群馬医療福祉大学短期大学部の先輩・先生の声

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

群馬県 私立短期大学

群馬医療福祉大学短期大学部

パンフレットをもらう

群馬医療福祉大学短期大学部 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
0120-870-294(アドミッションセンター)  
E-mail
nyushi@shoken-gakuen.ac.jp  
URL
http://www.shoken-gakuen.ac.jp  

先輩の声

色々なコミュニケーション手段を学んだ分、色々な支援ができるようになる。

境 真緒 さん

先輩

2年間で介護福祉士の資格取得を目標に日々の勉学に励んでいます。難しい内容の講義もありますが、先生方の現場経験を基にした講義で、楽しく学ぶことができます。生活支援の授業だけでなく、手話や点字といった授業もあり、障がいを有する方のコミュニケーション手段を実践的に学べ、支援の幅を広げることもできます。また、高校までとは違い、授業の空き時間があるため、課題をしたり、友人と出掛けたりするなど時間を有効的に活用しています。入学した当初は、新しい環境で不安ばかりでしたが、優しい先生方や友人たちとともに楽しい学生生活を送っています。

(掲載年度:2016年度)

正しい応接マナーも相手をおもいやる気持ちがスタート。

松本 小奈津 さん

先輩

病院の電子化に伴い、医療事務の授業でもパソコンや専用ソフトを使用した授業が中心となります。また、医科の事務だけではなく、歯科・調剤・介護に関する事務の勉強もします。さらに接遇の授業もあり、病院での応接マナーについても学んでいます。幅広い分野の知識が求められるため、勉強量も多くなりますが、授業は少人数で行われているので、質問しやすい環境が整っています。学校生活では、学年や学部を越えた友人がたくさんできました。多くの友人と出会えたことにより自分の世界が広がり、毎日学校に来るのが楽しくなりました。

(掲載年度:2016年度)

大学生活4年間を「2年+2年」で学び、目の前の目標に集中できることが最大のメリットです。

伊澤 健太郎 さん

先輩

私は短期大学部の2年間で介護福祉士の資格取得と、大学編入後に社会福祉士の資格取得を目指しています。そのため授業は空き時間が少なく大変ですが、まず「介護福祉士」を取る、という明確な目標が持てるので、充実した大学生活を送っています。高校までとは違い、グループワークやロールプレイ、パワーポイントを用いた発表など、動きのある授業が行われています。忙しい中にも自分で時間を作り、アルバイトや友人との時間を作ることも十分可能です。サークルでは先輩方との交流もあり、毎日をとても楽しく過ごしています。

(掲載年度:2016年度)

▲ 群馬医療福祉大学短期大学部の先輩・先生情報トップへ

先生からのメッセージ

医療の知識も身に付けた介護のプロを育てます。

松ア 圭子 先生 / 医療福祉学科 介護福祉コース

先生

 自宅で介護を受けながら暮らす人には喀痰(かくたん)の吸引や経管栄養を必要とする方が多くいらっしゃいます。このような方々には日常生活をサポートする介護職と、療養面をサポートする医療職が連携してケアを提携する必要があります。本学では、医療職と連携して行う医療的ケアの知識・演習を行い、介護を必要としている方々やその家族が安心して過ごせる支援ができる介護職の養成を目指しています。

(掲載年度:2016年度)

「共感力」を養う授業を展開します。

片桐 幸司 先生 / 医療福祉学科 医療事務・秘書コース

先生

 皆さんは「困ったな〜」と感じたとき、どうしてもらうと助かりますか?困っているとき、「自分の思いが分かってもらえる」とすごく救われた気持ちになりますよね。これを支援の場では「共感」といいます。医療をはじめ、福祉や介護の現場では、共感する気持ちがとても大切です。私の授業「認知症の理解」は、介護福祉士や医療事務を目指す学生が履修しています。認知症の人が「どんなこと」に「どんな風に」困っているのかを理解して、必要な支援を考えることの学びに重点を置いています。

(掲載年度:2016年度)

自分なりの支援を追及してください。

柳澤 充 先生 / 医療福祉学科 福祉総合コース

先生

 今日、何かの課題が生じて生活の営みに困難が生じた方々に対し、さまざまな福祉従事者が専門性を発揮し支援にあたっています。福祉における支援とは、「その人がその人らしく生活を送ることができるように支えること」と言えます。よって、「その人らしい生活」が何かわからないと支援できない、ということになります。また、支援者には専門的な知識・技術、専門職としての価値・倫理が必要になります。本コースで「介護福祉士」並びに「社会福祉士」の専門性を学び、「その人らしい生活とは何か」を自分なりに追求することを期待しています。

(掲載年度:2016年度)

▲ 群馬医療福祉大学短期大学部の先輩・先生情報トップへ

群馬医療福祉大学短期大学部に興味を持ったらパンフレットをもらおう
群馬医療福祉大学短期大学部のパンフをもらう