DaiGoさん著書「科学的に正しい英語勉強法」を3名様にプレゼント!!

メンタリストDaiGoさんインタビュー「成功の秘訣は、自分で考えて、他の人と違うことをすること!」

Mentalist DaiGo Profile

1986年11月、静岡県生まれ。慶應義塾大学在学中にイギリスのメンタリスト、ダレン・ブラウンに影響されて修得した「メンタリズム」の技術を活かし、日本唯一のメンタリストとしてTV番組などで活躍。その後、企業のビジネスアドバイザーやプロダクト開発、作家、大学教授として活動。今後、さらなるフィールドでの活躍が期待されるマルチ作家。

メンタリストDaiGoさんインタビュー「成功の秘訣は、自分で考えて、他の人と違うことをすること!」 メンタリストDaiGoさんインタビュー「成功の秘訣は、自分で考えて、他の人と違うことをすること!」

日本唯一のメンタリスト(人間心理を読み、誘導する技術を持つ者)として知られるだけではなく、遺伝子検査会社の顧問や医療系大学の特任教授などの肩書きを持ち、企業のビジネスアドバイザーや講演者、累計150万部を超える人間心理に関する書籍を著した作家としての顔も持つメンタリストDaiGoさん。

常人とは異なる独特な感性を持つメンタリストDaiGoさんに、これまでの人生を振り返っていただくと共に、進路選択に悩む高校生のみなさんへのメッセージをいただきました。

DaiGoさんの幼少期についてお聞かせください。

小学生から中学1〜2年生くらいまでは自分にとっての暗黒期で、周りからいじめられていた時期でした。それもあって、基本的に小学校の時の友達はいないですね。

当時は目立つのが嫌いな子供で、人と違うことをするのが怖いという、そういうところがありました。世の中で成功するためには、人と違うことをしなければなりません。人と同じことをしていると常に他人と比較され、足元を見られる生活になってしまいます。その意味では最もするべきではないことをしていたのですけれど、子供の頃に受けていた日本の教育というものはそういうもので、個性を伸ばさないで画一化するみたいなところがあったと思います。

ですが、いじめられたことによって、そこから脱却する機会を得られて、それで自分を変えることができました。いわゆる「レール」に乗るということをやめるきっかけになったのがいじめだったので、今思い返せばそれはそれで意味のある経験だったと思います。

高校は高輪高校に進学、卒業されたとうかがっています。高校時代について振り返ってください。

高輪高校は中高一貫の学校で、もともと中学受験をして入学したんですね。母が結構教育熱心だったことが大きかったと思います。なので、高校はそのまま進学できました。

高校時代を振り返ると、それなりに楽しかったですね。中学2年生の時にいじめから脱却して、自分を変えて、それからは人と違うことだけをやろうと思っていましたので、みんながやるのと同じことはまずやりませんでした。例えば、周りが予備校に通い始めた時には、自分も予備校に通ったら周りと同じチキンレースに巻き込まれて意味がないなと思い、自分で参考書を探して自宅で勉強するみたいな形でした。部活も入りませんでしたね。みんなが部活に入るのなら入らないようにしようと、そういう人間でしたね。常に人と違うことを探していくというのが僕の高校時代でした。そうは言いながらも、友達は結構できましたね。何故かバスケ部ではないのにバスケ部の連中とよくつるんでいたりしました。

大学は慶應義塾大学だったそうですが、そこを選んだ理由と入試時の勉強方法や勉強時間などについてお聞かせください。

受験生時代ですが、先に話しましたとおり、僕は予備校に行かなかったので、あまり大学の情報を知らなかったんですよ。当時は東京大学以外は大学ではないと思っていましたので、他の大学には願書すら出していませんでした。

それで一浪してのセンター試験の時ですが、現役時代は「化学TA」と「化学TB」だった選択科目が「化学T」と「化学TA」になっていて、違いがよく分からず「化学TA」の方が難しい科目だと勘違いしてマークをしてしまったんですよ。そのせいで出願に必要な理系科目を受けていない扱いになり、東京大学を受験できなくなってしまいました。

それでそのままふてくされていたんですけれど、見かねた母から「慶應義塾大学に願書を出しておいたから、どうせ暇だろうし、受験してみたら?」と言われて、万年筆一本持って入学試験を受けに行って、万年筆で回答してきたという…(笑) 今思うとよく受かったなと思いましたね。元々、慶應義塾大学を受ける気はなかったので、過去問なども見たことも解いたこともない状態でしたから。

勉強時間については、合否にはあまり関係ないと思いますね。受験生時代にもそれほど長々と勉強をすることはなかったと思います。大体、人間がトップレベルの集中力を発揮しようと思ったら4時間くらいが限界になるんですよ。世界トップレベルのバイオリニストなどを調べた研究によれば、集中力が高い人は短時間で集中して、他の時間はその短時間の強烈な集中力を作るためのリラックスの時間として使うのだそうです。それができない人ほど、だらだらと長く勉強をするというのが分かっているんです。

一日10時間勉強しろとか言う人がいますが、人間は10時間も集中できるように作られていないので。集中できていないから10時間も勉強することになるんです。集中できれば一日4時間で十分だと思いますね。せいぜい5〜6時間が限度で、6時間以上勉強しても無駄でしょう。勉強に限らず、仕事に関しても同じですね。

大学時代の学生生活についてお聞かせください。

メンタリストDaiGoさんインタビュー「成功の秘訣は、自分で考えて、他の人と違うことをすること!」

慶應義塾大学に入ってしまった、ということが常に念頭にありましたね。

これは嫌味とかではなく、自分は東京大学に入ると決めていたのに、慶應義塾大学に入ってしまった。再び浪人をして東京大学を目指すという選択肢もあったのに、自分の心の弱さに負けて、妥協して、慶應義塾大学に入ってしまった。それ故に、何かを成し遂げなければ終わると思っていました。

だから、周りの学生が慶應義塾大学に入れた!と浮かれて、サークル活動をしたり、飲み会に繰り出したりしているのを尻目に、僕は真面目に打ち込めるものを色々と探す方向に進みました。

アルバイトはほとんどやりませんでした。2週間だけ塾講師のアルバイトをしたことはあるのですが、何が哀しくて時給1000円とか2000円とかで中学生が因数分解している姿を見ているのだろうと思ってしまって。まだ若くて、自由で、いろんなことにチャレンジできる時間をアルバイトに費やしてしまって良いのかという疑問を感じた瞬間に辞めてしまいましたね。

それから色々と自分ができることを探していた時、友達の紹介で見せてもらったイギリスのメンタリスト、ダレン・ブラウンのパフォーマンスに衝撃を受けてメンタリズムの勉強を始めました。

基本的に人と違うことをやりたかったんですよね。人と同じことするから不利な立場に立たされるんですよ。

就職活動とかもそうですね。みんなと同じように就職活動をするから不利な立場に立たされるんです。就職活動を始めるタイミングもみんな一斉ですよね。そうではなくフライングをしてみたり、僕みたいに就職しないという選択も悪くないのではないかと思います。

世の中にないものを作りたいのであれば、就職しない方が良いとも思えます。僕がメンタリストになろうと思ったとき、テレビに出るために芸能事務所に所属したりせず、自分で事務所を立ち上げました。それも当然のことで、日本にはメンタリストがいないのだから、メンタリストのマネジメントができる人なんているはずがないということです。自分で考えて物事を進めていくしかないからそうしたという感じです。

だから、もしみなさんが自分でやりたいことが決まっているのでしたら、それを実現するためには企業に入った方が有利なのか、それとも自分で起業した方が有利なのかということはきちんと考えていった方がいいと思います。大企業に入ってレールの上に乗っていけばいいと思っているのは、これはただの思考停止なので、あまり意味がないと思います。

自分で考えない人間はこれからどんどんAI(人工知能)に代替されていくと思いますので、何かしら学生時代に頑張っておいた方がいいと思いますよ。起業とかしてみたら良いのではないでしょうか。今は元手があまりなくても起業できますから。

メンタリストDaiGoさんインタビュー「成功の秘訣は、自分で考えて、他の人と違うことをすること!」
DaiGoさん著書「科学的に正しい英語勉強法」を3名様にプレゼント!皆さん奮ってご応募ください!

DaiGoさん著書「科学的に正しい英語勉強法」を3名様にプレゼント!!

応募締切は2018年7月3日(火)。当選結果は発送をもって代えさせていただきます。
※本企画は進学を検討されている高校生以上の方に限定させていただきます。

プレゼントに応募する