専門学校東京アナウンス学院の先輩・先生の声

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

東京都 私立専門学校

専門学校東京アナウンス学院

パンフレットをもらう

専門学校東京アナウンス学院 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
0120-343-261(入学相談室)  
E-mail
soudan@tohogakuen.ac.jp  
URL
http://www.tohogakuen.ac.jp/announce/  

先輩の声

自分以外の誰かのために演じる気持ちを大切にしています

寺島拓篤 さん / アクセルワン所属(2003年度卒)

先輩

「アニメは動画が完成していない状態でアテレコをすることが多いので、オンエアされてはじめて、演技と映像の“答え合わせ”ができるんです。なんでもすぐ答えが出る時代だけど、声優は想像力が不可欠な仕事ですね」
と語るのは、人気アニメやゲームで大活躍を続ける声優・寺島拓篤さん。待望のTVアニメ第4 期を迎えた『うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEレジェンドスター』でも、一十木音也役にさらなる魅力を与えてファンの熱い視線を浴びた。
「今でも寺島拓篤の声といえば『うたの☆プリンスさまっ♪』を挙げてくださる方が多いですね。僕の名前を広くみなさんに知ってもらえたという意味でも、ターニングポイントになった作品です」

 2016年夏にはアニメ『SERVAMP ─サーヴァンプ─』のエンディングを飾る爽快なポップチューン『sunlight avenue』をリリース。17年には3rdアルバムを引っさげての全国ツアーも予定されるなど、音楽活動にも積極的だ。
「歌うときは、あくまで声優という土台を大切にしたうえで、どうエンターテインメントとして表現すればいいかを考えています。最近は声優の人数も、仕事の種類も増え続けていますが、一本芯になるものを持っていないと、結局“よくわからない人”で終わってしまう。この世界をめざすなら、自分はなぜ声優になりたいのかを今一度振り返り、覚悟を決めて夢に向かってほしいですね」

“ アナ学”を卒業したばかりの05年に『創聖のアクエリオン』の主人公・アポロ役で鮮烈デビュー。以来、12年間に渡って、第一線で仕事を続けてきた寺島さん。主役であれ、脇役であれ、“作品の一部”となって役割を貫く気持ちに変わりはない。
「お客さんのためにがんばる、作品のために声を出す、キャラクターのためにお芝居をする…。いつも“自分以外のために何かをする”っていうのが僕の大前提なんですよ」

(掲載年度:2017年度)

▲ 専門学校東京アナウンス学院の先輩・先生情報トップへ

専門学校東京アナウンス学院に興味を持ったらパンフレットをもらおう
専門学校東京アナウンス学院のパンフをもらう