札幌スポーツ&メディカル専門学校の先輩・先生の声

school

北海道 私立専門学校

札幌スポーツ&メディカル専門学校

(厚生労働大臣指定校)

パンフレットをもらう

札幌スポーツ&メディカル専門学校 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
0120-35-1554  
E-mail
info-sapporo-sports@sanko.ac.jp  
URL
http://www.sanko.ac.jp/sapporo-sports/  

先輩の声

お客様の元気な生活に役立てることでやりがいを感じます。

小峰 圭汰 さん / アスレティックトレーナー科 / 株式会社ファクトリージャパングループ 勤務

先輩

整体サロンに勤務してマッサージなどを行っています。担当したお客様から「ツライところがなくなった」「今までできなかった動きができるようになった」「お店に来るのが楽しい」と言われると、その方の元気な生活に役立てたと実感できて、うれしいですね。まず店長になって、お客様を増やして忙しいお店にすることで、よい結果を出したい。将来は、スポーツトレーナーとしてアマチュアからプロまで幅広くサポートするのが目標です。

●後輩へのアドバイス
スポーツトレーナーは、努力すればした分だけ、上を目指せる仕事です。やった分だけ自分にかえってきて、さらに上のレベルを目指すことができるので、しっかりと努力してがんばってください。

(掲載年度:2018年度)

幅広い年齢層のお客様に、健康と笑顔を提供できるインストラクターになりたいです。

山崎 唯 さん / KGセントラルフィットネスクラブ山鼻 勤務

先輩

●仕事の内容・やりがい
スポーツクラブにスタッフとして勤務しており、マシンジムでお客様に指導をしたり、エアロビクスなどのスタジオプログラムの指導や、スイミングやマット運動などを教える子どもスクールでの指導を行っています。たくさんのやりがいがありますが、マシンジムで指導しているときは、「すごくわかりやすい」「このあいだ教えてもらったトレーニングがとても役に立った」など声をかけていただけるとうれしいですね。また、インストラクターとしてのスキルアップも心がけており、一人ひとり、体のゆがみや日常のクセが違うので、ケースに応じてどうやってアプローチしていくのか、勉強する気持ちを忘れずにいたいです。

●学校で学んだことで役立っていること
運動生理学や機能解剖学など、在学中は難しくて目をそむけたくなるような内容でしたが、実際には現場で役に立つ知識で、とても大切な授業でした。人の身体やトレーニングに関することなど、お客様に指導をするうえで、すべて役に立っています。それだけでなく、ビジネスマナーや電話応対、言葉づかいなどをしっかり身につけられたことが大きいですね。やはりインストラクターとしてお客様に接するときにコミュニケーションは大切だと思います。

●将来の夢・目標
とにかくたくさんの知識を身につけて、経験を積んで、お客様に信頼していただけるインストラクターになりたいです。とくに一対一での指導に興味があり、パーソナルトレーナーの資格も取得しました。今は週に数回の講習会に参加して、勉強を続けています。健康と笑顔を提供できるインストラクターになりたいです。

●後輩へのアドバイス
ひと言で勉強といっても、学ぶことは本当にたくさんあると思います。入学するときは、「なんとなくスポーツが好きだから」でもいいと思いますが、入学した後は、いろんな学びの中から自分に興味のあることを探して、伸ばしていってほしいなと思います。そうすれば、必ず自分にぴったりの仕事に出会えるはずです。まだ具体的な目標がなくてもいいんです。「運動が好き」「身体を動かすことが好き」なら、スポメディに入学すれば必ず新しい道や興味のあることが見つかるはず!
インストラクターの仕事は、すぐにビジネスマナーが求められます。社会人になったら、できてあたりまえなので、最低限のマナーや敬語などは学生のうちにしっかり勉強しておきましょう。

(掲載年度:2016年度)

▲ 札幌スポーツ&メディカル専門学校の先輩・先生情報トップへ

札幌スポーツ&メディカル専門学校に興味を持ったらパンフレットをもらおう
札幌スポーツ&メディカル専門学校のパンフをもらう