名古屋造形大学の願書・資料請求情報

school

愛知県 私立大学

名古屋造形大学

パンフレットをもらう

名古屋造形大学 ケータイ版

二次元コードを
モバイルでスキャン!

携帯に送る
TEL
0120-977-980(入試広報課)  
E-mail
koho@nzu.ac.jp  
URL
http://www.nzu.ac.jp  

美術・デザインの路を志す皆様へ。
多様な個性を認め合い、自らの知性と感性を磨く美術大学です。

アートからデザイン、マンガ、アニメーションを網羅する「9コース」を設置し、“学生ひとりひとりが自ら考え、創作すること”を大切にしています。
また、本学では“アートやデザイン”と“社会”とのつながりを強く意識し、海外協定校との交流や地域密着型・産学連携プロジェクトを積極的に展開しています。現場体験を重視しているため、創作工房を整備し、活動の原点となる造形体験をバックアップ。学生は所属コースに関わらず利用可能です。
「地域へ・世界へ」あなたの造形表現を発信できるチャンスが広がっています。

名古屋造形大学の特長
  • 車通学OK
  • インターンシップ
  • 卒業後就職支援
  • 海外研修・留学
  • 独自給付・免除奨学金
  • 独自貸与奨学金
  • 少人数クラス
  • 学外入試あり
  • 自然が豊か
  • デジタルパンフレットあり

名古屋造形大学からのニュース

AO入試迫る【エントリー開始】

AO入試のエントリーが開始されました。
AO入試は入学金20万免除のC奨学生選抜対象唯一の入試です。
詳細はURLをご確認ください。
https://www.nzu.ac.jp/exam_info/

遠方からの入学生をサポートします!

◎東海4県(愛知県・静岡県・岐阜県・三重県)以外の地域にお住いの方

▼オープンキャンパスに参加し、本学へ入学した場合
入学後に 5,000円分
画材代や教科書代として使用できるチケットをプレゼント!

▼学外会場リクエスト制度
受験生に便宜を図るため、リクエストがあった場合に学外会場の設定を検討します。是非、リクエストしてください!

https://www.nzu.ac.jp/exam_info/exam_topics/distance_residence/

▲名古屋造形大学の進学情報トップへ

施設・設備のポイント

D1・D2 ギャラリー

施設・設備のポイント1

学内に設けられた2つのギャラリー。学生や教員、卒業生の作品展示のほか、一般のアーティストやデザイナーなどに企画展示室としても開放しています。自分の作品を作るだけでなく、展示を行う経験も積み重ねられます。
大きな窓や広々としたスペースが明るさを演出し、作品の魅力をさらに強く印象づけます。

創作工房

施設・設備のポイント2

本学のキャンパスは、東京ドーム約8個分、約11万平方メートルものスケール。豊かな自然に抱かれた広大なスペースに、アトリエや図書館、工房、ギャラリーなどが配置され、学生に開放されています。
各棟には、各コースのアトリエや研究室のほか、写真スタジオ・版画室・木工室・陶芸室・コンピュータ室・3Dプリンター・レーザーカッターなどが整っており、幅広い領域の創作活動をサポートしています。学生は自身の専門分野はもちろん、それ以外でも自主的に活用することが可能です。
作品づくりを通じて学生間の交流を深めたり、クリエイターでもある指導陣の制作現場にも立ち会え、実践的に学ぶことができるのが特長です。

学生ホール・画材屋

施設・設備のポイント3

1階にセルフサービスの大食堂、2階にはカフェテリアが広がる学生たちのくつろぎの場。ボリューム満点で栄養バランスも整った美味しいランチを楽しんだり、制作の気分転換にコーヒーブレイクをとったりと、いつもたくさんの学生で賑わっています。
別棟には画材屋もあり、絵具やキャンバス、文具、コピック、カラーインク、プリンタ用紙、Gペン、丸ペン、模型材料など、授業で必要となる材料を購入できます。

▲名古屋造形大学の進学情報トップへ

名古屋造形大学 キャンパス所在地

住所
電話
行き方

▲名古屋造形大学の進学情報トップへ

名古屋造形大学に興味を持ったらパンフレットをもらおう
名古屋造形大学のパンフをもらう

この学校を見ているひとはこの学校もみています

最近見た学校

くちコミ情報

  • オープンキャンパス・体験入学

    female 高校2年生・女・愛知県

    春日井駅からスクールバスで行きました。 大学生の方々がとても優しく、雰囲気が落ち着く大学。自然に囲…
    >> 続きを見る

  • オープンキャンパス・体験入学

    female 高校3年生・男・愛知県

    名古屋造形大学は、僕の住んでいるニュータウンのそばにある地元の大学で、人によっては、自転車で通えま…
    >> 続きを見る