戸板女子短期大学の先輩・先生の声

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

東京都 私立短期大学

戸板女子短期大学

パンフレットをもらう

戸板女子短期大学 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
03-3451-8383(入試・広報部)  
E-mail
ao@toita.ac.jp  
URL
http://www.toita.ac.jp/  

先輩の声

広報プレスの仕事を支えているのは「戸板」の幅広い教養です!

冨田 紗耶 さん / (株)ウィゴー勤務 プレス/服飾芸術科/2013年3月卒

先輩

カジュアルブランド「WEGO」でプレスを担当しています。
イベントや展示会、広告の撮影など、広報・プロモーションの最前線で飛び回る毎日です。
いま、仕事で心がけているのは、プレスとして吸収した情報をよい形で活かしていくこと。
戸板で身につけたファッション関連のスキルをはじめ、マナーやホスピタリティなどの幅広い教養がいかに大切か、社会人となり改めて実感しています。
プレスにはスタイリストや編集の方から得たトレンド情報、実際に求められている肌で感じた情報を社外だけでなく社内にも発信していく重要な役割があると考えています。
入社して経験を積み重ね、責任の大きい仕事も任せてもらえるようになり、仕事のやりがいはどんどん大きくなっています。
戸板を一言で言うと、「アットホームな家族」のような存在です。学校は本当に楽しかったです!

(掲載年度:2016年度)

戸板での学びと出会いに導かれ憧れの客室乗務職に!

鈴木 比奈子 さん / 全日本空輸株式会社(客室乗務職)/国際コミュニケーション学科/2015年3月卒

先輩

戸板には、オープンキャンパスで先生から授業やCAの話を聞いて入学しましたが、
一緒にCAを目指す仲間に恵まれました。
就職活動では、インターンシップ、空港研修の経験から意欲がUP!
就職対策や先生方の手厚いサポートでCAの夢を実現しました。
現在、客室乗務職として機内で様々な業務を行っていますが、
日々の業務の中で使うような専門用語など、在学中の学びとつながることもしばしば。
戸板の実践的な学びをあらためて感じています。
専門知識のほかにも仕事で壁にぶつかった時は、「CA・GSスタディ」の授業で学んだ“CA”の心構えが支えになりました。
戸板では、勉強だけでなく課外活動に積極的に参加し、多くの出会いに恵まれたことで視野が大きく広がったと思います。
現在の仕事に、戸板の2年間のすべてが活かされていると実感しています。

(掲載年度:2016年度)

子どもたちに安全でおいしい給食を届けていきたい!

吉田 未来 さん / フジ産業株式会社 港区立白金保育園(栄養士)/食物栄養科/2013年3月卒

先輩

保育園で子どもの給食や離乳食の調理を担当しています。子どものことを考え、野菜の大きさや固さ、アレルギーに注意を払い、おいしく食べやすいように調理しています。
日々の作業の中で役立っているのが、戸板の調理実習などで身につけた技術です。
時間に追われての作業で大変なこともありますが、自分で考えた時間配分で調理を進め、計画通りに全てが終わり、おいしく給食を作ることができた時にはうれしくやりがいを感じます。
戸板では、友達と一緒だから大変な勉強を頑張ることができました。進路などを先生方に気軽に相談できるのも戸板の魅力!!
今後の目標は、献立作成や栄養指導に携わること。現在の仕事で経験を積み重ねながら、バリエーション豊かな献立作成ができるようになりたいと思っています。

(掲載年度:2016年度)

▲ 戸板女子短期大学の先輩・先生情報トップへ

先生からのメッセージ

ファッションのすべてを体系的に学べる環境

小泉 きよみ 先生

先生

裁縫学校として創立された本学の原点とも言える「モノづくり」の精神を大切に、ファッションを体系的に学べるカリキュラムを用意しています。将来の目標に応じて5つの履修モデルがありますが、どのモデルを選んでも理論と実践がバランスよく学べるよう工夫しています。

たとえば販売の仕事に就く場合でも。洋服の構造や生地、色彩についての知識があることで、質の高い仕事ができるからです。不器用さんでも大丈夫。大事なのは「ファッションが大好き」という気持ちです。意欲のある学生の入学をお待ちしています。

(掲載年度:2016年度)

人生とともに成長できる、栄養士の仕事の奥深さ

谷口 裕信 先生

先生

人々が健康な生活を送るために、栄養面から貢献するのが栄養士の仕事。結婚や子育てなど、ライフステージが変化することに新たな視点を見つけて成長できる、とくに女性にとって意義深い資格でもあります。本学科では、食や栄養の分野で活躍するための、基本的な素養をバランスよく身につけた人材の育成を目指しています。

「2年間で社会に出ることができる」のは、短期大学で学ぶメリット。働きながら管理栄養士を目指す先輩も大勢います。「真面目に、しっかり」。学生にはいつも、こんな言葉をかけています。

(掲載年度:2016年度)

英語力とITスキルを磨いて多彩なビジネスシーンで活躍

佐藤 美保 先生

先生

英語力、ITスキル、そしてコミュニケーション能力は、今や社会のあらゆる分野で必要とされるものです。とくに、英語力については「間違いを恐れずに積極的に発言する」ことをモットーに、将来の進路に応じた内容の授業を展開することで「話す能力」の向上を実現しています。

戸板の伝統であるマナー教育や、4年生大学への編入学や海外留学を希望する学生のフォローも充実。グローバル社会で輝くための知識と教養、そしてホスピタリティ(おもてなし)を学び、多様な選択肢から「あなたらしい」将来を見つけてください。

(掲載年度:2016年度)

▲ 戸板女子短期大学の先輩・先生情報トップへ

戸板女子短期大学に興味を持ったらパンフレットをもらおう
戸板女子短期大学のパンフをもらう