日本菓子専門学校の先輩・先生の声

school

東京都 私立専門学校

日本菓子専門学校

パンフレットをもらう

日本菓子専門学校 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
03-3700-2615(事務局)  
E-mail
nks@nihon-kashi.ac.jp  
URL
http://www.nihon-kashi.ac.jp/  

先輩の声

在校生Q&A

野 ひまわり さん / 製菓技術学科 / 2学年 洋菓子科 山形県立山辺高等学校 出身

先輩

Q1 学生生活はどうですか?
楽しいです。
毎日忙しいですが、その分新たな発見があり、充実しています。
また、クラスや科を超えての友達と過ごす日々も楽しいです。

Q2 日本菓子専門学校を選んだ理由はなんですか?
2年間という長い間学べる事と、和菓子・洋菓子・製パンの3つを学ぶ事が出来るからです。
洋菓子だけでない様々な方向から、お菓子を見つめる事が出来ると思いました。

Q3 どんな授業が楽しいですか?
授業の中で新しい事を学ぶ時はとても楽しいです。
最初は難しくても、練習して出来た時の嬉しさはとても大きいです。

Q4 将来の夢を教えてください
お客さまに“美味しい”と言ってもらえる様なパティシエになりたいです。
お菓子1つで人を幸せにしたいと思っています。

Q5 お昼はどうしていますか?
パン科の友達とつくった製品を交換してお昼にしたりしています。
なるべく節約を心掛けています。
ですが、月に1回はご褒美として学食を食べちゃいます。

Q6 アルバイトはしていますか?(アルバイトの内容など教えてください)
とんかつ屋さんでアルバイトをしています。
ホールメインの時々キッチンの仕事をしています。
お客さんも多く、最初は仕事をこなすだけで大変でしたが、お客さんと接する事に楽しみを感じる様になりました。

Q7 東京への進学に不安はありましたか?
度々東京へは来ていたので、あまり不安はありませんでした。
地元には製菓系の学校がないので、東京へ出ようと以前から決めていたので、その分楽だったと思います。

(掲載年度:2018年度)

在校生Q&A

佐藤 敢信 さん / 製菓技術学科 / 2学年 和菓子科 茨城県立日立商業高等学校 出身

先輩

Q1 学生生活はどうですか?
多くの友達に恵まれ、男女分け隔てなく接しています。
休み時間に友達とふざけていて、先生によく「うるさい」と言われてしまいます(笑)

Q2 日本菓子専門学校を選んだ理由はなんですか?
2年制で、1学年では和菓子・洋菓子・製パンを学べ、広い選択肢の中から2学年進級時に先行出来るので、自分が本当になりたい分野を専攻出来ました。

Q3 どんな授業が楽しいですか?
何より実習の授業です。
班員と協力し、美味しいお菓子をつくれる様頑張っています。
また、先生とも積極的にコミュニケーションを取り、細かい技術の習得に励んでいます。

Q4 将来の夢を教えてください
実家が和菓子店を営んでおり、私で4代目となるのですが、父や祖父に負けない様な立派な職人になれる様頑張って授業に取り組んでいます。

Q5 お昼はどうしていますか?
毎日学食を食べています。
日替わり定食や日替わり丼など、毎日違うメニューをバランス良く食べられるのが嬉しいです。

Q6 アルバイトはしていますか?(アルバイトの内容など教えてください)
スーパーマーケットの青果部でアルバイトをしています。
多くの果物を見たりして、何かお菓子に使える物がないか、こっそり研究しています(笑)

Q7 東京への進学に不安はありましたか?
高校生まで母にすべて家事をやってもらっていたので、最初は電話片手に家事をしていました。
最初は不安でしたが、今はもう何でもこなせる様になりました。

(掲載年度:2018年度)

在校生Q&A

橋 亜由未 さん / 製パン技術学科 / 埼玉県立久喜高等学校 出身

先輩

Q1 学生生活はどうですか?
毎日、友達と仲良く生活しています。
甘い香りが教室中に広がっていて、とても幸せです。
留学生の方々から言語をたくさん教えてもらえるので、勉強にもなります。

Q2 日本菓子専門学校を選んだ理由はなんですか?
オープンキャンパスに参加した時、先生と学生がとても仲が良く、楽しそうにパンをつくっている所に魅力を感じました。
教え方もすごく丁寧に教えてくださるので入学を決めました。

Q3 どんな授業が楽しいですか?
実習の授業が1番楽しいです。
自分の好きな事が出来るし、友達と協力して美味しいパンをつくり、試食が出来るからです。

Q4 将来の夢を教えてください
私のつくったパンで、食べてくれた人達を笑顔にするパン屋さんになる事です。

Q5 お昼はどうしていますか?
家からお弁当を持って来て、食堂で友達と一緒に食べています。

Q6 東京への進学に不安はありましたか?
実家から通っているので、早起きが出来るか不安でした。
ですが、今はもう慣れてきました。

(掲載年度:2018年度)

▲ 日本菓子専門学校の先輩・先生情報トップへ

先生からのメッセージ

製菓、製パン専門学校における教育とは

秋田 勝 先生 / 校長

先生

本校に入学した学生の皆さんは、将来洋菓子、和菓子、製パンの世界で自分の夢実現のために楽しみながら努力、勉強をしている若者達です。
この学生の皆さんに対して本校は大きな責任を持っております。
「本校に入学を選択して間違いなかった」と思える学校でなくてはならないことです。
学校及び職員全員が常に結果を精査是正し、より良い学校にするための努力をおこたれば、実に単純なる学生の反応が発生いたします。
それは学校を休む、遅刻をする、授業の途中でエスケープするという行動に表れ、結果として学生達の授業出席率の低下、さらには退学率が上がっていきます。
専門学校における教育は、義務教育ではありませんし学校及び学校職員と学生の皆さんとの信頼関係がより大切な教育のための要素となります。
本校の平成28年度の学生平均出席率は、製菓技術学科1学年97.4%、同科2学年95.4%、製パン技術学科98.6%と非常に高いすばらしい結果を出しております。
これは学校職員の努力と学生の皆さんの真面目さがマッチしている結果であり、卒業時における就職内定率ほぼ100%の結果を得ていますことも含め、本校の誇りともなっております。
皆さんの「夢」はどのようなものでしょうか?
オープンキャンパスの参加、日常の学生授業見学等で本校及び学生達をご自分の目で確認して下さることを希望いたします。

(掲載年度:2018年度)

▲ 日本菓子専門学校の先輩・先生情報トップへ

日本菓子専門学校に興味を持ったらパンフレットをもらおう
日本菓子専門学校のパンフをもらう