大阪スクールオブミュージック専門学校の先輩・先生の声

school

大阪府 私立専門学校

大阪スクールオブミュージック専門学校

パンフレットをもらう

大阪スクールオブミュージック専門学校 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
0120-121-806(入学事務局)  
E-mail
osminfo@osm.ac.jp  
URL
http://www.osm.ac.jp  

先輩の声

武道館への道のりは味わった事のないスピードと緊張感!

Kid'z (MY FIRST STORY) さん / プロミュージシャン科 ドラムテクニックコース卒業

先輩

今は「MY FIRST STORY」というバンドに所属してドラマーをしています。
それ以外でもサポートで他のアーティストさんでもドラムを叩かせて頂いています。

進路は、幼稚園の時からミュージシャンになりたいと言っている子供で(笑)。幼い頃からずっと叩いていて、現実的に考えるようになったのは高校に入ってからですね。僕には経験が必要だと思い専門学校に行こうと考えました。オープンキャンパスに行って、先生も学生も明るいし、「あっ、ここだ!」と感じて決めました。

卒業してアーティストのサポートドラマーなどを経験していましたが、今までで一番印象に残っている仕事は、MY FIRST STORYで2016年に47都道府県ツアーを行い、そのファイナルで日本武道館でのワンマンを行ったことです。バンド加入後に数か月でツアーがスタートしたので、味わった事のないスピードと緊張感で、すごくプレッシャーも感じ、当時は辛かったですが、今となってはその経験がかなりパフォーマンスに活かされています。

この学校で学んだのはスキルもそうですが、人間関係ですね。ドラマーに必要なのはスキルだけじゃないと、人を敬う大切さや、ピりついた空気を和ませるのも仕事の一つだと、講師の先生に言われたのが印象的でした。先生方の言動を見て素晴らしいなと感じていたので今でもこの教えをしっかり守っていきます!

(掲載年度:2018年度)

スタッフやアーティストが、ひとつになっていく醍醐味!

宮本 曉子 さん / コンサート企画制作コース / 卒業生/株式会社サウンドクリエーター制作部 勤務

先輩

コンサートスタッフに興味をもったきっかけは中学生の頃にGLAYのコンサートを見たことです。数万人規模のコンサートでセットもすごくて終演後後には食事も喉を通らないほどの衝撃でした。高校に入っても色々なライブに足を運ぶようになり、「やっぱりライブだな」とライブに関わる仕事がしたいという感じでした。

OSMの体験入学でバンドのライブスタッフを体験して、すごく楽しくて入学しました。入学後の授業ではライブイベントに多く関わっていました。私はステージ進行や楽器の転換など舞台監督的な事をよくやっていましたが、当時の講師の先生がプロモーターをやっていた方で、お話しを聞いているうちにコンサートプロモーターに興味を持つようになりました。

卒業後現在の会社に入社して、夏フェス「京都大作戦」の運営やアイドル・声優さんのライブなどを中心にコンサート企画制作を行っています。フェスなどはアーティストのブッキング、宣伝プラン、ホテルや弁当の手配など仕事は多岐に渡るので、関わる人も多くなります。アーティストやマネジメントの事務所によって求められる内容も違うので、先を読む感覚を常に持っているとスムーズに仕事が進むと感じています。最終的にお客様・アーティスト、関わるスタッフみんなに満足してもらいたいと思っているので、自分でもお客さん目線で楽しんでもらえるか、自分でワクワクする事も重要ですね。

OSMでは色々な企業さんからの依頼で、数多くの現場があるので、私自信もそうでしたが、できるだけ数多くの場数を踏んでおく事で、自然と人脈も広がり夢への実現につながると思います!

(掲載年度:2018年度)

音楽が好きという気持ちが一番大事!

梶並 千春 さん / 株式会社ワーナーミュージック・ジャパン勤務  カレッジ音楽科マネージャーコース卒業生

先輩

昔から音楽が好きで、ラジオ等で様々なジャンルの音楽に触れ、ライブに行ったりしているうちに音楽の仕事がしたいと思いOSMの存在をネットで知り、体験入学に参加してこの学校に決めました。在校中は企業プロジェクトで在校生アーティストのスタッフとしてレコーディングからプロモーションやライブ等で実践的にアーティストを売る事を学びました。現在はワーナーで西日本のイベントチームの統括をしています。お客さんの「ありがとう!」の一言がすごくやりがいになります。この業界ではコミュニケーションや元気も大事ですが、何より音楽が好きという気持ちが一番大事だと思います!

(掲載年度:2016年度)

▲ 大阪スクールオブミュージック専門学校の先輩・先生情報トップへ

先生からのメッセージ

アーティストとして様々な可能性を追求してみてください!

ジョプリン得能 先生 / 「米米クラブ」のギタリスト兼キーボードとして活動。バンドのディレクターとしても活躍。

先生

アーティストはその時代によって求められるものが変わります。その時代の変化をとらえながら、業界に出ていくために必要なものを全部学んで行くには、たくさんあるコースの中からWメジャーカリキュラムを利用してデビューへの可能性を追求してみてください!

(掲載年度:2016年度)

LIVEで音楽を伝える

西側 知 先生 / バンド「Dragon Ash」や「RIZE」の専属ツアーPAエンジニアとして活躍中。

先生

LIVEツアーの仕事は本当に楽しいです。音楽が好き、LIVEが好きなら毎日楽しんで出来る仕事だと思います。あと現場で1つのことしかできない人は、なかなかチャンスを掴むことは難しいので、それが2つになるだけでチャンスを掴む機会が増えてきます。興味があれば在校中にいろんな事にチャレンジしていってほしいですね。

(掲載年度:2016年度)

▲ 大阪スクールオブミュージック専門学校の先輩・先生情報トップへ

大阪スクールオブミュージック専門学校に興味を持ったらパンフレットをもらおう
大阪スクールオブミュージック専門学校のパンフをもらう