法政大学の願書・資料請求情報

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

東京都 私立大学

法政大学

パンフレットをもらう(有料)

法政大学 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
03-3264-9300(入学センター)  
E-mail
NKadm@ml.hosei.ac.jp  
URL
http://nyushi.hosei.ac.jp  

自由を生き抜く実践知

世界は動いている。多様な文化や考え方を持つ、さまざまな人たちによって。
変化を捉えるには、これまでの概念にとらわれない自由な発想が欠かせない。

法政大学は1880年の設立以来、「自由と進歩」の学風のもと、幅広い分野で社会の変革を支える優れた人材を送り出し、文化・スポーツでも寄与してきました。

15学部からなる豊富な学問分野、200を超える部やサークルにユニークな課外活動、東京にある3つの特色あるキャンパス、グローバルな舞台で活躍する人材育成への取り組み。多才な個性が、日本はもとより世界中から、ここに集まってきます。

それぞれの意見、それぞれの発想。自分という枠を超えた、新たな刺激を受け入れることで視野が大きく広がります。一人ひとりが高め合い、時代に応える力を育てます。


法政大学は、文部科学省・平成26年度スーパーグローバル大学等事業「スーパーグローバル大学創成支援(タイプB:グローバル化牽引型)」に採択されました。この事業は、「大学改革」と「国際化」を断行し、国際通用性、ひいては国際競争力の強化に取り組む大学の教育環境の整備を目的する事業に対して、国から重点的に財政支援されるものです。
今回採択された本学の構想名は、「課題解決先進国日本からサステイナブル社会を構想するグローバル大学の創成」です。世界的な規模で多様な研究を本学に集結させ、自然環境のみならず、高度な教育を通じた安定的な経済社会の持続可能性や、長い歴史と多様な展開をしてきた文化の持続可能性を含め、日本だからこそなし得る「日本発」のサステイナブル教育の確立と発信を通じて、我が国社会のグローバル化を牽引する大学を目指します。

法政大学の特長
  • 学生寮あり
  • インターンシップ
  • 個人PC支給
  • 海外研修・留学
  • 独自給付・免除奨学金
  • 企業提携あり
  • 他学部聴講
  • 夜間コース
  • 少人数クラス
  • セメスター制
  • 通信制
  • 学外単独説明会
  • ネット出願
  • 都会にある
  • 自然が豊か
  • 周辺飲食店充実
  • HPパンフあり
  • HP進学相談
  • 学園祭に芸能人
  • テレビドラマ・ロケ

法政大学からのニュース

グローバル人材育成プログラム

法政大学は文部科学省「経済社会の発展を牽引するグローバル人材育成支援」に採択されています。
グローバル教育センターでは同事業を推進するため、語学力の強化、異文化理解、グローバル実践力の強化などを目的として、多彩なプログラムを展開しています。

【ERP(英語強化プログラム)】
ERPは、TOEFL?iBT 39 (PBT/ITP430相当)以上の英語力を備え、英語学習に対して高い意欲のある学生を対象に、グローバル社会で活躍するための英語力を養成するプログラムです。市ケ谷、多摩、小金井のすべてのキャンパスで行われます。授業の空き時間を利用して無料で受講することができ、通常のカリキュラムに加えて、実践的な英語力を効率良く身に付けることが可能です。また、ERP受講生は英語力を測定するため、TOEFL?などを受験できます。
授業は少人数・双方向の形態ですべて英語で行われ、いわゆる英語4技能といわれるlistening、speaking、reading、 writingの能力を身に付けます。技能統合(skills integration)を重視した授業を展開することにより、バランスの取れた確かな英語力を段階的かつ確実に向上させるのが本プログラムの狙いです。

【Gラウンジ】
Gラウンジ(Global Lounge)では、キャンパスにいながらにして、外国人留学生などネイティブスピーカーとの日常的なコミュニケーションの機会を持つことができ、より実践的な語学力を身に付けることができます。Gラウンジは、市ケ谷、多摩、小金井の3キャンパスにそれぞれ設けられているので、開館中はいつでも利用が可能です。
GラウンジはERPや国際ボランティア・国際インターンシップの申込受付窓口となっており、常駐スタッフが問い合わせや相談に応対します。また、英語ネイティブスピーカーの「英語学習アドバイザー」が待機し、英語で話したい、英語の上達方法を教わりたい、海外の文化を知りたいなど、学生のさまざまな希望に応えます。
各キャンパスのGラウンジでは、ビジネス英語やTOEIC?のセミナーも随時開催しており、学生は自由に参加することができます。

多彩な留学制度

【学部独自の留学制度・海外研修制度】
文学部英文学科・経営学部・国際文化学部・キャリアデザイン学部・GIS(グローバル教養学部)・経済学部・社会学部・理工学部・生命科学部では、学部独自のスタディ・アブロード(SA)プログラムがカリキュラムに組み込まれています。法学部国際政治学科のオックスフォード大学で短期研修を行う「Hosei Oxford Programme」や、現代福祉学部のスウェーデンなどの福祉先進国で行う海外研修制度など、学部カリキュラムに見合ったさまざまな研修も行っています。また、社会学部では、春休みもしくは夏休みを利用した単位認定海外短期留学制度を実施しています。

【派遣留学制度】
学部を問わず、2・3年生の応募者の中から選考を行い、 3・4年次に本学と協定を結ぶ海外16カ国40大学へ約1年間派遣する本学独自の留学制度です。 派遣留学
生全員に70万〜100万円の奨学金が支給(返還不要)されるほか、派遣先の授業料は全額免除されます(ただし留学年度の本学の学費は本人負担)。また、留学先の大学で修得した単位は、教授会で審議の上、学部により30〜60単位を限度に法政大学の卒業所要単位として認定されます。留学前の手続きから帰国まで、情報提供や相談など国際交流課スタッフによるきめ細かい支援のもと、留学を実現できます。

【認定海外留学制度】
2年生以上の学生が、一定条件を満たした外国の大学へ1年間私費で留学した場合、留学先で修得した単位を教授会で審議の上、学部により30〜60単位を限度として本学の卒業所要単位として認定しています。希望者は期日までに申請する必要があります。留学期間は修業年限に含まれるほか、最大約90万円の奨学金が支給(返還不要)される制度があります。

法政大学独自の学生支援組織「ピア・ネット」

法政大学では、学生の視点を取り込み、学生が学生を支援する「ピア(Peer:仲間)・サポート」活動を積極的に展開しています。2007年度に文部科学省の「新たな社会的ニーズに対応した学生支援プログラム(学生支援GP)」に採択され、課外教養プログラムやボランティア活動など課外活動を中心にピア・サポート活動を展開してきましたが、年々活動範囲を広げ、現在では多くの部署で500人を超える学生スタッフが教職員と協働でピア・サポート活動を行っています。

各部署で行われているピア・サポートを学生スタッフの連携や情報共有、プログラムの充実を目的として全学的に発展させ、新たにスタートしたのが「ピア・ネット」です。ピア・ネットに所属する学生スタッフは、プログラムの企画・立案はもちろんのこと、教職員との話し合いや外部機関との折衝に至るまで、主体的に運営を担います。こうした活動の中でチームワークやコミュニケーション力を身に付けています。共通の研修会や効果測定テストの実施を通じ、ピア・ネットの学生スタッフ同士の交流も盛んです。

▲法政大学の進学情報トップへ

施設・設備のポイント

市ケ谷キャンパス

施設・設備のポイント1

市ケ谷キャンパスは東京の都心に位置し、ひときわ高くそびえる「ボアソナード・タワー」は周辺エリアのランドマーク的存在。全面ガラスのモダンな外濠校舎、そして2014年春から始まる新校舎の建設により、新世代の都心型キャンパスへと生まれ変わります。
3つのキャンパスの中では在籍する学生数が一番多く、最先端の情報環境が整い、学生生活をサポートする多彩な施設が充実しています。新宿や渋谷などの東京主要エリアへのアクセスも電車で15分程度で、徒歩圏内には神田の古書店街や日本武道館、東京ドームがあり、東京の大学生ならではのキャンパスライフを送ることができます。

多摩キャンパス

施設・設備のポイント2

多摩丘陵の起伏を利用して立体的に設計されている多摩キャンパスは、経済学部棟、社会学部棟のほか、バリアフリーに配慮した現代福祉学部棟、フィットネススタジオを設けたスポーツ健康学部棟と、機能性にあふれる学部専用棟があり、豊かな自然と充実した学習環境のもと、居心地の良いキャンパスライフを送ることができます。
教室の一部はマルチメディア化や遠隔講義に対応し、厚生施設も充実しているほか、ATM、診療所なども備え、安心して過ごせる都市機能も併せ持っています。恵まれた自然の四季折々の風景を楽しむことができ、少し足を延ばすと、高尾山や城山湖、津久井湖、多摩動物公園など東京近郊の名所として知られるスポットも多数。また、教職員・学生は地元である町田、相模原、八王子ほか、各市町との地域交流も盛んに行っています。

小金井キャンパス

施設・設備のポイント3

最先端科学・技術を学ぶ学生が集い、スタイリッシュな校舎と緑が調和した小金井キャンパス。近年、情報・研究・学生生活関連施設の拡充を続け、2011年には北館を竣工し、管理棟に外食チェーンの学生食堂がオープン。2012年には中庭や多目的グラウンドを竣工しました。
学生全員にノートパソコンを卒業まで無償で貸与しており、キャンパス内のほぼ全エリアで無線LAN接続が可能です。そのほか、学生証に内蔵されたICチップによる出席管理システムなど、理系学生のための充実した学びと快適なキャンパスライフを送る環境が整っています。
近隣の玉川上水や都立小金井公園などの自然を感じながら、若者に人気の街である吉祥寺や都心の新宿へのアクセスも便利なロケーションです。

▲法政大学の進学情報トップへ

法政大学 キャンパス所在地

  • 市ケ谷キャンパス
    (法学部、文学部、経営学部、国際文化学部、人間環境学部、キャリアデザイン学部、デザイン工学部、GIS(グローバル教養学部))
  • 多摩キャンパス
    (経済学部、社会学部、現代福祉学部、スポーツ健康学部)
  • 小金井キャンパス
    (情報科学部、理工学部、生命科学部)
住所
電話
行き方

▲法政大学の進学情報トップへ

法政大学に興味を持ったらパンフレットをもらおう
法政大学のパンフをもらう(有料)

この学校を見ているひとはこの学校もみています

最近見た学校

くちコミ情報

  • オープンキャンパス・体験入学

    female 高校2年生・女・神奈川県

    奨学金制度が充実しているのと、自由な校風でスポーツでも勉強でも打ち込みやすい環境があると思った。市…
    >> 続きを見る

  • オープンキャンパス・体験入学

    female その他・女・東京都

    多摩キャンパスは、田舎で通うのが結構大変だと思いました。しかし、近くに山があったりして、空気がいい…
    >> 続きを見る

  • オープンキャンパス・体験入学

    female 高校3年生・男・東京都

    敷地が広くて迷ってしまいました。古い建物もあって歴史を感じました。食堂はわりとこじんまりしてました。
    >> 続きを見る