をしたりする大切な仲間が沢山できました。

学校ではたくさんのことを学べることが1番楽しいです。今までの授業になかったこと、将来に繋がる多くのことをスペシャリストの先生方に教えて頂くことは自分にとってとてもためになっていると実感しています。

将来は、水族館のショートレーナーを目指しています。見に来てくれた子供たちに将来の職業の可能性を増やしてあげられる存在になりたいと思っています。

(掲載年度:2016年度)

同じ目標を持った仲間と知り合えたことが私の財産になりました!

藤間 麗 さん / グラフィックデザイン専攻

高校時代からイラストレーターやマンガ家になる夢を抱いていた藤間さん。通学には往復4時間もかかっていたそうだが、「同じ目標を持った仲間と知り合えたことが私の財産になりました」と当時を振り返る。「学校で教わったマンガ制作の基礎は今でも役に立っています。好きなことを見つけたらそれを続けることが大事。継続は力なり、です」。これからは今までとは違った世界観のマンガやイラストにも挑戦してみたいと言う。「自分が楽しんで描いたことが、読者にも伝わるようなマンガを描いていきたいですね」。

(掲載年度:2008年度)

▲ 東京コミュニケーションアート専門学校の先輩・先生情報トップへ

先生からのメッセージ

『動物が好き』自分を信じて突き進めば夢は叶えられる。

畑 正憲 先生(ムツゴロウさん) 先生

先生

若い頃、私は自分に何ができるか分かっていませんでした。
とにかく自分を大切にしながら、一生懸命勉強して、何かを突き破るように生きていた時代があるんです。
夢を叶えるというのは、自分の興味あることを探して、手探りで調べ、がむしゃらに体験していくことです。自分を信じて進めていく勉強ほど面白いものはありません。
飽くなき好奇心を支えるのは、ワクワクするような学びの体験と、人間も動物も含めた素晴らしい先生との出会いです。
夢を叶えるにふさわしい場所で、常に前を向いて歩くこと。
さあ、次に夢を叶えるのはあなたです。

(掲載年度:2016年度)

大切なのは何がよくて何が悪いのか気づくこと

スタジオジブリ作品「猫の恩返し」監督!森田宏幸 先生

先生

TCAでしか学ぶことができない、森田ゼミ独自の5ステップで「動き」による「動き」の造形を指導します。「ひとつでも完璧だと思う作品を描き、これでいいんだということに気づいてもらいたい。それは自分の手の中から生み出さないとわかりませんから。」

【森田宏幸先生】
代表作はスタジオジブリ作品「猫の恩返し」やTVアニメーションシリーズ「ぼくらの」。また「となりの山田くん」「電脳コイル」「イノセンス」などの原画を担当、「鉄腕バーディ」「黒執事」の絵コンテ担当など、アニメーションの絵作りの分野で幅広く活躍。



アニメーション監督。代表作は、スタジオジブリ作品「猫の恩返し」。

(掲載年度:2012年度)

▲ 東京コミュニケーションアート専門学校の先輩・先生情報トップへ

東京コミュニケーションアート専門学校に興味を持ったらパンフレットをもらおう
東京コミュニケーションアート専門学校のパンフをもらう