大阪外語専門学校の先輩・先生の声

school

大阪府 私立専門学校

大阪外語専門学校

パンフレットをもらう

大阪外語専門学校 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
0120-166-277(事務局入学課)  
E-mail
pc@osakagaigo.ac.jp  
URL
http://www.osakagaigo.ac.jp/  

先輩の声

今日も安全なフライトだったなと達成感を感じます

多田 さん / キャビンアテンダント・エアライン科 / 卒業生 高松商業高校 出身

先輩

まだ訓練生のとき、何をするにも不安でいっぱいで、一歩踏み込んだ接遇サービスができずにいました。先輩から「思いを行動に移さなければ何も始まらないわよ」と助言をいただき、積極的にお客さまに接するように変わりました。初めて飛行機を利用されたお子さまにメッセージカードをお渡しすると後日、お返事を頂戴しました。「また、お姉さんに会いたいです」と書かれた文面に、今日も励まされています。喜ばれるサービスを創造し続けられるキャビンアテンダントでありたいです。

(掲載年度:2017年度)

言葉が違っても、思いやる気持ちは世界共通であることを学習できる仕事の環境です。

吉田 さん / キャビンアテンダント・エアライン科 / 卒業生 津山商業高校 出身

先輩

カウンターでドイツ国籍のお客さまの対応をしていたときのこ
と。渡航手続きに必要な書類の不備が発覚し、懸命にいろいろ
ケアを試みたものの結局、間に合わずその日の便にご搭乗いた
だけませんでした。次の日の同じ便に振り替え、お待ちしている
とその方は私のカウンターが空くまで待っていてくださり、お見
送りした搭乗ゲートでは握手を求められ、感謝のお言葉をいた
だきました。ハンドリング業務は苦労が絶えませんが、心が通じ
合える出会いがあるから、続けていけるのだと思います。

(掲載年度:2017年度)

笑顔と一緒に語学力にも磨きをかけて、世界中のお客さまをおもてなしできるように。

辻 さん / 国際観光・ホテル・ブライダル科 / 卒業生 倉敷中央高校 出身

先輩

真っ先にお客さまをお迎えするベルスタッフですから、笑顔と言
葉づかいには細心の注意を払っています。ご高齢のお客さまを
アテンドした際、「あなたの笑顔を見て元気をもらいました。ま
た来ます」とおっしゃってくださいました。以来、今まで以上に笑
顔を大切にしようと心がけています。みなさん、笑顔とともに語
学力も磨いておきましょう。OCFLは英語はもちろん、中国語や
韓国語も学べますから、外国のお客さまを自信を持ってお迎え
できるよう、しっかり勉強しておいてください。

(掲載年度:2017年度)

▲ 大阪外語専門学校の先輩・先生情報トップへ

先生からのメッセージ

努力すれば、道は拓けます。

山田 靖子 先生 / キャビンアテンダント・エアライン科(元ANA客室乗務員)

先生

エアライン業界を目指されるのでしたら、ぜひ社会人として素直な心を持って、どんな意見にも耳を傾けられる人になって下さい。また、自己管理(体調管理・時間管理)もきちんとできる人になって欲しいですね。私は面接試験対策の授業を担当していますが、きちんと意識をもって授業に臨めば、必ず今よりも良い自分に変わることが出来ます。入学当初から半年、1年と日を重ねるごとに、学生達が成長している姿をみて、意識を持って取り組むことがいかに大切なことか逆に教わることも多いです。
これから大阪外語で学ぶ人は、今よりも良い自分になろうという意識を持って入ってきて欲しいです。
努力すれば、道は拓けます!

(掲載年度:2017年度)

自分は英語は出来ないと思っているなんて、もったいない!

フランク クレイプール 先生 / ECS(English Communication Skills)チーム Speaking担当

先生

英語に対して苦手意識を持っている人は非常に多いですが、実際はそんなことありません。日本語と英語は全く違う言語なので、最初は分からなくて当たり前。「全く違う言葉」だと認めてから勉強をはじめたら良いのです。ほとんどの人は、その段階で諦めちゃう。とにかく語学力をつけるためには、努力と時間が必要。目標を立てて、自分が今どの位置にいるのか確認しながら勉強を進めてみて下さい。
大阪外語では、楽しみながら英語の勉強ができる、体験授業をご用意しています!ぜひ、一度大阪外語の授業を体験してみて下さい!語学の勉強に対する考えが変わるかもしれないですよ!
最後に、語学力を伸ばすとっておきの方法を教えます。
次のステップに進む前に何度も復習する!これはとっても大事。

(掲載年度:2017年度)

2年間で伸ばせる韓国語の運用能力

池 清琴 先生 / アジア言語ビジネス科 韓国語担当

先生

韓国ドラマや映画、K-Popが日本の若者に受け入れられている今、少しでも韓国に興味のある人に入学して欲しい、そして、日本と韓国の文化、ビジネス、社会の架け橋になってくれる人材を育成したいと思っています。言語だけでなく、その背景にある、文化なども英語、韓国語とともに学ぶことで、より一層コミュニケーション能力があがると私は考えています。

(掲載年度:2017年度)

▲ 大阪外語専門学校の先輩・先生情報トップへ

大阪外語専門学校に興味を持ったらパンフレットをもらおう
大阪外語専門学校のパンフをもらう