千葉経済大学短期大学部の先輩・先生の声

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

千葉県 私立短期大学

千葉経済大学短期大学部

パンフレットをもらう

千葉経済大学短期大学部 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
043-255-4363(入試広報センター)  
E-mail
tnyushi@cku.ac.jp  
URL
http://www.chiba-kc.ac.jp/  

先輩の声

2年間だから頑張れた!

T さん / ビジネスライフ学科 2015年卒業 千葉銀行 勤務

先輩

 幅広いカリキュラム、多くの資格取得が目指せ、就職したい企業に必要な知識や資格が取得できるから千葉経済大学短期大学部に進学しました。資格を取得すると奨励金をもらえる制度などもあり励みになりました。
 就職活動ではキャリアセンターの方に企業ごとに面接練習をしてもらったり、男女や年齢差をつけて面接練習をしてもらったりしました。様々な角度から練習を積むことで本番は落ち着いて臨めたと思います。私の場合は、2年間という短い期間だからこそ明確に目標意識をもって資格取得や就職活動に向かい努力で来たと思っています。

(掲載年度:2015年度)

公立保育所の採用試験について

Mさん さん / こども学科保育コース 2015年卒業 公立保育所勤務

先輩

 オープンキャンパスで受けた授業がとても楽しくて2時間の通学時間を2年間通いました。
 「保育士になりたい。どうせ働くなら待遇の良い公立園で」との思いは高校時代から決めていました。公立保育所の採用試験は、高校程度の知識が問われることが多いと聞き、高校時代もなるべく苦手を作らないよう取り組んでいました。
 公務員試験への勉強は短大の2年生になってすぐに始めました。私の受験した市は一次は一般教養のみ。二次試験は面接のみでしたが、他の市への対策のため苦手だった作文は短大の先生に何度も見ていただきました。一次試験に合格後、「どうしても合格したい」という思いが強くなり、面接練習は複数の先生にお願いして付き合っていただきました。公立保育所の良いところは、待遇面ももちろんですが、私立園のように独自の方針ややり方があるのではなく比較的自由で、一人ひとりの保育士の力が発揮できる点が大きな魅力だと感じています。なるべく自由で子どもを叱らない保育をしたいと思っています。公務員採用試験は「難しい」と思う方も多いと思いますが、受験する市区町村によって試験の内容は異なります。少しでも興味のある人は、あきらめずに調べることから始めてみてください。

(掲載年度:2015年度)

採用試験対策がとても役にたちました

Aさん さん / こども学科 初等教育コース 2015年卒業 千葉県公立小学校勤務

先輩

 なるべく早く社会に出たいと思い短大を選びました。千葉経済短大には千葉県・千葉市の小学校教員採用試験において学校推薦制度があることも学校選びの決めてとなりました。学校推薦の選考には小論文試験があるので、学内の対策講座を受講し準備しました。
 短大で小学校教員を目指すのは不安だという人もいるかもしれませんが、私は、千葉県教育委員会が行っている「教職たまごプロジェクト」やボランティアに参加し経験を積むことができました。また2次試験の前には、夏休みに先輩方と学校に集まって対策講座を行いました。このように、先生方、先輩方との距離が近くアットホームな点が本学の魅力だと思います。
 20歳で教壇に立つことに緊張もありますが、キチッと子どもたちを叱れる先生を目指したいです。 

(掲載年度:2015年度)

▲ 千葉経済大学短期大学部の先輩・先生情報トップへ

先生からのメッセージ

小さな学園であるからこそ、できること。

佐久間 勝彦 先生

先生

 私たちの学園は「スモール イズ ビューティフル」をモットーに掲げています。日本では高度成長期以来、「大きいこと」はいいことだと考えて、「成長=規模が大きくなること」を追求してきました。しかし、私たちの誇りは「小さな学園である続けること」です。学生一人ひとりに目を配って「かけがえのない個性」を輝かせる。それは小さな学園だからこそできることです。
 本学での2年間、学生は思う存分に学んで花を咲かせ、社会に羽ばたいていっています。「スモール イズ ビューティフル」学生のさわやかな笑顔があふれるキャンパスです。

(掲載年度:2016年度)

実習に臨む学生に伝えていること

小倉 定枝 先生 / こども学科

先生

 実習は、保育所で行う保育実習、児童養護施設や障害児施設などで行う施設実習、幼稚園・小学校で行う教育実習からなり、保育者・教育者の職務、子どもの生活、地域の子育て支援事業などについて実地に学習する場です。
 こうした体験的学習を経ることで大学での学習の成果が現場に生きる「実践力」に代わって行きます。
 本学では一つ一つの実習をより効果的で意味あるものにするため実習前後に指導・ガイダンスを十分に行い、さらに体験を記録集「ひろはら」にまとめています。

(掲載年度:2016年度)

ユニット方式を導入。目標を明確にした学び方です

小澤 慶和 先生 / ビジネスライフ学科

先生

 ビジネスライフ学科では2014年度からカリキュラムを大きく改編し、2年間という時間を有効活用して将来に直結する実践的な学びの場に生まれ変わりました。
 ビジネスに関する基礎知識を身につける講座、紹介人として必要なスキルをしっかり磨く講座、さらに難易度の高い資格にチャレンジするための講座、これらは、どのような人材が求められているかを徹底的に調査し、ニーズに答えて開設したものばかりです。
 選択できるユニットは26以上。取得できる資格は、司書、簿記、医療事務、マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)、国内旅行管理者、ファッション関連、アシスタントブライダルコーディネーターなどに今年はより発展的な資格が加わります。
 これらの資格を取得したい人はもちろん、「まだ何をしたいかわからない」という人でも大丈夫。社会に出るための資格に加えて、豊かな人間性も同時に育てて皆さんを社会に送り出します。

(掲載年度:2016年度)

▲ 千葉経済大学短期大学部の先輩・先生情報トップへ

千葉経済大学短期大学部に興味を持ったらパンフレットをもらおう
千葉経済大学短期大学部のパンフをもらう