長野医療衛生専門学校の先輩・先生の声

school

長野県 私立専門学校

長野医療衛生専門学校

パンフレットをもらう

長野医療衛生専門学校 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
0268-23-3800  
E-mail
info@nagano-iryoueisei.ac.jp  
URL
http://nagano-iryoueisei.ac.jp/medical/  

先輩の声

先輩のコメント

H・K さん / 歯科衛生士 / 2年生 

『「人に貢献したい」という気持ちから歯科衛生士になろうと決めました』
○クラスの仲が良く、質問しやすい雰囲気です
「人に貢献したい」という気持ちから歯科衛生士になろうと決めました。国家試験の合格率の高さや、オープンキャンパスで先生と学生の仲の良さを見て、本校に進学を決めました。学校が家から通える場所にあったのも良かったです。
 実際に学校に通い始めてみても、クラスの仲は良いですし、わからないことがあったら先生に気軽に聞ける雰囲気もあります。勉強とアルバイトの両立はなかなか大変ですが、国家試験合格にむけて仲間と頑張っています。
○患者さんと接する意識を普段から心がけています
 実技の時間に、先生から患者さんに対する言葉遣いを意識するように言われたことが印象に残っています。歯科衛生士は患者さんとのコミュニケーションが必要な仕事なので、実技の時間だけでなく、日常生活から意識して話すように心がけています。授業の中では、放射線学が学んでいてとても楽しいです。
 2年制からは臨床実習が始まります。普段からできることを意識しながら、国家試験の勉強と合わせて頑張っていきたいです。

(掲載年度:2018年度)

在校生コメント

K・Y さん / 言語聴覚士 / 2年生

『「話す・聞く・食べる・聴く」のしっかりとした知識を身につけたい』
○普段当たり前にできていることができなくなってしまったら・・・
 普段何気なく行っている「話す・聞く・食べる・聴く」ということが困難になってしまったら、と考えた時、しっかりと知識を身につけたい、と思い言語聴覚士を目指すことに決めました。本校の言語聴覚士学科は4年制のため、3年制の学校と比べて、落ち着いたペースで勉強ができると思い進学を決めました。言語聴覚士の試験は、科目が多く試験範囲も広いので、広く深く勉強するのが大変ですが、授業でわからないことは理解できるまで教えていただけました。先輩からは勉強方法や普段の生活についてアドバイスをいただき、とても助かっています。
○国家試験合格を目指して、まずは基礎を固めていきたい
 言語発達の授業で、今まで学んだことをまとめる際に「要点をおさえることが大切」と言われたことが印象に残っています。簡単そうに思えることですが、考えを要約したり、それを相手に伝えることは、意識してやろうとするとなかなか難しいです。
 今後はまず国家試験に合格できるように、基礎を固めていきたいです。そしてゆくゆくは、患者様に必要とされる人になりたいです。

(掲載年度:2018年度)

在校生のコメント

K・F さん / 音楽療法士 / 2年生 

『勤務先の病院で音楽療法と出会い、音楽療法の道へ』
○好きな音楽を仕事に活かせることが、とても魅力でした
 もともと看護師をしており、勤務先の病院で音楽療法の本を見つけたことが、音楽療法との出会いでした。幼いころから音楽が好きだったので、自分の好きなことを医療・福祉の現場で活かすことができるのは、とても魅力的でした。仕事を辞めて学校に入り直すのは勇気のいることでしたが、音楽療法士になりたいという思いが強く、入学することに決まました。
○誰にでも心から寄り添う関わる大切さを学んでいます
 本校に入学して出会ったたくさんの人から日々刺激を受けています。中でも担任の先生の、クライアントの方に対して一人一人心から寄り添って関わる姿がとても印象に残っています。学生のことを一番に考えてくれますし、誰とでも丁寧に向き合う姿勢から日々学ばせていただいています。先生のような愛にあふれた音楽療法士になりたいです。
 現在、低出生体重児を対象にした音楽療法に特に興味を持っています。日本では現状ほとんど行われていませんが、看護師の経験を活かしながら、低出生体重児への音楽療法の発展に少しでも貢献できればと思っています。

(掲載年度:2018年度)

▲ 長野医療衛生専門学校の先輩・先生情報トップへ

長野医療衛生専門学校に興味を持ったらパンフレットをもらおう
長野医療衛生専門学校のパンフをもらう