常磐大学の先輩・先生の声

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

茨城県 私立大学

常磐大学

パンフレットをもらう

常磐大学 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
029-232-0007(常磐大学・常磐短期大学アドミッションセンター)  
E-mail
kouhou@tokiwa.ac.jp  
URL
http://www.tokiwa.ac.jp/  

先輩の声

「栄養教諭」という仕事との出会いは、常磐大学のオープンキャンパスでした

中村 絵理香 さん / 茨城県公立学校栄養教諭・健康栄養学科卒・茨城県 水戸桜ノ牧高校出身

高校時代から食や健康に興味があり、地元で就職したいと考えていたため、常磐大学のオープンキャンパスに参加。そこで初めて栄養教諭という職業を知りました。その時は聞き慣れない仕事だと思いましたが、入学後に栄養教諭として活躍されていた先生の授業を受け、成長期に行う食育の重要性を強く感じ、子どもたちの望ましい食習慣の形成に携わりたいと考えるようになりました。友人たちの就職活動が順調に進む中、教員採用試験は試験日が遅いため一人で勉強し続けなければならず大変でした。3年生の春休みもほぼ毎日大学に通い、4年生の春からは図書館が閉まる時間まで勉強しました。自信をなくしそうになった時、指導教員の吉野先生が励ましてくださり、何度も相談に乗ってもらい、支えていただきました。教員採用試験対策講座を受講したり、小論文や個人面接、集団討論を繰り返し練習したことで、自信を持って本番に臨むことができました。

(掲載年度:2017年度)

憧れていた「警察官」になるための準備がしっかりとできました

岩渕 良伽 さん / 警視庁・心理学科卒・東京都 工学院大学附属高校出身

私の両親が警察官で、高校生の頃からこの職業に憧れを抱いてきました。大学は、推薦入試でできるだけ早く決めたいと考え、塾の先生の勧めもあって、常磐大学を選びました。法律などの知識は警察学校でも学べると考えていたので、大学では興味のあった心理学科を専攻。人の行動を紐解く「行動分析」を中心に学びました。学生時代は、はじめて親元を離れて一人暮らしをしたので、家族のありがたみを改めて感じることができました。また、大学で他県の人たちと知り合うことで、さまざまな価値観に出会うことができました。一次試験対策は特に大変で、行き詰まることもありましたが、一緒に勉強してくれる友人がいてくれたおかげでリラックスできました。内定の決め手は、自分を飾らず素直に質問に答えられたことだと思います。最終的に頼りになるのは自分自身です。皆さんも自分に自信を持ち、後悔のない進路を選択してください。

(掲載年度:2017年度)

「形のない安心」をお届けする金融業界を志望し自分のペースで就職活動をすることができました

渡辺 真帆 さん / 第一生命保険株式会社・地域政策学科(現:総合政策学部総合政策学科)卒・茨城県 日立北高校出身

大学でボランティア活動や地域活動に参加し、誰かの役に立つことや地域社会に貢献することにやりがいを感じた私は、「形のない安心」をお届けする金融業界に進みたいと思うようになりました。その後、内定先の会社説明会に参加。社風や働き方に魅力を感じ、選考に応募しました。就職活動中にお世話になったのは、指導教員の砂金先生(総合政策学部総合政策学科)です。相談に乗っていただいただけでなく、履歴書やエントリーシートの添削もしていただきました。ゴールデンウィーク中など、大学が休みの時もメールで添削をしていただいたりと、きめ細かなサポートをいただき、心強かったです。就職活動が解禁すると、キャリア支援センターが混み合うと予想していたので、3年生の春休みからキャリア支援センターに通い、スタッフの方に相談に乗っていただいたり、情報を集めたりしました。早めの行動を心掛けたおかげで慌てずによいスタートが切れました。皆さんも一人で抱え込まず、ぜひ早い時期から活用してみてください。

(掲載年度:2017年度)

▲ 常磐大学の先輩・先生情報トップへ

先生からのメッセージ

その人が持っている力を発揮して、健康な生活を送るための看護を一緒にしていきましょう

村井 文江 先生

「看護って何をするの?」と問われたら、皆さんはどのように答えますか?
看護は、その人が持っている力を引き出し・力づけ、その人らしく健康に生活できることを支援していきます。健康は、病気であるかないかに関係なく、その人が身体も心も、そして社会的にも穏やかに生活できている状態です。治療等の進歩により、以前は治らない病気も治るようになりました。しかし、それだけでは健康とは言えないかもしれません。
看護学では、その人らしく幸せに生活・人生を送ることができることを支援するために、根拠に基づいたケアについて学んでいきます。そして、常磐大学で看護を学んだ皆さんが、自信を持って自分の看護について語ることができる看護師になれることを目指しています。

(掲載年度:2017年度)

法律や行政の知識を生かして、安心・安全な社会の実現に貢献しよう

岩田 温 先生 / 法律行政学科

「法律」(自治体の条例)に基づいて人々の生活の豊かさ、安全・安心を実現するのが「行政」です。この原則にちなんで命名された法律行政学科は、国や地域で幅広く展開される行政の活動に自分の能力を発揮したい人、身につけた論理的な思考力を駆使して民間企業で働きたい人のための学科です。例えば都道府県庁や市町村役場で働く人、警察官、消防士として働く人、法律・行政の知識や考え方を生かしてビジネスの世界で活躍する人を育てます。さあ一緒に学びませんか。

(掲載年度:2017年度)

情報化社会、国際社会を生き抜くコミュニケーションの達人を育成します

石川 勝博 先生 / コミュニケーション学科

私たちは、コミュニケーションをせずには生きられません。当学科では、メディア・コミュニケーション(メディアデザイン、メディアの影響力)、対人コミュニケーション(人間関係の心理、言葉のやり取り)、グローバルコミュニケーション(英語、英語教育、英語圏の文化)を学ぶことができます。生涯にわたって役立つ「コミュニケーション能力」を身につけてください。

(掲載年度:2017年度)

▲ 常磐大学の先輩・先生情報トップへ

常磐大学に興味を持ったらパンフレットをもらおう
常磐大学のパンフをもらう