東京女子体育大学の先輩・先生の声

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

東京都 私立大学

東京女子体育大学

パンフレットをもらう

東京女子体育大学 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
042-572-4131(広報課)  
E-mail
pub-info@twcpe.ac.jp  
URL
http://www.twcpe.ac.jp/  

先輩の声

新入職員の「やる気」を活かす(金融機関)

篠塚香菜 さん / 金融機関 体育学部体育学科 平成24年度卒

 教職課程を履修していましたが、大学2年で就職について考え始め、教員ではなく一般企業を志望するようになりました。長く勤められる環境やお客様と触れ合えることから、信用金庫に決めました。
入庫してから4年目、1年半前から人事部に所属しています。新入社員を対象とした研修で業務の事や試験対策などを教える立場ですから、幅広い知識が必要です。研修前はたくさんの資料を読み込み、自分自身も勉強して知識を身につけます。また、教え方の工夫も考える日々。大学の指導論、コーチング論で学んだ教え方の基礎や知識が役に立っています。人事部に配属される前は営業店で実務にあたっていたので、その時の経験を踏まえてわかりやすく伝えるように工夫しています。
4月は不安で自信がなさそうだった新入職員たちが、半年後・1年後に成長した姿を見ると嬉しくなります。

(掲載年度:2016年度)

一人ひとりの能力を引き出す(高校教員)

齋藤紗希 さん / 高校教員 体育学部体育学科 平成23年度卒

 教員になって4年目、現在は保健体育の授業を受け持ち、ソフトボール部の顧問も務めています。
あらゆる競技について生徒に実技指導する際に、大学で学んだ教え方のコツがとても役に立っています。生徒一人ひとり、それぞれ理解の仕方が異なるので、伝え方に工夫が必要です。その中で分かってもらえたときに達成感と喜びを感じます。
教える立場の人間に必要なことは一人ひとりを見る能力だと思います。大学の4年間を通して、その力を身につけることが出来ました。高校までと違って、年齢も専門も異なる様々な人と関われることが大学のよいところだと思います。
私は、中学時代から続けていたソフトボールができることが魅力で東京女子体育大学に進学しました。教職と部活の両立も、授業をしっかり受けていれば大丈夫でしたし、むしろ面白かったとです。望んでいた教員という仕事に就き、毎日が充実しています。

(掲載年度:2016年度)

▲ 東京女子体育大学の先輩・先生情報トップへ

先生からのメッセージ

体育指導者に必須の知識で指導力に深みを加える

中本哲 先生

 スポーツ生理学とは、運動することによって脳、筋肉などの体の機能がどう変化するかを学ぶ授業です。体育大学ならではの学びで、特に指導者には必須の知識です。正しい技術を身に付けるための助けにもなってくれます。生理学というと堅苦しく感じがちですが、授業や研究は、一つひとつの謎を解き、一つひとつをクリアする、謎解きゲーム感覚で取り組むと面白いですよ。本学から国立の大学院に進む学生もいますし、そのための指導もしています。

(掲載年度:2016年度)

今、自分が何をするべきか常に振り返り経験を積む

八尾泰寛 先生

 ハンドボールの授業は未経験者も多いので、基本技術からスタートし、応用技術、最後は楽しくゲームができることを目標に進めています。本学の学生は教員をめざす人が多いのですが、優れた指導者になるためには、ただ漠然とスポーツをするのではなく、一年一年を振り返りながら、今、自分が何をしなければいけないかをつかんだ上で経験を積むことが必要です。この経験は社会にでてから必ず活きるので、それだけはしっかり指導していきたいですね。

(掲載年度:2016年度)

「個性」と「人間性」を磨くことが指導力の礎に

小野田佳子 先生

 私が担当している「体つくり運動」は、体育の指導者をめざす学生のための授業です。世の中は運動が得意な人ばかりとは限りません。そんな人たちの心と体をほぐして、動くことが楽しい!と感じてもらうこと。体力を高めるために必要な力は何か、またその力がどうすれば高まるのかを理解し、実践的な授業プログラムを立てること。その2つを、学生自身が真剣に楽しく学びます。途中で投げ出さず、お互いに助け合い、コミュニケーションを取ることも授業を通して学ぶ大切なことですね。知識や技術力だけでなく、その人なりの個性や人間力を磨くことが、指導力の基礎を作るのだと私は考えています。本学の学生たちはみんな元気で優しく、きっと魅力あふれる良い指導者になってくれると信じています。動くことが好きで、誰かを笑顔にしたいという志のある方に、ぜひ本学に来て一緒に学んでほしいですね。

(掲載年度:2016年度)

▲ 東京女子体育大学の先輩・先生情報トップへ

東京女子体育大学に興味を持ったらパンフレットをもらおう
東京女子体育大学のパンフをもらう