東京女子体育短期大学の先輩・先生の声

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

東京都 私立短期大学

東京女子体育短期大学

パンフレットをもらう

東京女子体育短期大学 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
042-572-4131(広報課)  
E-mail
pub-info@twcpe.ac.jp  
URL
http://www.twcpe.ac.jp/  

先輩の声

運動ができる喜びを伝える(フィットネスクラブ)

井原愛香 さん / フィットネスクラブ 短期大学保健体育学科 平成26年度卒

 もともと運動が好きで、長くスポーツに関わっていたいという思いから東京女子体育短期大学に入学しました。スポーツと子どもに関わりたくてフィットネスの仕事を選びました。就職して1年、現在は主にフロント業務と子どもを対象としたスイミングレッスンを受け持っています。また、ランやウォーク、子どものスキーキャンプといったイベントも実施しているので、その企画・運営の準備を手伝うなど、現場での業務は想像以上に多種多様です。プールやフィットネスマシンなどをお客様が安心して活用できるようにサポートするのが私たちスタッフの仕事ですから、覚えることはたくさんあります。そして、思っていた以上に事務作業も多く、今はパソコン作業に奮闘しています。
学生の頃にフィットネスクラブに体育施設実習に行き、お客様の立場になって対応を学んだことがとても役に立っています。まだ1年目で慣れないことも多いですが、まずはフロント業務をしっかりやっていきたいです。それから、指導は大変ですがプールで教えていて子どもの成長を見ることが出来るのも嬉しい瞬間です。この職場で、運動ができる喜びと楽しさをひとりでも多くの人に伝えていきたいと思います。

(掲載年度:2016年度)

子ども達のイキイキを育む(幼稚園教諭)

内田貴絵 さん / 幼稚園教諭 短期大学児童教育学科 平成23年度卒

 子供が大好きでピアノが得意、ずっと幼稚園教諭をめざしていました。幼稚園教諭になって間もなく5年目を迎えます。現在は年長クラスを担任しています。1年目はベテランの先生に付いて、楽しいよりも慣れるのに精一杯でした。2年目、3年目になると周りも見えてきて、ようやく子どもたちと楽しく接することができるようになりました。ピアノ、衣装や飾り作りなど、全部好きなことばかりで忙しくても大変だと思ったことはありません。気持ちに余裕が出ると、仕事の中での達成感を味わえるようになりました。リトミックや手遊び、お話など授業で学んだことは今でも覚えていて、役に立っています。教育実習では、短時間でも子どもを惹き付けることの難しさを実感しました。授業で習っていても、いざとなると緊張して出てこないので、「技」を使えるように意識したり、よく通る声で話す練習もしておくと良いと思います。
子どもならではの発想はとてもユニークで、話の内容がとても面白いです。子どもたちと他愛もない会話をしている時間が一番楽しいですね。天気の良い日は、園庭で子どもたちと一緒になって全力で遊びます。これからも、明るく笑顔の絶えない先生でありたいです。

(掲載年度:2016年度)

▲ 東京女子体育短期大学の先輩・先生情報トップへ

先生からのメッセージ

心構え・スキル・理論を学び、センスを磨く

美谷島正義 先生

 授業では指導するために必要な心構え、スキル、理論をしっかりと学びます。その中で、あらゆる場面を設定して具体的に対応を考えるといったこともしています。実際の教育現場では中学生という難しい年齢の子どもたちが相手で、不登校やいじめなど複雑な問題も想定しなければなりません。教員に求められるのは生徒を観察するセンスです。自分が中学生だった頃のことを思い出しながら、観察眼を鍛え指導者としてのセンスを磨いていくのが一番です。

(掲載年度:2016年度)

「伝えるために面白さを実感すること」を学ぶ

圓谷秀雄 先生

 子どもは実験や観察が大好きですが、教育現場では理科を苦手としている教員が多いのが現実です。そこで、私が担当する授業では、まず学生自身が理科の面白さを実感することを大切にして、それを子どもに伝える方法を考えます。本学ではさまざまな授業を通して経験したことを伝える力、表現する力が育まれます。また、チームの中で力を発揮する機会が多いのも特徴です。子どもの成長に関わりたいという気持ちがある人には絶好の環境といえるでしょう。

(掲載年度:2016年度)

根気よく育ちを「待つ」ことも必要

渡邊洋 先生

 運動の授業が多い中、私が担当する美術・造形という分野は気持ちの上でシャットアウトされてしまいがちです。しかし、ものを造って表現する力は幼稚園や小学校などの教育現場で欠かせません。2年間の学びを通して子どもに教えるための基礎力を育み、しっかり経験を積んでください。指導力を身に付けるためには実践して面白さを実感することが大切です。また、子どもが育つ手助けをするのではなく、根気よく「待つ」ことの大切さにも気づいてほしいですね。

(掲載年度:2016年度)

▲ 東京女子体育短期大学の先輩・先生情報トップへ

東京女子体育短期大学に興味を持ったらパンフレットをもらおう
東京女子体育短期大学のパンフをもらう