国際メディカルテクノロジー専門学校の先輩・先生の声

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

福島県 私立専門学校

国際メディカルテクノロジー専門学校

パンフレットをもらう

国際メディカルテクノロジー専門学校 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
0120-160-956(入学相談室)  
E-mail
imedical@fsg.gr.jp  
URL
http://i-medical.jp  

先輩の声

身近に感じられる先生のもとで安心して勉強に取り組める

伊藤 萌 さん / 言語聴覚士科 / 石巻西高校(宮城県)出身

先輩

いつでも親身に対応してくださる先生方が、勉強で分からないことだけでなく、学校生活や私生活のことも相談に乗ってくれるので、勉強に集中しながら楽しい学校生活を送ることができます。
卒業までに、色々な視点から物事を見ることができる広い視野を身に付けて、患者様やそのご家族に寄り添うことができる言語聴覚士になりたいです。

(掲載年度:2016年度)

救急救命士になるために必要な全ての環境が整っている

田母神 真樹 さん / 救急救命士科 / 清陵情報高校(福島県)出身

先輩

消防士になるために公務員の専門学校へ進学することも検討しましたが、将来の夢を考え直した時に、自分の力で人を救う仕事に就きたいと感じて、救急救命士を目指すことを決めました。「自宅から通える」「施設や設備が整っている」「3年間で着実に国家試験と公務員試験の合格を目指せる」という、全ての環境が整っているこの学校で、絶対に救急救命士になります。

(掲載年度:2016年度)

設備や実習などの学習環境が充実している

鈴木 拓也 さん / 臨床工学技士科 / 尚志高校(福島県)出身

先輩

臨床工学技士を目指せる学校を探していた時に、高校の先生からの紹介でこの学校のことを知りました。その後、オープンキャンパスに参加してみて、充実した設備に魅力を感じて入学を決めました。将来は、治療中も治療後も、患者様に安心感を与えられるように、正確な知識と技術を持って、的確な処置を行える臨床工学技士になりたいです。

(掲載年度:2016年度)

▲ 国際メディカルテクノロジー専門学校の先輩・先生情報トップへ

先生からのメッセージ

先進医療と地域医療を支える医療・福祉のスペシャリストを育成します。

佐藤 本実 先生

先生

人の命や生活を支える医療・福祉のスペシャリストを目指す上で必要なものとして、まず第一に挙げられるのは基本となる正確な知識と技術です。また、チーム医療・チームケアの一員として、患者様やそのご家族、一緒に働く方々など、相手の意見や立場の違いを理解しながら業務に取り組むために、自分自身の考えを伝えるコミュニケーション能力や様々な状況に対応できる柔軟性などの人間力も必要となります。さらに、日々進歩する医療・福祉に関する技術に対応した、より質の高い治療やケアを行うために積極性と主体性を持って勉学に励む自己学習能力も欠かすことはできません。
本校では、地域に根ざした医療・福祉の総合専門学校として教職員一同、皆さんの夢を全力でサポートします。これからの医療・福祉の分野で活躍を目指すみなさんを待っています。

(掲載年度:2015年度)

▲ 国際メディカルテクノロジー専門学校の先輩・先生情報トップへ

国際メディカルテクノロジー専門学校に興味を持ったらパンフレットをもらおう
国際メディカルテクノロジー専門学校のパンフをもらう