名古屋柳城短期大学の先輩・先生の声

school

愛知県 私立短期大学

名古屋柳城短期大学

パンフレットをもらう

名古屋柳城短期大学 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
052-841-2635(入試広報課)  
E-mail
kouhou@ryujo.ac.jp  
URL
http://www.ryujo.ac.jp/  

先輩の声

授業も課題も楽しくて毎日が充実しています!

近藤 楓 さん / 保育科 / 保育科2年生

先輩

高校の職場体験依頼、ずっと進みたかった保育の道。授業での先生の話は、自分の好きなことばかりなので、もっと聞きたい、もっと知りたいと興味が尽きることなく、毎日が楽しくて仕方がありません。授業以外にも課題が多く出ます。内容は、保育教材の制作と書きものが中心です。制作物は実習で大活躍しますし、保育者は連絡帳をはじめ手書きの機会が多いので、きれいな字を書く訓練になるため、ノートの提出もあります。一見厳しいように思われるかもしれませんが、全てが実践で必要不可欠なものばかりです。柳城で学んだことを自分の力とし、子どもの気持ちにより添える保育者を目指してがんばります。

(掲載年度:2017年度)

実習で学んだ経験を活かして理想の保育者に向かってがんばります!

稲垣 有柚美 さん / 保育科 / 保育科2年生

先輩

実習には、幼稚園でおこなう「教育実習」と保育園や児童福祉施設等でおこなう「保育実習」があります。私が行かせていただいた「保育実習」は、子どもたちの意見を聞いて活動する小規模保育園でした。主活動時間でも、子どもたち個々の意見を優先して、「やりたくない」子どもには「片付けていいよ」と対応したり、長時間続けたい子どもにはさせてあげたりと、個性を大切にする保育現場でした。実習の最初の頃、私は声がけが上手くできませんでしたが、先生方の声がけをまねたらスムーズに援助ができたり、泣いたときの対処の仕方を学べたりと、実習現場ならではの経験を積むことができました。ご指導いただいた先生方にとても感謝しています。

(掲載年度:2017年度)

柳城ライフの初めの一歩は、一泊二日の夢ゼミから

木村 マリ さん / 保育科 / 保育科2年

先輩

夢ゼミナール(通称:夢ゼミ)は4月の下旬に全学生参加で行われる研修旅行です。保育に関する講演会やゼミ毎での討論会、レクリエーションなどが行われますが、最も盛り上がるのは新入生歓迎会です。2年生がクラスごとに舞台で劇とダンスの発表をします。2年生は4月に入ってからずっと劇の準備をします。劇となるとみんな力が入り、遅くまで残って練習するので、どのクラスも団結力が強くなるようです。もちろん、当日は劇を思いっきり楽しみます。
1年生もダンスなどの発表があり、みんな動画を見て練習するので、入学してすぐでも仲良くなれます。
先生のものまねをして「学校あるある」の劇をするなど、1年生が学校生活に慣れるように2年生が劇を通して、柳城の良さや、みんなで協力して物事を成し遂げることの楽しさを伝えています。

(掲載年度:2017年度)

▲ 名古屋柳城短期大学の先輩・先生情報トップへ

先生からのメッセージ

人を愛し、人から慕われる人材を育てます

学長 長縄 年延 先生 / 保育科

先生

『愛をもって仕えよ』。創立120年の歴史を誇る本学では、この聖書の教えを建学の精神に据え教職員一同総力を挙げて幼児教育と社会福祉の分野で活躍する人材の育成に専念しています。
そのため、人間としてまた社会人として必要な教養教育はむろんのこと、幼児教育や社会福祉の専門家として欠かせない理論と実践を結びつけた専門教育を誠実にかつ丁寧に実施し、長年にわたって多くの優れた人材を輩出してきました。毎年100%の就職率を達成していることも、学生たちのひた向きな努力と教職員の懇切丁寧な指導の結果にほかなりません。
キャンパスの中では、学生同士、学生と教職員の間で親しく挨拶や会話が交わされ、学生と教員が協力して紙芝居づくりに取り組むなど、いかにも伝統を有する小規模大学にふさわしい、アットホームな雰囲気が漂っています。
将来、幼い子どもたちを愛しみ、子どもたちから慕われる保育者として働きたいと考えているみなさん、ぜひ本学への入学をお勧めします。

(掲載年度:2017年度)

▲ 名古屋柳城短期大学の先輩・先生情報トップへ

名古屋柳城短期大学に興味を持ったらパンフレットをもらおう
名古屋柳城短期大学のパンフをもらう