広瀬すずさんインタビュー「それぞれのゴール目指して、まっすぐに頑張ろう!」

広瀬すずさんインタビュー「それぞれのゴール目指して、まっすぐに頑張ろう!」

広瀬すずさんのプロフィール

1998年6月19日生まれ、静岡県出身。2012年「ミスセブンティーン2012」のグランプリに選ばれ、モデルとして芸能界デビュー。13年にTVドラマ「幽かな彼女」で女優デビューを果たした後、映画、ドラマ、CMなど多彩な活躍ぶりを見せる。16年、「第40回日本アカデミー賞」において、映画「ちはやふる -上の句-」で優秀主演女優賞を、映画「怒り」で優秀助演女優賞をダブル受賞。さらに、一年で最も活躍した将来有望な俳優に贈られるエランドール賞新人賞をも受賞するという快挙を成し遂げる。17年8月公開のアニメ映画「打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?」のヒロイン・及川なずな役での声の出演も決定しており、今後の活躍が最も期待される女優の一人。

2012年のデビュー以来、多彩な活躍ぶりから、まさに時代の寵児とも言える存在感を放っているのが女優・広瀬すずさんです。今夏に公開を控えるアニメーション映画のヒロイン役が早くも大きな話題となるなど、ますますの活躍が期待されています。

今年の3月に高校を卒業したばかりの広瀬さんを訪ね、これまでの進路ストーリーと、同年代の高校生のみなさんに応援メッセージをいただきました。

― 女優を目指されたきっかけについて教えてください。

雑誌『Seventeen』の専属モデルオーディション「ミスセブンティーン2012」のオーディションに受かったことがきっかけでした。姉のアリスが同じ雑誌の専属モデルとして先に芸能界デビューしていたこともあり、その影響が少しはあったのかもしれません。

広瀬すずさん

― 実際に女優デビューしての感想はいかがですか?

最近はとても楽しくて、女優になって良かったなと思えるようになりました。

実は、芸能界に入った当初は、このお仕事は合わないかも、と思うこともありましたが、断る勇気もなくて、流れに流される感じでした。

けれども、お芝居を始めて、いろいろな作品に出させていただけるようになると、女優のおもしろさが分かるようになってきました。

― 小学校、中学校時代の思い出を挙げてください。

小学生の頃は男の子っぽいノリでした。中学生になると芸能関連のお仕事が入ってくるようになりましたので、同級生たちとはしゃぎ回るようなことは次第に減ってしまいましたが、活発でした。楽しいことだけを求めて生きている、そんな感じでした。

― バスケットボールに本気で取り組んでいたそうですが、何かエピソードを聞かせていただけますか?

バスケットボールを始めたきっかけは、姉のチームに人数合わせで入れられたこと。断ることもできず、これまた流れに流される感じで(笑)

結局、小学2年生から中学3年生までの8年間続けることになりました。

結構強いチームで、小学校6年生の時には東海地区の大会まで勝ち進んだこともあるんですよ。中学生の時もチームメンバーはほとんど変わらなかったので、強かったほうだと思います。サバサバした女の子たちばかりで、一緒にお祭りとかに出かけて大騒ぎしていました。

広瀬すずさん

その後、中学2年生で芸能界デビューをすると、お仕事との両立が難しくなって、中学3年生の誕生日に辞めることになりました。中学生最後の大会にも出ることができず、それが心残りでした。

― 高校時代の印象を教えてください。

高校時代はほとんど仕事ばかりで、忙しい時にはあまり学校に行けませんでした。それもあって、文化祭などの学校行事にもあまり参加できなかったので、学校に行ける日はすごく楽しかったですし、癒やしの時間になっていました。

― 映画「打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?」の及川なずな役について聞かせてください。

なずなはとても色っぽいキャラクターで、中学生ならではの少女らしいあどけない感じと、大人びた余裕のある感じとが同居していて、その意味では、私とはかなり遠い位置にいるキャラだなと思いました。本当に自分が演じられるのか、不安に感じることもあったくらいです。

原作のドラマには匂いが感じられるような独特な映像表現があるので、アニメーションという、どの世代でも楽しめるジャンルであっても、匂いがするような雰囲気はそのまま残しておきたいと考えて演じていました。この作品はきっとそんな匂いを感じられたので、声の仕事の経験が薄い私でも、とても演じやすくておもしろかったです。