名古屋商科大学の先輩・先生の声

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

愛知県 私立大学

名古屋商科大学

パンフレットをもらう

名古屋商科大学 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
0120-41-3006(渉外部門 入試広報担当)  
E-mail
nyushi@nucba.ac.jp  
URL
http://www.nucba.ac.jp  

先輩の声

就職内定・豊橋市役所/充実した学生生活から得た人間関係が内定獲得に繋がりました

田中 信元 さん / 経営学部

先輩

行政・公務員に関心を持ち、この度、豊橋市役所に内定しました。就職活動では、絶対的な自信を持つことが大切だと思います。大学では準硬式野球部に入部して選手だけではなく、野球連盟で学生委員長としても活動してきました。その他にも国際ボランティアプログラムや、後輩の学生生活を支援するサポーターとして活動してきました。こうした大学での活動を通じて良き人間関係を築き上げ、またそれが自信にもなり、内定に繋がったと思います。

(掲載年度:2016年度)

就職内定・ソフトバンク(株)/インターンシップで学修の成果を発揮して内定を獲得できました

橋 行也 さん / 経営学部

先輩

インターンシップで学修の成果を発揮して内定を獲得できました
振り返ってみると、インターンシップでの経験が内定に繋がったと思います。
私は名古屋商科大学ではマーケティングのセミナーに所属しており、マーケティングに関しては誰にも負けない自信がありました。インターンシップは様々な大学の方と行いましたが、マーケティングの知識をインターンシップでも発揮することができ、強く私自身をアピールすることに繋がったと思います。

(掲載年度:2016年度)

▲ 名古屋商科大学の先輩・先生情報トップへ

先生からのメッセージ

実在企業を題材にマーケティングを学び、活かす

小野 裕二 先生

先生

私が担当する「マーケティング基礎」では、実在する企業や商品などの具体例を通して、マーケティングの考え方を講義しています。理論を頭で理解するのでなく、実際に使ってほしいからです。事例を通して「マーケティング的なものの見方・考え方」を身につけ、ビジネスの現場で役立ててほしいと思っています。
「セミナー(ゼミ)」では、ディスカッションや共同研究に力を入れています。例えば、ある高級ホテルはなぜ顧客満足を維持・向上させることができるのか?といった問題を実在企業を題材に徹底的に討論していきます。
また、大手スポーツ小売会社やJリーグの企業と共同で、経営の現場で実際に起きている諸問題を研究するプロジェクトも実践しています。
このようにセミナーでは、皆で議論する中で分析力、企画力、提案力、コミュニケーション能力を磨き、実社会が求めている人材を育てます。

(掲載年度:2016年度)

自分を見つめ、他者と語り合うことで、将来を設計できる。

伊藤 武彦 先生

先生

ここに音楽好きの学生がいます。彼にとってのキャリアは、何もミュージシャンになることだけではありません。例えば、人と接することが好きでコミュニケーション能力に優れているなら、音楽関連業界の販促や営業の方が向いているのかもしれません。
このように、自分の要望や興味、長所などを整理するだけでも、より具体的で現実的なキャリア設計が可能です。
私の講義では、議論やケーススタディを繰り返し、未来をカタチにするための方法や発想、視点を学びます。その際、大きなヒントとなるのが「客観的な意見」ですから、自分について、人生について、周囲の学生たちと大いに語り合いましょう。そして、講義を通じておもしろいことを発見する能力、チャレンジスピリット、グローバルな視点を身につけてほしいと思います。それらの力があれば将来、想定外の局面に立たされたとしても、楽しみながら乗り越えることができます。
成功者はいつもポジティブで、楽しむことを忘れないもの。肩の力を抜いてキャリア開発や、人生を楽しみましょう。今、想像している将来よりも、皆さんの可能性は大きく、活躍できる舞台は世界中に用意されているのですから。

(掲載年度:2016年度)

ビジネスシーンを「ゲーム理論」の考え方から見る

吉野 一郎 先生

先生

ゲーム理論における戦略的思考という場合、ある状況下で「どのような駆け引きをするか?」といったことを理論的に学びます。
例えば、ある町に企業が店を出す場合、既にある店の「そばに出すか?」「離れて出すか?」。理論的には「そばに出す」方が合理的なのですが、現実的にはそうでないケースがあります。理想と現実のギャップを知ることで、現実への理解が深まります。
実際のビジネスシーンをゲーム理論の考え方から見るということは、取引の中で、どのような局面でもルール?を書き出して、「自分と誰がプレイしているか?」、「なぜこういう状況になったのか?」などを理論的に考えてみることです。そのように理論的な視点を維持しておくことが、問題を解決するのに役立ちます。
また、どんな問題でも、まず自分が納得することが大切です。自分の「経験」に基づいて納得する、「理論」を学んで納得する、という2つの面がありますが、どちらかだけでも納得にはいたらず、「経験」と「理論」の両方から、納得することがで必要です。
ビジネスの場での取引の際は、双方が納得していないといけません。合意点を見いだすためには、「自分の理論」だけでなく「相手の理論」も自然に考えられるようになるのが必要です。

(掲載年度:2012年度)

▲ 名古屋商科大学の先輩・先生情報トップへ

名古屋商科大学に興味を持ったらパンフレットをもらおう
名古屋商科大学のパンフをもらう