京都文教短期大学の先輩・先生の声

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

京都府 私立短期大学

京都文教短期大学

パンフレットをもらう

京都文教短期大学 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
0774-25-2408(入試センター)  
E-mail
t-nyushi@po.kbu.ac.jp  
URL
http://www.kbu.ac.jp/kbjc/  

先輩の声

AO入学者の声(ライフデザイン学科)

1)伊藤 真采さんさん、2)園田 美咲さん、3)横山 未咲樹さん、4)中林 聖奈さん さん / ライフデザイン学科 / 1)京都府立北嵯峨高校出身、2)滋賀県立八幡高校出身、3)京都府立東宇治高校出身、4)京都府立久御山高校出身

先輩

1)興味のある分野を学びたい気持ちを素直に伝えてください。
伊藤 真采さん (京都府立北嵯峨高校出身)
 面談前はとても緊張していましたが、驚くほどアットホームな雰囲気であっという間に時間が過ぎました。大好きなスポーツについて学びたい気持ちや高校の学校行事での経験などを、楽しく伝えることができました。現在は、スポーツ・医療の分野中心に学び、医療事務や運動実践指導者医療管理秘書などの資格を目指しています。

2)エントリーシートの作成が自分を振り返るきっかけに。
園田 美咲さん (滋賀県立八幡高校出身)
 エントリーシートの作成は、志望理由や自分の長所・短所についてじっくり考え記入しました。自分の高校生活を振り返るなかで、部活や学校行事での経験など面談で話したいエピソードがたくさん出てきました。入学後の授業はどれも楽しく、幅広い分野を学びながら、将来の方向性や進みたい道が少しずつ見えてきたところです。

3)努力の成果を見てもらえるものを持っていきました。
横山 未咲樹さん (京都府立東宇治高校出身)
 面談では、幼稚園から続けてきたテニスの写真や賞状のほか、レポート対策のために作った新聞記事のスクラップを持っていきました。面談前はとても緊張しましたが、面談官の先生がオープンキャンパスでお話を伺った先生だったこともあり、楽しくお話ができました。現在はインテリアや建築にも興味が広がり、毎日が充実しています。

4)新聞を読む習慣をつけておきましょう。
中林 聖奈さん (京都府立久御山高校出身)
 レポート作成の対策では、新聞の要約練習に取り組みました。新聞で読んだ話は実際の試験には出ませんでしたが、文章を整理し自分の考えをまとめる力になりました。入学時はファッションビジネスを学びたいと思っていましたが、授業を通して「食」の分野にも興味が広がりました。現在は、ビジネスや食の資格取得を目指しています。

(掲載年度:2017年度)

AO入学者の声(食物栄養学科)

1)井上 美雪璃さん 、2)波多野 若菜さん、3)山岡 彩香さん、4)富井 琳子さん さん / 食物栄養学科 / 1)京都府立 久御山高校出身、2)奈良県立 橿原高校出身、3)福井県立 福井商業高校出身、4)滋賀県立 大津高校出身

先輩

1)高校生活で力を注いだことが自己アピールのヒントに。
井上 美雪璃さん (滋賀県立堅田高校出身)
 面談では、両親が営む中華料理店で毎日手伝いをしていること、AO入試の時期と重なって吹奏楽部の大会があり、勉強と部活を両立して金賞を獲得したことなどをアピールしました。将来は幼稚園などで給食を作ることが夢でしたが、入学後、栄養士の知識を活かせる仕事がほかにもたくさんあることを知り、将来の選択肢が広がりました。

2)コミュニケーションや文章作成が好きな人は挑戦して欲しいです。
波多野 若菜さん (京都府立京都すばる高校出身)
 AO入試は、人と話すことや文章を書くことが好きな私にぴったりな入試でした。面談では小学生の頃から続けてきたバレーボールで学んだことや、そのなかで食と健康に興味をもったことなどを話しました。現在は「食育方法論」の授業が楽しく、塩分やカロリーを摂りすぎている人の食行動の改善計画を考えるのがとてもおもしろいです。

3)面談は「いつもの自分」で楽しんでください。
 山岡 彩香さん (滋賀県立大津高校出身)
 先輩から、面談はアットホームな雰囲気と聞いていましたが、想像以上に楽しく、30分間があっという間でした。入学して特に印象に残っている授業は「食文化演習」。京都中央卸売市場でマグロの解体を見学したり、市場で働く人へのインタビューも経験できました。魚の捌き方など調理技術も身につき、料理が本当に楽しいです。

4)合格後の課題が入学後の学びの助けになっています。
 富井 琳子さん (京都府立鴨沂高校出身)
 絶対にAO入試で合格したいと思い、高校1年から3年まで何度もオープンキャンパスに行きました。面談では、野球部のマネージャーとして一歩先を見て動く力が身についたことや、選手たちの健康と食のつながりに興味をもつようになったことを話しました。合格後に出された調理や化学の課題は、入学後の学びにとても役立っています。

(掲載年度:2017年度)

AO入学者の声(幼児教育学科)

1)薮内 まなみさん、2)谷口 穂香さんさん、3)片山 新菜さん、4)青山 未来さん さん / 幼児教育学科 / 1)福井県立美方高校出身、2)滋賀県立草津東高校出身、3)大阪府立香里丘高校出身、4)京都府立山城高校出身

先輩

1)毎日作文を書いて文章の表現力を磨きました。
 薮内 まなみさん (福井県立美方高校出身)
夏休みもほぼ毎日作文を書いて先生に添削してもらいました。文章の表現力を磨くために、伝えたい言葉の意味を辞書で調べるようにしたことも試験に活かされました。今、力を入れているのはピアノの練習と手遊びや歌のレパートリーを増やすこと。地域に貢献できる保育士をめざして、知識と技術を身につけていきたいです。

2)自作のパペットで自己紹介し自分らしさをアピールしました。
 谷口 穂香さん (滋賀県立草津東高校出身)
 高校の保育士体験の授業で、靴下でパペットを作る方法を学んだので、面談に持って行き、パペットで自己紹介をしました。現在は、身近なものを使って遊ぶ方法もたくさん学んでいます。面談ではほかにも、ソフトボール部で学んだチームワークの大切さや、障がい者施設ボランティア体験など、さまざまなことを話すことができました。

3)AO入試の経験が、よりよい大学生活につながっています。
 片山 新菜さん (大阪府立香里丘高校出身)
 面談では、一度決めたことは最後までやり遂げるという自分の強みを伝えました。また、レポート作成の対策としては、子どもに関するテーマを新聞から選び、制限時間内に自分の意見をまとめる練習を約1カ月前から行いました。入学後の授業でもレポートやみんなの前で発表する機会が多くあり、AO入試での経験が活かされています。

4)自作のおもちゃを持参し、学びの意欲をアピールしました。
 青山 未来さん (京都府立山城高校出身)
 高校の授業で幼稚園に行き、3歳児クラスを観察するなかでボタン掛けができない子がいることを知りました。そこで、子どもたちが遊びのなかで練習できるおもちゃを作成。面談で先生方に見ていただき、工夫した点について詳しくお話しすることができました。将来は一人ひとりに合った成長をサポートできる保育者になりたいです。 

(掲載年度:2017年度)

▲ 京都文教短期大学の先輩・先生情報トップへ

先生からのメッセージ

現代社会のニーズに対応した人材の育成が目標です。

山田 智子 先生 / ライフデザイン学科

先生

■社会人としての基礎力を身につけましょう。
ライフデザイン学科では、学科独自のプログラム(「社会人基礎力認定プログラム」)を用意しています。このプログラムは、自分の将来像を明確にイメージし、そこに近づくために何をするかを考え、自分の人生をしっかりデザインでき、自信を持って社会進出するために必要なプログラムです。その内容は、基幹科目(ゼミナール、インターンシップなど)と基礎科目(社会人領域、情報領域)、キャリア教育科目(総合教養)で構成され、社会人としてのマナーやコミュニケーション能力、IT能力、文章処理技能、数学的思考力等、実戦可能な社会人基礎力を身につけることが目標です。いかなる職業や職種に就こうとも必要な基礎知識や態度に違いはありません。本学科で学んだ社会人基礎力は、ユニット科目での専門知識や技能を修得するうえにも重要です。
■将来の方向が見えてきます。そして専門職業人もめざせます!
本学科には、専門知識と技能を身につけるための5つのユニット(「食生活」、「ファッション・アパレル」、「住まいとくらし」、「福祉・医療」・「健康・スポーツ」)があり、1つの領域を勉強するのも、また複数の領域を勉強するのも可能なようにカリキュラムが組まれています。このユニット科目の履修方法については、2つのタイプを想定しています。
1つは自分探しのタイプ。高校生のうちからこんな仕事につきたいと決められずにいる人は結構多いです。そんな人は、入学してから各ユニットの科目を少しずつ履修してみて自分にあった職業を見つけてはどうでしょうか?
もう1つは将来つきたい仕事を決めているタイプ。たとえば、スポーツクラブのインストラクター等、スポーツ関連で働きたい人は、「健康・スポーツ」を中心に「食生活」と「福祉・医療」のいくつかのユニット科目等を履修することによって、「健康運動実践指導者」と「NSCA-パーソナルトレーナー」の受験資格が得られます。認定試験に合格すればその道が開けますよ。他にも、各ユニット科目を集中的に学ぶことによって、医療系事務員・アパレルの販売員・インテリアコーディネーター等もめざせます。

(掲載年度:2017年度)

人々の心と身体に優しい食を提供できる栄養士になって欲しいです!

森 美奈子 先生 / 食物栄養学科

先生

■地域の幼稚園や保育所での出張食育授業をしています!
私の授業では学生たちが地域の幼稚園や保育所に出かけて、子どもたちに直接食育活動を行なっています。例えば、学生たち手作りの紙芝居、ペープサート、台本から自分達で考えたオリジナルの人形劇、ミュージカル等、様々な手法で子どもたちに食べることの楽しさや大切さを伝えています。
食物栄養学科の学生さんはどちらかというと控え目で、人前に出るのは苦手という方が多いのですが、毎年、まず前の年の食育出張授業のDVDを見てもらい、子どもたちの食に対する強い関心や反応を見てもらうと、皆、子どもたちに少しでもいいものを見せてあげたいと、準備が進むにつれてどんどん熱が入っていき、最終的には食物栄養の学生が作ったとは思えないクオリティの高い作品が出来上がります。
本番当日、子どもたちの真剣な眼差しや笑顔を見ると、それまでの苦労も吹き飛ぶくらいの達成感を得ることが出来たと多くの学生が感想を述べています。
栄養士は次の世代に食の大切さや楽しさを伝えていく使命があります。
身近な人々への食育が出来るように、まずは自分自身が食の大切さや楽しさを感じる人であって欲しいと思っています。
■時代のニーズに答える行動力ある栄養士に!
日本は急速な少子高齢化が進む中で、生活習慣病にかかる人が多くいます。栄養士が家庭で、地域で、職場で、病院で、施設で、その専門性を生かし、人々の健康を守るためにさらなる栄養指導・教育を行えば、生活習慣病はもっと減少するかもしれません。
人々の健康づくりのサポートをする栄養士は、人々の食のカウンセラーやコーチの役目を担います。そのためには、ただ単に専門知識や技術があるだけではなく、人々に健康になっていただきたいという強い使命感も必要です。授業では、実際の栄養指導を想定して、
カウンセリングやコーチングの技術を使ったロールプレイング(役割演技)を行い、実践力を高めています。相手の立場に立って考えることができる心と身体に優しい食を提供できるハートのある栄養士になって欲しいと思っています。

(掲載年度:2017年度)

保育や地域交流などを通して、子どもを育てる力を育む

張 貞京 先生 / 幼児教育学科

先生

■人間は失敗から学びながら成長します
子どもが成長していく仕組みは、様々な環境と関わりながら覚え、何度も失敗しながら付き合い方を身につけていきます。すべり台でしりもちをついて泣く子ども、積み上げたブロックが落ちてきたと怒る子ども‥など、泣き、笑い、時には怒りながら失敗をとおして成長していきます。
子どもは大人が当たり前に思っていた小さなことに目を輝かせ、全力で目の前にある事物に関わっていきます。失敗しても自ら何度も挑戦しますが、多くの場合は、身近にいる大人の励ましを得て挑戦していきます。保育者は子どもたちを励まし、成長を傍らで見守ることができます。あなたの暖かいまなざし、触れられた手の感触、励まされた言葉を、子どもたちはずっと記憶の中に持っています。
■保育者は子どもと育ち合いながら、自分自身の成長を実感できる仕事
 常に明るく笑顔でなければならないと思っていませんか?固い表情をしていた先生が子どもの姿に微笑む笑顔は、驚くほど暖かいものです。子どもの仕草や言葉を楽しく、面白く感じる保育者は、自然とはじけるような笑顔をします。保育者の笑顔は生まれ持ったものではなく、子どもたちと関わっていく中で生まれてくるものです
子どもの成長過程と同じく、あなたもそんな体験をして、これからも成長していきます。経験豊かな保育者たちは、子どもたちと関わっていく中で、常に新たな発見があると話します。保育を学び、保育者になることは、単に知識や技術を覚えることだけではありません。知識や技術を覚えることで、他の人や物事との関わりがより適切な方法に変化いくことです
■人とのコミュニケーションにおいて発生する誤解
「障害児保育」「保育内容人間関係」を教えていますが、現在、保護者と保育者間で発生する誤解を研究しています。誤解はちょっとしたズレから深刻な誤解まで範囲が広いです。保護者に誤解された保育者の話を聴き、コミュニケーション上での失敗体験なのに、それ以降の保育に活かされる学びがたくさんあることが分かりました。この研究から、コミュニケーションは生まれつきの性質ではなく、磨いていくもの、そして、失敗体験から学べることが分かりました。これから、先輩保育者の体験から学び、コミュニケーション力をつけられる学習プログラムを作っていく予定です。あなたも保育者を目指して、これからコミュニケーションを磨きませんか

(掲載年度:2017年度)

▲ 京都文教短期大学の先輩・先生情報トップへ

京都文教短期大学に興味を持ったらパンフレットをもらおう
京都文教短期大学のパンフをもらう