大阪アミューズメントメディア専門学校の先輩・先生の声

school

大阪府 私立専門学校

大阪アミューズメントメディア専門学校

パンフレットをもらう

大阪アミューズメントメディア専門学校 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
0120-41-4648  
E-mail
osk-info@amg.ac.jp  
URL
http://www.amg.ac.jp  

先輩の声

誰でも「初めて」はあるから、挑戦すべき!未経験からそれを実践した2年間

土方 裕哉 さん / ゲームグラフィックデザイナー学科 / 株式会社スクウェア・エニックス勤務 / 兵庫県立川西明峰高校出身

先輩

◆子供の頃から好きだったゲームを作る側に
子供の頃から、ゲームをプレイしている時に「自分なら、ここをこんな表現にしたい」「ここはこう変えた方がもっと面白くなるんじゃないか」というような、作り手側の意識でゲームをプレイするのが好きでした。そんな自分が進路や就職を考える時期になり、思い切ってゲーム業界を目指すことにしました。このAMGに進路を決めたのは、「共同制作」というカリキュラムがあったから。ゲーム会社に入るなら、ゲームを作る大変さや、やりがいなどを感じてみるべきだと思い、それを体験できるAMGを選びました。

◆AMGの共同制作が自分を育ててくれた
入学してすぐの夏期共同制作は、わからないところだらけからスタート。修正すべき課題がたくさん見えてきて、やりがいのある素晴らしい経験になりました。冬期共同制作では、3Dエフェクトを担当。毎日のようにプログラマーたちと話し合い、イメージしたエフェクトを妥協せずにゲームへ盛り込むことができ、成長を感じることができたように思います。ゴールとなる春季発表会は、まさに就職活動そのもの。様々な会社の方々に制作したゲームの評価をいただきつつ、自分が担当した部分を説明し、自身を売り込む場でもありました。

◆未経験でも挑戦したから今の自分がいる
今は会社で、MMORPGのモンスターの攻撃系のエフェクトや、ダンジョンのギミックエフェクトなどをやっています。まずは、ボスやダンジョンまるまる一つのコンテンツのエフェクトを担当できるようになりたいですね。そのために、日々知識や絵作りのスキルを磨いています。そんな自分も絵の知識がなかった入学前は、不安を抱えていました。でもそんな自分に対して担任の先生から、「誰でも『初めて』はあるから挑戦するべき」と言っていただいたことが、決意を後押ししてくれました。みなさんも、ゲームが好きで自分も作りたいと思いながら、自分には無理だと感じる方もいるかもしれません。ですが、やってみないとわかりません。その強い想いを抱いてぜひ、ゲームクリエイターへの道に挑戦してください。 ※前身のアミューズメントメディア総合学院大阪校の卒業生です

(掲載年度:2018年度)

プロの現場で学んだガッツを活かして人の心をほぐせる存在になりたい

藤本 葵 さん / 声優学科 / Jac in production所属 / 広島県立向原高等学校出身

先輩

◆人を喜ばせることが好きだった
小さい頃から人を喜ばせることが好きで、いつかエンタテインメントの世界にかかわりたい!と考えていた私にとって、声だけですべてを表現できる声優をいう職業はとても魅力的でした。私にとって進むべき道だと考え、進路に選びました。卒業した今は、Jac in productionという声優プロダクションに所属し、アニメやナレーションなど声のお仕事をしています。このプロダクションを選んだのは、オーディションの時に代表の方の説明に惹かれたから。ぜひ入りたいと強く希望しました。

◆プロの現場で学んだからこそ今の私がある
AMGの2年間で学んだのは、役者としての基礎や考え方です。また産学共同カリキュラムのおかげで、在学中にプロの声優と実際に仕事をすることが出来るんです。プロとの距離が近いおかげで、業界の空気や技術、機材に触れることができました。
中でもいちばん学んだのはガッツかもしれません。壁にぶつかっても負けない力が身についたことで、卒業してからでも頑張ることができ、いまの仕事につながっていると思います。

◆人としてもタレントとしても成長したい
卒業したいま痛感しているのは、仕事をしていく上でコミュニケーション能力がとても大切だということです。在学中には礼儀作法などのコミュニケーションを徹底的に鍛えてもらえます。
これからは、楽しい、面白いという気持ちを大事にして、人の心をときほぐせる存在になりたいですね。トークの仕事もどんどんやっていきたいなと。仕事の幅を増やして、人としてもタレントとしても、しっかり成長していきたいなと思っています。※前身のアミューズメントメディア総合学院大阪校の卒業生です。

(掲載年度:2018年度)

好きの力で、初心者からアニメ業界へ AMGの共同制作で学んだ「ものづくり」に大切なもの

山本 紘平 さん / アニメーション学科 / 株式会社マッドハウス勤務 / 大阪府立少路高等学校(現:大阪府立千里青雲高等学校)出身

先輩

◆大学を中退して、初心者からアニメ業界を目指した
小さい頃から「いつかアニメに携わる仕事がしたい」と漠然と思い描きながらも、大学へ進学。就職活動をするにあたり、「やはり自分が本当にしたいものはこれだ」と進路変更しました。でも絵はラクガキ程度にしか描いたことがなかったレベル。不安でしたが、AMGの就職率の高さとカリキュラムの内容、そして体験説明会に参加した時の先生の親切な対応に安心し、入学を決意しました。担任の先生と進路指導の先生は、実際に就職活動のときにとても親身に向き合ってくれて、どんな些細なことでも応えて教えてくれました。

◆「創る」ということを実感した共同制作
全てのアニメーション制作の工程を一通り経験できる共同制作カリキュラムでは、人はそれぞれ違う、ということを痛感しました。僕の企画が通ったものの、作品の意図を人に伝える難しさや、それぞれが考えている意見の吸い上げなどが難しく、簡単にはいかないことばかり。コミュニケーション能力と、伝達する力、この2つがとても大切です。「これが創るということか」と実感できたことは、とても良い経験になりました。学祭では、自分の作品の原画を展示していると、お客さんが「アニメってこういう風に作られるんだ、すごい」と言ってくれて、アニメの魅力と楽しさをいろんな人に伝えられたのがとても印象的でした。

◆動画、原画、そしてその先へ
今は、動画職という仕事を担当しています。原画をいただいてその中を割って、アニメに動きを付ける業務です。2枚の絵を単純に割るのではなく、キャラクターや物の質感を線で表現する必要があるので難しいですが、自分の絵が動いたときは大きな達成感も味わえます。次に目指すのは、自分で絵を生み出す側。次のステップである原画になるためには、日々の勉強が求められるので、業界に入った今も仕事の合間を縫っては練習をしています。僕は、年齢や学歴などは関係ないことを実感しました。重要なのはどこまでアニメを好きになれるか。アニメの仕事に携わりたい、と思っている人は、まずは描きましょう。そして、夢を人々に与えることの出来る素敵なアニメの世界を一緒に創りましょう。 ※前身のアミューズメントメディア総合学院大阪校の卒業生です。

(掲載年度:2018年度)

▲ 大阪アミューズメントメディア専門学校の先輩・先生情報トップへ

大阪アミューズメントメディア専門学校に興味を持ったらパンフレットをもらおう
大阪アミューズメントメディア専門学校のパンフをもらう