かしこく利用する!奨学金ガイド

  • 保護者の方
  • 教諭の方
  • 編入学希望の方
  • スキルアップ希望の方

かしこく利用する!奨学金ガイド。返さなくてよい奨学金って?

「奨学金って、聞こえは良いけど結局は借金だよね?」「卒業後、返せるかどうかが不安で奨学金を利用できない…」そんな風に考えている人も多いのではないでしょうか?
政府主導の給付型奨学金の創設が議論されているとは言え、未だに日本の奨学金の大半は借りるタイプのもので、後々返さなくてはならない性質のお金となっています。
ですが、世の中には“返さなくてよい”奨学金も数多く存在します。
奨学金について正しい情報を学び、必要費用を抑えての進学を実現しましょう!

これが本命!? 給付型奨学金

給付(給与)型奨学金とは、“返さなくてよい”奨学金の代表とも言える奨学金制度です。

名前の通り、採用されると一定金額を“もらえる(給付される)”奨学金制度で、基本的に返済(返還)の必要はありません(返済不要)。

返済不要というメリットがある分、採用基準は高めで、成績優秀、品行方正、健康状態良好などの応募条件がつけられていることが多いようです。

また、出身校や在籍校の推薦が必要であったり、給付対象の高校、大学が指定されていたり、対象地域や分野が限定されていることもあるので、利用を希望する場合は、事前に奨学金実施団体に問い合わせをして、詳しい応募条件を確認しておく必要があります。

採用人数が少なめなことも多いので、早めに情報を入手して、準備を整えていきましょう。

奨学金給付団体は、進学先の学校や地方公共団体、公益法人、民間企業等の各種団体等となっています。地方自治団体の返済不要な奨学金は、都道府県よりも、若者の地元定着を希望する市区町村の方が多く制度を持っていると言われていますので、地元の役所等に問い合わせてみてもよいでしょう。

キミも使えるかも! 免除・減免型奨学金

免除・減免型奨学金とは、入学金や授業料などの学費の一部または全部を“支払わずに済ませてもらえる(免除する)”タイプの奨学金制度です。

その性質上、学校独自の奨学金制度として用意されるのが一般的で、給付型奨学金と比べると、比較的採用の条件が緩やかになっています。

良くある条件としては、入学時や入学後の成績が指定条件以上、学校指定の資格を取得、スポーツや芸術の全国大会で上位入賞、親兄弟の卒業校に入学、などが見受けられ、入学金や授業料の一部または全部が免除されます。

思いがけない条件で利用できる可能性もあるので、志望校の奨学金情報は、事前によく調べておきましょう。

デメリットを超えるメリットあり? 返還免除制度

返還免除制度とは、定められた条件を満たすことで、奨学金の一部または全部の返済が免除される制度です。

看護系の専門学校や大学でよく見られる制度で、看護師資格取得後、指定病院に一定年数勤務するという条件を満たすことで、奨学金の返済が免除されるという形式が一般的です。

看護系の他、人手不足に悩む各種業界や、若者の地元離れが進む地方自治体でも同様の制度が用意されていることがあります。また、医学部の地方枠入試に、同趣旨の修学資金貸与制度が付随する場合もあります。

卒業後の就職先が制限される、指定条件を満たせなくなった場合に借入金の一括返還をしなければならない、などのデメリットはありますが、学費を抑えながら有用な資格が取れるというメリットは大きく、利用を検討する価値がある奨学金制度だと言えます。

返還免除(返還支援)制度例

■医療系・福祉系修学資金

医療・福祉系の資格を取得する学校に設けられている制度。その特徴は、地方自治体が指定した施設で働くなどの一定条件を満たすことで、返還すべき修学資金の全額が免除となることです。

制度を利用するための条件は、その地方自治体に居住しているか、または資格取得のための指定養成施設がその自治体にあることなど。自治体によって修学資金を貸し付ける対象資格が異なったり、同じ資格を対象としていても内容が異なる場合があるため、注意が必要です。

医療系・福祉系の専門職を目指している方は、住んでいる自治体や志望校のある自治体でどの資格を対象としているのかを事前に調べておきましょう。

また、大きな医療法人グループや地域の医師会が同様の奨学制度を用意していることもありますので、志望校の奨学金制度の確認もしっかりとしておくとよいでしょう。

【対象資格の例】

医師、歯科医師、薬剤師、看護師、助産師、保健師、作業療法士、理学療法士、臨床工学技士、臨床検査技師、診療放射線技師、言語聴覚士、社会福祉士、介護福祉士、精神保健福祉士、保育士など
※自治体によって対象資格は異なります

■Uターン促進

大都市圏以外の地方自治体では、人口減少に歯止めをかけるため、地元での就職を条件に、貸与型奨学金の「返還金」の一部を肩代わりする制度を設けているところがあります。このタイプには、自治体独自の「Uターン促進」と「地方創生枠」を利用した日本学生支援機構の奨学生に対して自治体が返還を支援するパターンがあります。

■Iターン歓迎

出生地以外の地域で就職することを「Iターン」と呼びます。その「Iターン」を促進するために、貸与型奨学金の返還支援をする制度を設けている自治体があります。最近増えている制度で、勤務先または本社がその自治体にあるなどの条件があります。就職を考える際には、そうした制度の有無にも注意して情報収集に努めましょう。

「地方創生枠」を利用した奨学金制度

「人口減少克服・地方創生」という課題に取り組むため、総務省と文部科学省が連携して平成28年度に創設した奨学金制度。地方自治体が設置する基金が、日本学生支援機構第一種奨学金の利用を希望する学生を地方創生枠で同機構に推薦し、優先的に採用してもらう制度です。卒業後、地元企業に就職すれば、基金が奨学金の全額または一部の金額を本人に代わって返還します。なお、制度の有無、詳細は自治体ごとに異なるので確認が必要です。

  • 推薦人数:1都道府県あたり各年度上限100名
  • 対象学校種:大学、短期大学、大学院、高等専門学校、専修学校専門課程
  • 奨学金の種類:日本学生支援機構第一種奨学金(無利子)
  • 要件:日本学生支援機構一種奨学金の貸与基準および各自治体の基金が定める基準を満たすこと