名古屋栄養専門学校の先輩・先生の声

school

愛知県 私立専門学校

名古屋栄養専門学校

パンフレットをもらう

名古屋栄養専門学校 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
0120-15-7241(NSCカレッジ入学事務室)  
E-mail
infonsc@nsc.ac.jp  
URL
http://www.nsc.ac.jp  

先輩の声

調理の知識と技術、両方を身につけたくて!

小川 瑠奈 さん / 食物栄養科 / 愛知県立 岡崎東高等学校 出身

先輩

 高校の先生から「栄養士には調理力も大事」と聞いていたので、実習が充実している名古屋栄養専門学校を選びました。先輩たちは明るく気さくに話しかけてくれ、分からないことがあれば先生にすぐに聞きに行ける「距離の近さ」は本校の大きな魅力です。高校までは周りは同世代ばかりですが、同級生は年齢も経験値もまちまち。私は口下手なんですが、思い切って自分から積極的に動いて話しかけていくことで世界が広がったのを感じています。

(掲載年度:2018年度)

既卒と新卒のバランスが良く学びやすそう!

雨宮 充子 さん / 食物栄養科 / 金城学院大学 短期大学部 出身

先輩

 健康や栄養に関する情報は氾濫していますが、年齢を重ねても健康でカッコ良く生きていくために正確な情報を学びたい、と学校を探しました。本校は既卒と新卒の割合が半々で、家庭を持っている私でも学びやすいと考えました。先生は栄養士として豊富な経験を持った方が多く、「生きた情報」を学べるのがうれしいです。超高齢社会を迎えた日本で、退職後も皆さんが楽しく健康に過ごしていけるようなアドバイス、栄養指導ができるように学んでいきたいです。

(掲載年度:2018年度)

オープンキャンパスで雰囲気の良さを実感!

田渕 諒 さん / 食物栄養科 / 東京農業大学 短期大学部 出身

先輩

 大学で農業を学んでいましたが自分にはあまり合わないと実感。もともと料理が好きだったので、思い切って栄養士の道にチャレンジすることを選びました。入学した決め手はオープンキャンパスの雰囲気です。先生も先輩たちも優しく、学校の楽しさが伝わってきました。実習の多さも魅力です。調理実習では毎回、魚をさばく、リンゴを丸むきするなど包丁の使い方の小テストがあり、調理経験があまりなくても半年が過ぎるころには自然に身についていますよ。

(掲載年度:2018年度)

▲ 名古屋栄養専門学校の先輩・先生情報トップへ

先生からのメッセージ

栄養士にとって栄養学と調理技術はどちらも欠くことのできないスキルです。

谷澤 登志美 先生 / 担当科目:調理学、栄養指導実習、調理学、調理実習T、 臨床栄養学実習など

先生

 栄養士として仕事をしていくには、栄養学その他の専門的な知識は絶対に必要です。しかしそれだけでは「できる!栄養士」とはいえません。学んだ知識を献立に反映した、美味しい料理を提供できなければ意味がないのです。
 計算上、エネルギーや栄養素が整っていても、美味しくなければ食べてはもらえません。献立をたてるには確かな調理技術と幅広い知識が不可欠です。材料を見極める目、衛生的な取扱い、切り方、火加減、味付けなどを調理学の知識とともに学び、技術を確実なものにしていくこと、つまり、あなた自身が日常の食事を実際に作り、日々研鑽していくことが「できる!栄養士」になるための確実な道といえるのです。

(掲載年度:2018年度)

健康情報を正しく見極める目を持ち、安全で安心な食事を提供できる実力をつけよう。

平田 芳浩 先生 / 担当科目:献立作成、フードサービス実習、食事摂取基準論など

先生

 栄養士の仕事の場は、食を提供する病院、福祉施設、学校、社員食堂など多岐にわたりますが、食を通じて、喫食者の健康を維持・増進するという目的は、どこにおいても変わりありません。この目的を達成するには、解剖生理学、栄養学、食品学、食品衛生学など多くの知識を必要とします。これらの知識を土台に、献立を考え、料理を作り、実際に食べてもらうことが、栄養士の大きな存在意義になります。
 また、今日、テレビやWebなどで多くの栄養に関する情報が発信されていますが、その中には間違った情報も少なくありません。授業の中で、正しい情報を見極める目を養い、安全で適切な栄養バランスの食事を計画し、実行する力をつけましょう。

(掲載年度:2018年度)

▲ 名古屋栄養専門学校の先輩・先生情報トップへ

名古屋栄養専門学校に興味を持ったらパンフレットをもらおう
名古屋栄養専門学校のパンフをもらう