北海道情報大学の先輩・先生の声

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

school

北海道 私立大学

北海道情報大学

パンフレットをもらう

北海道情報大学 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
0120-83-4411(広報室)  
E-mail
koho@do-johodai.ac.jp  
URL
http://www.do-johodai.ac.jp/  

先輩の声

システムに関する知識や技術、プレゼンのノウハウなど情報大で養ったものが役立っています

佐々木 穂果 さん / システム情報学科 / 2014年3月卒業

先輩

竃k海道キューブシステム 勤務
ITソリューション・サービス第2部

スーパーレジのシステム開発などを担当しています。いつどのような商品がいくつ売れたか、時間、割引、季節との関係を分析するなど、クライアント企業によって機能の要望が異なるので、毎回試行錯誤しながら対応しています。納品後、たまにプライベートでスーパーを訪れ、レジでシステムがきちんと機能しているのを確認すると、やはり嬉しいですね。

最近では1年がかりのプロジェクトを任されるなど、周りからの信頼が大きくなっていることも感じ、やりがいが増しています。情報大ではシステムを基礎からしっかり学べたのが今の仕事に役立っていると思います。
また教職課程(情報・数学)の履修や、ゼミでプレゼンテーションを何度も繰り返し行った経験は、人に説明するときのポイントを押さえるという点で生きていると思います。

実は「直感」で決めた情報大進学でしたが、今は情報大でよかったと、心からそう思います。

(掲載年度:2017年度)

よりよい医療の実現をめざし、私は事務の立場から患者さんをサポートしています

服部 唯 さん / 医療情報学部 / 医療情報学科 2014年3月卒業

先輩

江別市立病院 勤務
事務局 医事課 医事係

私は医事係で主に保健センターの健康診断や予防接種のスケジュール調整・費用計算をしたり、事務用品の管理などを行っています。時には医療チームとの会議に事務方として参加することもあります。医師や看護師と専門的な話をするためには常に勉強を怠ることはできませんが、情報大学で臨床医学など基礎を学んだ経験があるので随分助かっています。
振り返ってみて、医療の仕事をする上でこのことは本当によかったと思っています。就職に関しては、在学中に「医療情報技師」と「診療情報管理士」の資格を取得したことがアピール材料になりました。医療とともにITを学んでいたことで、電子カルテもすぐに対応できるというのが強みになりました。いろいろ指導していただいた先生方には大変感謝しています。親身な先生が、一人ひとり面倒をみてくださる、そんな環境も情報大学の大きな魅力だったのだと実感しています。

(掲載年度:2017年度)

学生時代のプロジェクト活動で身についた行動力を生かしてディレクションをしています

杉澤 愛美 さん / 経営情報学研究科(修士課程)クリエイティブメディア分野 2012年3月卒業(情報メディア学科 2010年3月卒業)

先輩

潟Mアエイト(GEAR8)勤務
ウェブディレクター

クライアントとの打ち合わせ、スケジュール・進行管理、デザイナーへの指示などディレクターの担当領域は幅広くて、Webサイトのリニューアルを発注されたら、その業界を研究し、経営状況を調べて、改善案まで提案することもあります。その結果、より良いものができたり、私の意見で新しい仕事が動き出したりするとうれしいですよね。
思い起こせば学生時代、プロジェクト活動で、企業と協力してWebコンテンツをいろいろ作りましたし、大学院ではデザインの力斗価値を研究し、トマト農家とケチャップのパッケージやパンフレットを制作して販売にも取り組みました。とにかく一生懸命な私を先生はしっかり見てくれて、次々とプロジェクトに誘ってくれました。そうした経験があるから今があると感じています。

(掲載年度:2017年度)

▲ 北海道情報大学の先輩・先生情報トップへ

北海道情報大学に興味を持ったらパンフレットをもらおう
北海道情報大学のパンフをもらう