東京法律公務員専門学校杉並校の就職に強い学校特集

大学・短期大学(短大)・専門学校の進学・進路情報なら進路ナビ
school

東京都 私立専門学校

東京法律公務員専門学校杉並校

パンフレットをもらう

TEL
0120-55-8751(代)  
E-mail
suginami-sinro@all-japan.ac.jp  
URL
https://www.suginami-horitsu.ac.jp/  
東京法律公務員専門学校杉並校の特長
提携賃貸住居あり
最寄駅より徒歩5分内
学費延納制度
独自給付・免除奨学金制度あり
企業提携あり
クラス担任制
文部科学省職業実践専門課程認定校
都会にある
デジタルパンフレットあり

東京法律公務員専門学校杉並校の紹介

学校イメージ

立志舎は、世の中が不況で就職難と言われている時でも、高い就職率を実現してきました。立志舎の卒業生が高く評価されている理由の一つに「社会人力」の高さがあります。それは、コミュニケーション能力の高さ、常に努力を続ける姿勢、チームワークへの取り組み方といった、社会で活躍するために欠かせない能力を身につけているという評価です。学生を、学生のまま卒業させるのではなく、社会人として送り出す。それが、立志舎が実践している教育です。
また、立志舎の2年制以上の学科は「職業実践専門課程」に認定されています。仕事に役立つ実践的なカリキュラムの編成はもちろんのこと、実習やインターンシップなどでも幅広い業種の、たくさんの企業や官公庁と連携し、仕事力を高めることができます。グループ各校で学内就職セミナーや官公庁説明会を開催するなど、就職や公務員試験合格にもつよい味方になっています。

本学の「ゼミ学習(R)」があなたの実力を伸ばす!

立志舎ではすべての授業でゼミ学習を行っています。クラスをグループに分けて「ゼミ」をつくって学んでいきますが、通常のグループ学習と違い、学生たちはその中で自由に話し、教えあいながら勉強していきます。よく理解できなかったところや疑問点をすぐにゼミの仲間と相談することができるので、楽しく学べます。教える側に回った学生も、さらに理解を深めることができ、お互いが良い影響を与えあって、全員の実力を大きく伸ばすことができるのです。
立志舎が開校以来ずっと取り組み、改良を重ねてきたゼミ学習は、今注目されているアクティブラーニングのひとつです。ゼミ学習の大きな特長は「お互いが教えあう」ということ。米国の研究データによると、学んだことが一番定着するのは「他人に教える」ことなのです。本学の「ゼミ学習」によって、自然と実力がアップし、さらにコミュニケーション能力、表現力、リーダーシップ能力も身に付きます。

▲東京法律公務員専門学校杉並校の進学情報トップへ

公務員コース担当教員より一言

講義する時間よりもゼミ学習の時間を長くとる

ゼミ学習は、教えられるのではなく、学生が自ら考え、勉強できるようになるための学習方法です。私は、講義する時間よりも、ゼミ学習でお互いに相談しあう時間をなるべく多く取りながら、あまり活発になっていないゼミには積極的に声をかけたり、定期的にゼミメンバーを入替えたりしながら、学生同士のコミュニケーションが高まるように働きかけをしていきます。私たち教員を信頼してもらうことがとても大切なので、休み時間や放課後などの学生との会話を通してコミュニケーションを深めていくことも心がけています。

▲東京法律公務員専門学校杉並校の特集ページトップへ

先輩の声

人々の安全を守る消防官として誇りを持って仕事をしています。

T・Kさん
東京消防庁に勤務

消防は、火事や災害の現場に行って人を救助するなど、人々の安全を守る仕事です。私は父が消防官として働いていることもあり、子どもの頃からずっと消防官になろうと思っていました。火災、救助など、現場へと出場するたびに、消防官の仕事のやりがいを実感しています。消防の仕事にはコミュニケーションが大切です。チームで動くということもありますが、都民の方々とコミュニケーションをとって、防災の大切さを理解していただくことも大切な仕事。消防官としての誇りを持って今後も仕事をしていきたいと思います。

▲東京法律公務員専門学校杉並校の進学情報トップへ

東京法律公務員専門学校杉並校に興味を持ったらパンフレットをもらおう
東京法律公務員専門学校杉並校のパンフをもらう